<野坂昭如さん死去>秘めた正義感 縦横無尽に走り回る

黒メガネでダンディー、一見軟派的な言動のうちに秘めた正義感が背骨を貫いていた作家、野坂昭如さんが9日、旅立った。(毎日新聞)

87888

憲法を変えて、時代によりそう流れが主流だといわれるなか。
積極的に平和主義を貫くために戦いにでようとするなか。

先日の水木しげるさんや野坂昭如さんなど【戦争をかたる世代】が次々と息絶えていく。
巡る時代。
ぐるぐるまわる。
学習し、修正していくふりをして
忘れ去るふりをして
葬り去ったと思ったあいつがむっくりと起き上がるとき
語り部は土に帰る。

野坂昭如さんはとてつもなく大人でシャイで、恐い印象。
彼の歌「黒の舟歌」が大好きで、マーヤとセーラーゾンビでもカバーした。
永遠の暗さと輝きを持った名曲。

 

作家としての野坂さんのことはしらない。

シャイで毒舌なコメンテーターとしての野坂さんと

ルーリードのような歌手としての野坂さん。

 

人は死ぬときを間違えないのか?
今の世界をずるりずるりと動かしてるのは
正義と心中するつもりのスマートな大統領でもなく
小さな国の総理などではもちろんなく
世界そのものなのかもしれない。

 

気がついたら、前にはもう、海へ落ちる崖しかない。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら