ああ懐かしき少年時代【デジモンアドベンチャー Tri 映画感想】序章

他人にとっては特別な出来事であっても本人にとっては覚えておく価値もないと切り捨ててしまうことはよくあることだし
今まで当たり前に思っていたことが実は全特別な事だったと気づくことも僕らが生きる現在ではよくある話だろう。

 

 

「価値観の違いから勝手に相手のものを捨て大騒動になった」なんて話はツイッターなんか見ていれば自然と目に入ってしまうく らい当たり前の出来事だ。

 

非日常な生活を送り続けた人にとってそれは「 いつもと変わらない平凡な日常」なのだ。

 

非常事態も3日過ぎれば日常になる、 とどこかの何かに書かれていた、全くもってその通りだ。
人は慣れてしまう。自分を取り巻く環境に、 どんどん変化してしまう世界に。そうして気づかないうちにあの頃の僕らは永久に失われ、 その時描いた夢さえ忘れてしまうのだ。

そして、それに気づいた時にはすでに後戻りする道はなく、ただ懐かしむことしかできない。
僕ら20代周辺の子供時代はあらゆる意味で激動の時代であった。
それは一般社会政治においてもそうだが、 そんなことは子供には関係ない。

 

激動の時代だと僕が表現したのにはもちろんわけがある。
なぜなら、20代の子供時代はあらゆる遊びのまさしく黎明期とで も呼ぶべき時代だったのだ。

 

例えば、今や不動の人気を誇るカードゲーム「遊戯王」これは19 96年に始まったし
また年同じくしてポケットモンスターも発売された。
ここから携帯ゲーム機の技術、否、 ゲーム機すべての技術は一気に進歩し、今や3D対応の3DS、現実よりも綺麗なグラフィックを描き出すPS4などが生まれた時代でもある。
そのほかにも

  • 2000年から復活した平成仮面ライダーシリーズ
  • 16年の時を経て地球に帰ってきたウルトラマンシリーズ
  • 女の子達であれば2004年から始まったプリキュアシリーズ
  • もちろんベイブレードデジモンなどもこの時代の代表的な産物だろう。

 

でじもん

今思いついただけでもこれだけの新たなるアニメ、 遊び業界の歴史が爆発的に生まれた時代であった。
そんな時代に生まれた僕らは沢山の戦いを見、正義を彼らから学んだ。

つづく。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

仮面ライダークウガは人生の物語。... 最近の、といっても平成ライダーのほとんどがそうなのだが、仮面ライダーが二人以上であったり主人公と同等の力をもつ理解者がいるパターンの物語が近年多く見られる。   だが、ク...
これは僕が新しい自転車を買ったばかりの時の話である。... 新しい自転車はクロスバイクほどではないが普通の自転車よりは速いタイプのシティクロスという自転車で、これに乗れば結構な遠出もできるという風に店員さんからも言われた。 いろいろなブログにも小旅行に行...
なんちゃってオタクの2016年このアニメが来る(かも?)2015年を振り返ってみ... そろそろ来週辺りから新クール(通称2016年冬アニメ)が来る。 さて、2015年はどういうアニメが人気だったか、朧気な記憶を辿りながら思い出して見ようと思う。 2015年1月 【アイドル...
東京巡礼《夏コミC88》第4幕:浅草演芸ホールで寄席を見る... さて、だいぶん時間がたってしまったが、そろそろ筆を進めていこうと思う。 今回の落語、正確には寄席というらしいが、流れを簡単に説明すると若手の前座から始まり漫才、手品などをはさみながら最後にトリが...
劇団晴好・稲光弥平物語をみて:演劇とは、一冊の本である。... 先日の日曜日僕はとある劇団の旗揚げ公演、つまるところ第一回目の演目の公演を見に来ていた。 とは言ったものの僕が自発的に見に行こうとしたわけではなく両親に誘われてついて行ったというのが正しい。 ...
東京巡礼《夏コミC88》第2幕《脳が西鉄バスに犯されている》... >>第一幕はこちら 朝6;30。 日もまだ完全に登り切っていない時刻にアラームをセットしていた 僕はスマホのアラームと共に飛び起きそそくさと着替えを開始する 。 こういう時は朝が早い職につ...