007スペクター:感想【素晴らしくゴージャスなアクション映画】ダニエル・クレイグ&レア・セドゥ

メキシコシティで催されている「死者の日」において、ジェームズ・ボンドは建物の屋上から窓越しにスキアラという男に銃口を向け発砲、スキアラがスタジアム爆破テロのため用意していた爆薬入りのスーツケースに当たり爆発し、スキアラの居た建物は倒壊。逃げおおせたスキアラを追うボンドは、爆発による混乱の中でMBB Bo 105に搭乗したスキアラを追い詰め彼の手からある紋章の刻まれた指輪を盗み出し最終的に突き落とす。

MI6本部に戻ったボンドは、Mにメキシコシティでの一件を叱責され、しばらくの間謹慎命令を下される。その後、前作での”スカイフォール”での出来事で燃え残った残骸を持ってきたマネーペニーに、メキシコシティでの出来事が前作で落命したMからの遺言であることを明かす。それからしばらくして、彼は自室で残骸の中から見つけ出された一部の燃えた写真を意味ありげに見ていた。

 

ダニエル・クレイグの007も定着してきた4作目。

今までのスパイ映画のウイットやユーモアを封印して、ド派手にやりまくるのが前作の「スカイフォール」と、今度の「スペクター」

世界各国でロケをやって、どんどんぶっ壊していく。
まるで古い世界にお別れを言うように。
前作で亡くなったMこそが、時代の象徴だったのか?
本部のあった歴史的建造物も木っ端微塵だ。

 

予告編ではほとんど姿を見せなかったレア・セドゥ。
うーん、お飾り的な扱いなのかな?と心配したけど。

常に、上から目線。
常に、ワイルドな腰つき。
大満足でした。

レア

レア

 

モロッコ、オーストリア、メキシコ、ロンドン、砂漠。
そのロケ必要?っていうくらいに派手で、豪華。

ダニエル・クレイグ以前の007はもっとこじんまりした戦いとか、男子のための車、時計、秘密メカが魅力だったけど、世界はもうそんな余裕がなくなってるのかもしれない。

テロを起こして、警備を強くさせることが、世界を牛耳るには一番簡単で効果的。
今まさに、僕らはその術中にハマろうとしてる。

フランステロの影響で、日本国内にも憲法改正・テロとの戦い推進の流れが勢いを増してるけど。
ぜひ、007を見て欲しい。

本当の目的はどこに?
その安全は誰が?

 

007

レア・セドゥの肉体がとにかく素晴らしい。
どっしりとした腰と、胸。
いついかなる時も上から目線で、ゾクゾクする。

ボンドガール・イズ・バック!って感じ。

過去の3作品との絡みが多く、ファン感謝祭的な扱いで、
英国スパイ映画の情緒は少なめ。

オープニングにも過去の敵役やMが登場する。

ジェームス・ボンドは今回も容赦なく殴り、殴られる。
特に今回は「痛い!」って感じるシーンが多かった。

 

悪役はいつも、自らの手でヒーローを殺そうとしすぎて、苦しむところを見たいと思いすぎて本来の目的を忘れてしまう。

ジェームズ・ボンドが憎いなら、後ろからでも、バン!っと撃ってしまえばそれでオーケーだし
勿体振るから逃げられて、やられちゃう。
欲が、悪役を滅ぼしてしまう。

レイフ・ファインズは今回も素敵。

モニカ・ベルッチがさすがのオーラで、うっとりさせられた。

007

 

ぜひみなさん劇場で。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

雲のむこう、約束の場所【新海監督がなんとなく気になったから見てみた】... https://youtu.be/gNx8WfItFnA 劇場で見る予告編で「君の名は」というのがあって。 アニメなんだけど。 絵が今ひとつ好きじゃない。 でも、面白そうなんだ。 で...
キングスマン:感想《世代交代の波をどうやって乗りこなすか》... 映画キングスマンの感想についてはこちらにも息子の記事があります。 妻子からの強烈なプッシュと、コリン・ファースの映画ははずさない!というところから映画館へ。 50歳特権の割引を使って。 ...
鉄人28号:感想【夏休み映画としては十分面白い】池松壮亮&蒼井優。若き日の望洋。... https://youtu.be/FZEmE7boosY ずーっと避けてた「実写版:鉄人28号」 ネットでの評判は「デビルマンに匹敵!」「むごすぎる!」なんてのがザラで。 つまんないと評判の...
シング・ストリート:感想【青春はいつもハッピーサッド】... https://youtu.be/BswbA7zW1qc シング・ストリート:MTVにぶん殴られたあの日々を 見た人が口々に(ツイッターやFBで)熱く語ってるのを見て、見に行こう!と思った。 お...
真夜中の五分前:感想【三浦春馬が美しすぎで話がぼんやりするけど】行定監督らしい映... https://youtu.be/liKwrI1DNMk 真夜中の五分前:行定フェチ復活 「ひまわり」「閉じる日」「贅沢な骨」の三本が、ほんとにすばらしいスタートだった行定監督。 個人的な冷めた...
きみに読む物語:感想【目の覚めるような美しいシーンで綴られる一生の恋物語】... https://youtu.be/TNOAYjwwUI0   きみに読む物語:珍しく核心をついた邦題 あのグロリアのジーナローランスが真っ赤なスーツで美しい。冒頭のシーン。 読み...
ドローン・オブ・ウォー:感想【モニターの中の戦争が生活を侵食する】イーサン・ホー... https://youtu.be/4fGputLUYc4 ドローン。 なんとピッタリとした言葉。 音も立てず飛んでいく。感情の起伏もなく。   戦争は世界一の産業で...
バタフライ・エフェクト【史上最強の見逃し作品!これぞタイムリープエンターテイメン... https://youtu.be/1EYiDHZNSbE   バタフライ・エフェクト:詰め込んで、まとめ上げる気迫 最近知り合った友人に 「たった一本だけ、僕にオススメすると...
あの日のように抱きしめて:感想【スピーク・ロウがすべてをひっくり返す】... https://youtu.be/lyEZuG2QJ84 ナチと強制収容所ものの映画はあまり見ない。 第二次世界大戦で迫害を受けたユダヤ人のお話は沢山あるけど 生き延びたユダヤ人が今現在...
リップヴァンウインクルの花嫁:感想【黒木華と綾野剛がイライラさせる】岩井俊二のロ... https://youtu.be/vqy4J9gfBcY リップヴァンウインクルの花嫁:岩井俊二の作家性は閉じた世界の中での夢想。ゆっくりと落下する恍惚感。 岩井俊二は日本でもかなり珍しい「やりた...