掟上今日子の備忘録を見終わって【ガッキーって、案外魅力的じゃないか。ふくらはぎとか】

https://youtu.be/oGQ8M2BgJEg

TVドラマを見ることがないんだけど。
掟上今日子の備忘録は、ところどころ、見た。
以下は、熱心にみたわけじゃない通りすがりの視聴者の、みおわったあとのもろもろです。

寝たら記憶がリセットされて目が覚めると私は誰?ってなることについて。

こわいよね。
しかも、天井に「お前は探偵掟上今日子だ!」みたいなことが書いていて。
ぼくならとりあえず大慌てするだろう。
ただそこは推理小説好きだったりすることで、なんとなく探偵向いてるかも?なんておもっちゃうのか。
部屋を出て、階下にきても知らない人ばかり。
にこにこした人たち。
こわい。

だって、例えば10年後。目が覚めたら鏡の中の自分は10年年をとってるし
身体がガタが来てるし。
もしかしたら重大な病気になってたり。
ま、小説だからいいんだけど。

 

掟上今日子さん役の新垣結衣さん。
昔はヤンキー臭くて苦手だった。
でもいい映画にでてることがよくある。
グラビア系?というようなおからだでもなさそうだし。
こういう若い女優さんってどんなふうにデビューするんだろか?
日本のスター発掘システムを知らないからわからない。

妻がリーガルハイを見てたから、少しは見慣れてる女優さん。
堺雅人がちょっと苦手だった。
でも苦手な人の出てるドラマは面白いんだよなあ。

で、新垣結衣
彼女の役は軽さが勝負だったように感じた。
そのへんすごくふわふわと演じてて、イヤミな外見設定もひゅんとこなしてた。
そしてふくはらぎがすばらしい。
フトモモ女優かと思ったけど(最初のサービスカットとかでね)ふくらはぎ女優だわ。

きょうこさん

厄介さん役の岡田君。
こんなチャーミングな青年だったら、運が悪いくらいないと、世の中がゆるさんよね。
僕の見るTVや映画ではあまり見かけないけど、まあきれいな顔をしていらしゃる。
なのでこんな抜けさくみたいな薬はぴったりだね。

ドラマは毎回読みきり(?)&大きな流れも少しっていう、ほんと良くあるシリーズ。
僕はこの最終回近辺になって連続性が強くなったり、テーマが大きくなったりするドラマが嫌い。
スペックとかトリックとかケイゾクとか。

あ、あいつの作品ばっかりだ。
ま、見るんだけどね。
スケールはひろがらなくて、すーっとシーズンが終わるわけにはいかんのかな?
堤の作品も、前半はすごく楽しい。
くだらないやりすぎギャグもドリフターズへの愛情を感じるし。
でも後半がダメだ。薄い。つまらない。えらそうにならないでほしい。
映画化とか、もうアウト。

 

掟上今日子の備忘録は
一話一話は起承転結のリズムがよくって、ご飯食べながらみたり、お茶の間にぴったりだった。
暴力もエロもないし。
話の展開についていけないほどのスピードもなく、安全運転のドラマ。
こんなこというと皮肉っぽくきこえるかもだけど
安全運転のドラマはいい。エバーグリーンだ。いつまでも飽きない。
(僕は暴力やエロ支持者だけど、お茶の間にそれがあったり、コンビニで見れたりすることに大反対)
思い出してDVDみたり(することはほとんどないけど)しても楽しめる。

 

掟上今日子の備忘録はそのへん、ギリギ良かった。
とても普遍的でチャーミングで終わった。

解決だったり新しい謎賭けとか、次のシーズンへの複線とかいらない。
必殺仕事人のように、淡々とエピソードが重なっていくのが好き。

 

寝たら記憶がなくなる。
深い夢を見たときに、目が覚めて「ここがどこだかわからなくなる」ときってない?
僕はある。
一瞬自分が、わからなくなる。
若年性アルツハイマーなんじゃないかと恐くなることも。
考え事をしていて、知らない場所ではっと気づくことが何度かあった。

 

ひとは記憶によって守られていて、記憶によって縛られてるんだな。
子供の頃のトラウマなんて、記憶をなんども上書きされてるんだろうな。

 

最近のドラマってこうなのかもしれないけど、オープニングに曲ってほとんどかからないのね。ショートバージョンていうか。
昔からそうだったっけ?

このドラマ。エンディングテーマがすっごいかわいい曲だった。
歌詞はなんていってるかわからんが、サウンドと歌声が王道ポップスですごく好きだった。
西野カナはあなどれんな。
ツボがわかってる。

 

長々と書いたけど、おもしろかったってことです。
ミッチーや他の役者さんもよかった。
ドラマは怪奇恋愛作戦以来だけど。

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

無印良品の本屋コーナーがすごいんだけれども。... 無印良品っていうシルシ。 なんかすごい威圧感を感じる。エコロジカルなコムデギャルソン?ジャパニーズリベラシオン? すごーく薄味の料理をだされて、それも品のいい形のうつわで。 見て見ぬ...
24回目の結婚記念日に【何も変わってないような気もするけど】... 結婚したとき26歳。 うわー!子供だわ。顔から火が出るわ。一人前な顔して「夫婦」とか。 きっとおままごとのように見えただろうなあ。 12月1日は結婚記念日。 結婚式は良く晴れた暖かい日だっ...
掟上今日子の備忘録というドラマを偶然見た。... いやほんとTVドラマを見る習慣がまったくなくて。 妻が見てるのをうしろから見てて、「あれ?これは誰なん?え?この人とこの人は別なん?」とかいうもんだから 「あ”~~」なんて事になるし。 そういう...
ハンニバル/ドラマ【Drレクターは永遠のあこがれ】海外ドラマの質の高さとR-15... 海外のドラマがレンタルショップにいくとずらり(まあ韓国ドラマも多いけどね) 僕ら昭和の人間には最初は「ツインピークス」 https://youtu.be/bFd4BTDVqz0 そし...
池松壮亮がエレガンスをまとう時「海を感じる時」「愛の渦」「大人ドロップ」「紙の月...   「海を感じる時」 「愛の渦」 「大人ドロップ」 「紙の月」 僕が見た、彼の映画はこれだけ。 あとTVドラマ「MOZU」   若い...
偉大な作家にはなれなかったけど。連休の夜にふと思ったこと。... アマチュア音楽家を13年やってきて、いろんなバンドに加入し、作り、脱退し、脱退され、解散し、一人になってもやめられない。また、作っちゃう。 周りを見回せば「超個性派」のミュージシャンばかり(に見...