追悼、野坂昭如~もうひとつのトラウマ作品

野坂昭如、逝去。

 

私(昭和53年生まれです)以下の世代では、圧倒的に『火垂るの墓』の印象が強いと思うんですが、私にはもうひとつ、彼の小説で、トラウマ級に衝撃を受けたものがありましてね。

「火垂るの墓」の清太と節子とが戦後まで生き残ったとしても、こういう地獄を味わったかもしれない・・・と思ってしまう凄まじさなのですよ。

『花のお遍路』という短編小説です。野坂さんへの追悼の意を込めて、ここでご紹介しますね。

成績優秀な兄。気立てのよい妹。
眉目秀麗な2人はとても仲の良い兄妹。

父は早くに亡くなっている(だったかな? とにかくいない)。
兄は在学中に学徒動員へ。
戦争が終わっても、行方は杳として知れない。
母は生活苦もあり、再婚する。

妹は新しい父が好きではなかった。
ある日、母の不在時に、妹は父に強姦される。
関係を強いられ続ける妹。
やがて母は気づき、娘を責める。「いやらしい子だよ」
けれど、夫の前では気づいていないふりをする。
母と娘、2人で男に尽くし続けることが、男を喜ばせ、つなぎとめると知っていたから。

やがて妹は異常な家を出る。

兄が復員してくる。
が、心身は虚弱し、廃人同然の状態。
妹は垢の凝り固まった兄の体を丁寧に洗う。
股間に触れると、それが反応する。「あら。」喜ぶ妹。

妹は兄と暮らしはじめ、献身的に尽くす。
やがて兄は復調。
妹がどうやって自分を養っているのか、疑問を抱く。
妹ははぐらかして答えない。

ある日、妹がパンパンをしていることを知る兄。
パンパンって、今は知らない人も多いかな?
売春婦のことですね。
中でも、妹は、町に立って客を引く「立ちんぼ」、下層の売春婦だった。
兄は衝撃を受け、激怒する。
私にできる仕事なんてこれしかないじゃない! と言う妹。
客を引く、あけすけで淫らな誘い文句を諳んじてみせる。

兄は妹を家に閉じ込め、売春できないようにして、自分が働き出す。
しかし、妹は兄の不在時に家に客を連れ込んでいた。
お金が目的ではない。
売春生活をしているうちに、セックス中毒になってしまったのだ。

かわいらしい容姿の娘がさせてくれる、と噂になって、相手は引きも切らない。
そのうち、妹は性感染症をうつされてしまう。
それでも、セックスがやめられない妹。
セックスのできない日が3日も続くと、禁断症状で半狂乱になる。

月日が経ち、妹も若くはなくなり、またセックス中毒と性感染からの病気(梅毒?)で、頭は朦朧とし、容貌も体も醜くなっていく。
「頭がおかしいおばさんだけどやらせてくれる」
自然、妹を弄ぶ男たちも下種になっていく。

兄は決心し、妹のセックス依存を自分が引き受けることにする。
粗末な家、社会との関わりもほとんどなく、体を重ねる2人。
兄と交わることに歓喜する妹。

 

やがて年月が経ち、おそらく昭和40年前後。
四国のお遍路を回るツアー。
ガイドが、ツアーメンバーの紹介がてら、一人ずつ名前を呼ぶ。
名を呼ばれた妹は、かわいらしく返事をする。
けれど顔かたちは病気によって崩れ、また正気かどうかも定かではない表情。
ツアー客たちは正視できず、眼を背ける。

ツアーの休憩時間に、兄と妹は人目を忍んで慌ただしく野合する。
妹は我慢できなくなるのだ。
暗くみすぼらしい中年の兄妹が交わる姿を野坂は描写する。
激しく兄を求め、よがる妹。
兄は目をつぶり、少女の日のかわいらしい妹を思い描きながら射精する。

病気の進行具合から言って、妹の寿命はもう長くない。
2人にはお金もない。
路銀が尽きたところで、自分たちは野垂れ死ぬだろう、と兄は思っている。
半ば心中を思い描いて、申し込んだお遍路ツアーである。
お遍路道は、美しい花盛りである・・・。

・・・・という、お話です。
鬱すぎるぅぅぅ!

今はもう手元にないので、記憶をもとにあらすじを書いたので、ところどころ記憶違いがあるかもですが、大筋は間違ってないはずです。

戦争によって破壊される生活。人生。
強烈な反戦文学であり、あまりにも哀切な恋愛文学であり、むせ返るほど濃厚な官能文学でもあります。

これ、私、確か20才そこそこで読んだのでね・・・ほんと衝撃で、読後は憂鬱で・・・。
ちょっとしばらく、この本を触ることすら、ためらわれたもんね。
でも、これほどの読書体験は、なかなかありません。
若いときに触れていてよかったと今は思います。
E9BB92E381AEE8889FE59484
シンガーでもあったのですね。全然知らなかった―。

野坂さんのご冥福をお祈りします。
そしてこれからは私たちが戦争について考え、語り、伝えてゆく世代なんだよね。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

今さらですが、『ゆとりですがなにか』全部見ました。... 最終回のラスト近くで、山路が子どもたちに向かって 「人の失敗を許せる大人になってください」 と言ったとき、ああ!と思った。 そうか。そういうことだったのか。 思えば数々の失...
垣内美希さんの歌を聞きに、小倉「ぶらん亭」へ ~ その1... 去年2016年の6月、 「斜め45度企画」 というイベントで偶然見たアーティスト、 垣内美希さん。 子持ちになり夜のお出かけから遠ざかってるとはいえ、 こう見えて私はライブ慣れしてて、そ...
FBS「めんたいワイド」の収録に居合わせちゃったーぃ!... 新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。   さて。 ウッキウキーな2016年、いきなり面白いことに出くわしたので報告いたします。 さる1月某日、冬休み...
1945年(昭和20年)6月19日、福岡大空襲... こんにちは、 投稿するのが少し遅くなってしまったんですが、 ここ「Life is mine」にお住まいの方、遊びに来る方は 福岡の方が多いかなーと思い、書いてみます。 福岡で育った皆さ...
綾瀬はるかと私のおっぱい 綾瀬はるかって、お胸が豊かですよね。 2013年の大河ドラマ『八重の桜』を1回も逃さず完走した私ですので、彼女のこと、大好きなんですけど。 綾瀬はるかって、お胸が豊かで(大事なことなので2...
こさいみなみのグルーヴに酔えば... サニーさんが“こさいみなみ”推しなのは、SNSやブログでだいぶ前から知っていた。 色白の華奢な体にワンピースを着て ギターを弾いてる写真もちょいちょい目にしてて、 雰囲気あるなーと思ってた。 ...
福岡乙女カメラ部 『Bless -10th Anniversary-』... 福岡乙女カメラ部 が年に一度やっている写真展を見に行ってきました。 今年のタイトルは『Bless -10th Anniversary-』 そう、10周年なんです。すごい! 企画展示...
戦後70年の夏に生きてる私たちは... 夏ですね。盛夏ですね。 子どもと一緒の夏休み、毎日汗かいて過ごしています。     戦後70年の夏。     ...
菊池桃子がめざす 「排除のない社会」... 菊池桃子って個人的には特に接点のない芸能人だった。 (や、完ぺきなる一般人の私に、接点のある芸能人なんていないんですが笑 テレビでも意識して見たことがないって意味ね) ・ささやくような声...
博多座でスーパー歌舞伎「ワンピース」を見て猿之助さんと握手したよ!!... 2016年4月某日、博多座に、スーパー歌舞伎『ワンピース』を見に行きました。 ワンピースって、そう、あのワンピースです。 主人公のルフィーを演じ、舞台の演出も手がけたのは、 大好きな亀ちゃん...