007スペクター:感想【素晴らしくゴージャスなアクション映画】ダニエル・クレイグ&レア・セドゥ

メキシコシティで催されている「死者の日」において、ジェームズ・ボンドは建物の屋上から窓越しにスキアラという男に銃口を向け発砲、スキアラがスタジアム爆破テロのため用意していた爆薬入りのスーツケースに当たり爆発し、スキアラの居た建物は倒壊。逃げおおせたスキアラを追うボンドは、爆発による混乱の中でMBB Bo 105に搭乗したスキアラを追い詰め彼の手からある紋章の刻まれた指輪を盗み出し最終的に突き落とす。

MI6本部に戻ったボンドは、Mにメキシコシティでの一件を叱責され、しばらくの間謹慎命令を下される。その後、前作での”スカイフォール”での出来事で燃え残った残骸を持ってきたマネーペニーに、メキシコシティでの出来事が前作で落命したMからの遺言であることを明かす。それからしばらくして、彼は自室で残骸の中から見つけ出された一部の燃えた写真を意味ありげに見ていた。

 

ダニエル・クレイグの007も定着してきた4作目。

今までのスパイ映画のウイットやユーモアを封印して、ド派手にやりまくるのが前作の「スカイフォール」と、今度の「スペクター」

世界各国でロケをやって、どんどんぶっ壊していく。
まるで古い世界にお別れを言うように。
前作で亡くなったMこそが、時代の象徴だったのか?
本部のあった歴史的建造物も木っ端微塵だ。

 

予告編ではほとんど姿を見せなかったレア・セドゥ。
うーん、お飾り的な扱いなのかな?と心配したけど。

常に、上から目線。
常に、ワイルドな腰つき。
大満足でした。

レア

レア

 

モロッコ、オーストリア、メキシコ、ロンドン、砂漠。
そのロケ必要?っていうくらいに派手で、豪華。

ダニエル・クレイグ以前の007はもっとこじんまりした戦いとか、男子のための車、時計、秘密メカが魅力だったけど、世界はもうそんな余裕がなくなってるのかもしれない。

テロを起こして、警備を強くさせることが、世界を牛耳るには一番簡単で効果的。
今まさに、僕らはその術中にハマろうとしてる。

フランステロの影響で、日本国内にも憲法改正・テロとの戦い推進の流れが勢いを増してるけど。
ぜひ、007を見て欲しい。

本当の目的はどこに?
その安全は誰が?

 

007

レア・セドゥの肉体がとにかく素晴らしい。
どっしりとした腰と、胸。
いついかなる時も上から目線で、ゾクゾクする。

ボンドガール・イズ・バック!って感じ。

過去の3作品との絡みが多く、ファン感謝祭的な扱いで、
英国スパイ映画の情緒は少なめ。

オープニングにも過去の敵役やMが登場する。

ジェームス・ボンドは今回も容赦なく殴り、殴られる。
特に今回は「痛い!」って感じるシーンが多かった。

 

悪役はいつも、自らの手でヒーローを殺そうとしすぎて、苦しむところを見たいと思いすぎて本来の目的を忘れてしまう。

ジェームズ・ボンドが憎いなら、後ろからでも、バン!っと撃ってしまえばそれでオーケーだし
勿体振るから逃げられて、やられちゃう。
欲が、悪役を滅ぼしてしまう。

レイフ・ファインズは今回も素敵。

モニカ・ベルッチがさすがのオーラで、うっとりさせられた。

007

 

ぜひみなさん劇場で。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

【パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト:感想】美しい音楽には美しいミュージシャ... https://youtu.be/wp0vuaMkEqU   バイオリニスト、作曲家のパガニーニ。ブルースでいえばロバートジョンソン。悪魔に魂を売って、演奏技術を手にしたっていう噂?...
KOTOKO:感想【塚本晋也の優しさとCoocoのボーダーライン】... https://youtu.be/G3LzXGQ54_8   KOTOKO:巻き込まれるものの優しさ 塚本晋也監督はいつも、巻き込まれるものが真ん中にいる。 急に鉄になったり、S...
《記憶探偵と鍵のかかった少女:感想》寄り目系美少女主演ガーリーサスペンス... https://youtu.be/s9qFL8jasZ8 邦題がいいね。ガーリーで。Mindscapeではお客さん呼べない。 人の記憶の中に入って事件を解決するって「悪夢探偵」だなあと思っ...
駆込み女と駆出し男:感想【詳細もセリフもちんぷんかんぷんでも】時代劇は古い言葉で... 軽薄を絵に描いたようなからっぽの大泉洋。主演的なあつかいだけど物語を転がすくらいで、ちょうどいい塩梅。 江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆...
《マレフィセント:感想》アンジェリーナ・ジョリーの「養子でなぜ悪い?」... アンジェリーナジョリーのマレフィセントを見た。 おくればせながら。 https://youtu.be/GTu5piG9Leg     背中に羽のはえた妖精...
リトル・フォレスト《夏・秋》《冬・春》【4時間で味わいつくす食物の色とかたち】... https://youtu.be/y1HGFawBgwY 自給自足の農村生活。小さな村リトルフォレスト=小森での地域交流。ああ、苦手なタイプの映画だ。 農村暮らしなんていいことひとつもないよ。 ...