ジョン・レノン没後35周年イベント@キャバーンビート【War is over?】

普段はオリジナル曲をつくって、きいてもらうことが多いのだけど
だれもそんなもん聞きたくないよなんていう声も。

そんならカバーというものをやってみようじゃないかとはじめた、カバー。

そのなかでも一番敷居が高く、難易度が高いであろう「ビートルズ」。
昔、高校生の頃、倍速スピードでオールマイラビングをやって、しこたま怒られたことがある。
ビートルズなめるな!って。

めんたいロックやパンクバンドが大好きで、オールドファッションドなバンドが嫌いだった。15歳なんてのはそんなもんだろ。温故知新なんてのはもっと分別をもってないとできない。

中学校のときに、ギターのうまい友達を見て、すげえなあとおもった。
そいつが弾いていたのが「ヘイジュード」や「イエスタデイ」だった。そんな風にビートルズは雲の上の存在で、触るべきものじゃないと思ってた。

the-beatles-509069_640

 

ビートルズは避けて通ってきたけど、去年からマーヤとセーラーゾンビやソロでお世話になってるキャバーンビートで、ジョンの命日にイベントをやると聞いて

これはやらねば

と「出演させてください」とお願いした。

 

1980年。ジョンが撃たれた日。
ぼくにとってはおなじ年になくなったマイヒーロー「スティーブ・マックイーン」の印象が強く。
でも同級生(バンドマン)が、すごい落ち込んでいた姿をおもいだす。

 

ジョンに関して言えば、ビートルズ後期からソロのジョンの声はあまり好きじゃなかった。
初期の怒ってるんだか泣いてるんだか馬鹿にしてるんだか正直なのかまったく判別できない歌声が大好き。

オーティスレディングやジョニーロットンのように、声そのものが暴力で、愛情で、冷たくて、やさしい。
声が世界一の楽器のような。感情のかたまりの。

英語で歌われても、意味なんかわからなくても背筋がぞぞぞぞってする、声。

 

ぼくは自分の歌や声に、異様なまでにコンプレックスをもっていて。
初期のジョンはあこがれのまとだ。

 

で、カバーである。

英語のうたはいまひとつ消化できない。
日本語の歌をいつもうたってるから。
なにをやろう。

有名な曲と、本人がそんな好きじゃないって言ってた曲とかやってみよう。
で、選んだのが4曲。
それを全部日本語に意訳する。
ビートルズを日本語でやるなんて!怒られるに決まってる。
でもこれが僕だし。
歌を自分のものにするにはこれしかない。

 

「イエス・イット・イズ」

その服を今日は着ないで欲しいんだ
赤い色が僕の心を惑わせる そうさ
恋は水色 思い出は淡く
だけど赤い色に染まってくいつだって そうさ

幸せは続かないって
僕は信じられずにひとり今日もないてる

薔薇のような赤 さそわれては傷つく
赤い色は悪魔の舌のようさ そうさ

幸せは続かないって
もっと二人でいつでもいつもいつも一緒にいたかった

その服を今日は着ないで欲しいんだ
傷ついた心が泣いてる おお真っ赤な涙 真っ赤な涙

センチメンタルなポップス。A面の「涙の乗車券」よりこっちが好きだった。なんかの本で、好きじゃない曲だといジョンが言ってたってのを見たので歌ってみた。
今回意訳詩としてはうまくいったかなと思ってる。

 

「ヘイ!ブルドッグ」

これはかなり好きな歌。かっこいいギター。ボーカルがわざと抑えられてる感じがムーンライダースみたい。
ギターがんばってみた。黄金のロックンロールリフだね。
間奏にパープルヘイズをいれようと思って練習してたんだけど、本番で気が変わって「ウェルウェルウェル」のギターを入れてみた。
本番でいつもなんか変わってしまうなあ。ま、それがソロのいいところ。

 

「ビューティフルボーイ」

これは妻からのリクエスト。ジョンは愛と平和の人。だけど、それはきっと世界平和ではなくて、我が家平和なんじゃないかなとおもう。見えるもの、手に触れるもの。それが幸せであって欲しい。
子供が生まれた20年前のことを思いながら。

 

「ジェラスガイ」

この曲だけは、昔からカバーしてる。日本語で。ほんとなさけないうた。自分にぴったりの曲。ジョンの歌はなまなましすぎて、ブライアンフェリーの歌のほうをよく聞いてる。

 

イベントではぼくは一番手。

お客さんはまだそこまで集まってない。ちょうどいい感じじゃないか。
さあ、みんな、怒らないで聞いてください。
馬鹿にしてるつもりはないんだ。
ひねくれてはいるけれど、これがぼくの楽曲に対する愛情表現なんです。

 

演奏と歌は、ものすごい緊張感のなか、うまく行った。
ミスもあるけど限りなく自由にできた。

それほど怒られなかった(笑)

 

ギターをほめられたり、作詞をほめられたり。うれしかった。
さあ、あとはビートルズ愛にみちたひとたちの歌をゆっくり聴こうじゃないか。

IMG_6081

 

年をとればとるほど「守り」に入っていくから、いつも無理やり冒険しないとね。
今年からずっとそう思ってる。

またなにか機会があれば、カバーやってみたい。
日本語で。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

iphone6s 最悪とまではいかないかもだけど泣きそうだ。... 金曜日の夜。 妻にビールでも買って帰ってやろうかと思い サニーで(!)二本。購入。 レジ後にカゴから取り出そうとしたら。 コツン と台に当たった。   ...
あたらしい仕事をはじめるとき、あたらしい事をはじめるとき、馬鹿なら馬鹿のままが、... なんてことを最近おもう。     去年の6月ごろから徐々にあたらしい仕事をはじめた。 いままで20年以上やってきた「商業デザイン」とはまったく違う世界。 ...
浅草演芸ホールで本物の美しさを知る【東京おのぼりツアー記:その3】... 東京おのぼりツアーシリーズ >>27年ぶりのブルートニックLIVE。【東京おのぼりツアー記:その1】 >>グザヴィエ・ドランのエレファントソング@渋谷UPLINK【東京おのぼりツアー記:そ...
ゴールデンウィークはいつも実家【親のはなし】... 世の中が景気のいいときも、悪いときも、お正月、お盆、GWは実家ツアー。 おやすみにどこか行きたいけどね。 ま、無理かな。   ぼくの母親は、実は画家で。 北九州水彩だったか...
オンナゴコロをマーケティングする【予測変換ではつかめない彼女たちのこころ】... 女性顧客が90%くらいの「美容健康食品」にかかわる仕事をしていると 「オンナごころをつかむマーケティングセミナー」とか 「知らなきゃ売れない!オンナに財布を開かせるには」とかのセミナーのお誘いがあ...
キャバーンビートに女の子たちが大集合(おじちゃんもいたけどね)【一生懸命から楽し... 毎月【サニーデイ】というイベントをライブハウスキャバーンビートで開催してる。 キャバーンビートはその名のとおり「ビートルズ」が好きな人たちがライブをやる場所で、オーナーの町田さんがほんとによくし...
アトランティス あたらしい音源を作っています。 去年ようやく「96エーカーの森から」をリリースできてほっとしたのもつかのま。 今回のアルバムは(どういう形態でリリースするかはまだ未定) 「FIN-LAND」...
楽市楽座《家族で旅する劇団》年に一度の公演をみた。公園で。... 楽市楽座みたよーって人に言うと、なんそれ、カラオケ?なんていわれる。 こんなおもしろいもの、見れないなんて悲しすぎる。 最初に見たのは放生会。 くるくるまわる水の上の舞台で、ちいさな...
【若者への迷惑な助言】相手が困ったときにだけ、手を差し伸べれるオトナになりたいな... おなじ会社ではないのだけれど(そりゃそうだ。ぼくはひとり会社だから) おなじフロアに、息子と同い年の若者が入ってきた。 研修期間というやつで。   しゅっとして、すらっとして...
偉大な作家にはなれなかったけど。連休の夜にふと思ったこと。... アマチュア音楽家を13年やってきて、いろんなバンドに加入し、作り、脱退し、脱退され、解散し、一人になってもやめられない。また、作っちゃう。 周りを見回せば「超個性派」のミュージシャンばかり(に見...