FELT【Crumbling the Antiseptic Beauty】美しい顔の男

felt

憂鬱な午後に
高校の音楽準備室。

馬鹿みたいに晴れあがった梅雨の合間の土曜日に、不良どもに見つからないよう小さな音でギターを弾く。
何かのコピーモデルだろう、安っぽいエレキギター。
人差し指で全部の弦を押さえるのはまだできないから、開放弦を鳴らす。
ジャラジャラと

何してる?

小さな声で背後からつぶやく声に慌てる。

 

なにもかも面倒くさそうな澄んだ瞳と長い睫毛のあいつが、窓をくぐって入ってきた。

 

弾いててよ

僕はジャラジャラと弦を鳴らす。

彼は英語で何かを歌う。
きっとデタラメな歌だろう。

足で静かにダンボール箱を蹴りながらリズムをとる。

ポケットに手を突っ込んだまま。
猫背をさらに折り曲げたような姿で彼はつぶやくような歌を歌う。

 

僕は彼に気付かれないように、カセットデッキの録音ボタンを押した。
テープが回り始めて、
1981年の空気を磁気に記録し始めた。

 

—————————————–

簡素なギターと歌とリズム。
バンドサウンドにはまだ遠いこのレコード。
そう、ジャケ買いです。

青くてわがままな男の子たちの夢。ガラスの十代(笑)ではないかもしれないけど、なんとなくイラつく日常と遠い国の言葉で歌われる光景に、胸を高鳴らせたものでした。

 

wikiより

フェルト(Felt)は、’80年代ネオ・アコースティックブームを牽引したイギリスのオルタナティヴ・ロックバンド。イングランド中部、バーミンガム近郊出身のローレンス(本名Lawrence Hayward は、正式に公表されていない)とニック・ギルバート(後に脱退)が結成した。通算10枚のアルバムをリリースしたが、その間固定されたメンバーは、ローレンスとゲイリー・エンジの2名だけだった。 ヴォーカルのローレンスの書く絶望的な歌詞と音階をまるで無視した歌唱、しかしそれでいてきらびやかなメロディー(モーリス・ディーバンクの貢献によるものが大きい)は、バンドの結成から解散まで一貫しており、その音楽性を特徴づけている。 マニック・ストリート・プリーチャーズやベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードック(ヴォーカル、ギター、キーボード)らを始め、多様なミュージシャンから崇拝される。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

早瀬優香子【amino co de ji】リアルってつまんないよね... 昨日借りた、ちょっとエロい映画に出てた女の子の名前が思い出せない。 風を孕む髪の毛と舌足らずの喋り方。典型的って言えば、まさにそうだな。 わかりやすいパブリックイメージ。 で...
Maria McKee【Maria McKee】ノスタルジックなお姫様・どことな... ほら、どこが似てるっていうんじゃなくて なんとなく似てるってことない? B組の委員長に。 彼女は日本人じゃないし 黒髪でもないし 瞳の色だって違う。 でもさ、ほらどことなく...
dip in the pool【dip in the pool】永遠のためいき... ガラスの偏光で世界がゆがむ。 ぼくは途切れ途切れの立体映像をながめながら、手で触れることができない前時代的なフォノグラムを見る。 音の図形が重なって、はなれて、にじんでいく様は まる...
THE ROOSTERS【A Go Go】セックスの話ばかりしてる高校生... おちょぼ口のあいつは操り人形のような動きで踊り つじつまの合わない身内ウケのギャグを早口でまくしたてる。 話すのはセックスとオナニーと女、女。 他に考えることがあるかい? 田舎もん...