FELT【Crumbling the Antiseptic Beauty】美しい顔の男

felt

憂鬱な午後に
高校の音楽準備室。

馬鹿みたいに晴れあがった梅雨の合間の土曜日に、不良どもに見つからないよう小さな音でギターを弾く。
何かのコピーモデルだろう、安っぽいエレキギター。
人差し指で全部の弦を押さえるのはまだできないから、開放弦を鳴らす。
ジャラジャラと

何してる?

小さな声で背後からつぶやく声に慌てる。

 

なにもかも面倒くさそうな澄んだ瞳と長い睫毛のあいつが、窓をくぐって入ってきた。

 

弾いててよ

僕はジャラジャラと弦を鳴らす。

彼は英語で何かを歌う。
きっとデタラメな歌だろう。

足で静かにダンボール箱を蹴りながらリズムをとる。

ポケットに手を突っ込んだまま。
猫背をさらに折り曲げたような姿で彼はつぶやくような歌を歌う。

 

僕は彼に気付かれないように、カセットデッキの録音ボタンを押した。
テープが回り始めて、
1981年の空気を磁気に記録し始めた。

 

—————————————–

簡素なギターと歌とリズム。
バンドサウンドにはまだ遠いこのレコード。
そう、ジャケ買いです。

青くてわがままな男の子たちの夢。ガラスの十代(笑)ではないかもしれないけど、なんとなくイラつく日常と遠い国の言葉で歌われる光景に、胸を高鳴らせたものでした。

 

wikiより

フェルト(Felt)は、’80年代ネオ・アコースティックブームを牽引したイギリスのオルタナティヴ・ロックバンド。イングランド中部、バーミンガム近郊出身のローレンス(本名Lawrence Hayward は、正式に公表されていない)とニック・ギルバート(後に脱退)が結成した。通算10枚のアルバムをリリースしたが、その間固定されたメンバーは、ローレンスとゲイリー・エンジの2名だけだった。 ヴォーカルのローレンスの書く絶望的な歌詞と音階をまるで無視した歌唱、しかしそれでいてきらびやかなメロディー(モーリス・ディーバンクの貢献によるものが大きい)は、バンドの結成から解散まで一貫しており、その音楽性を特徴づけている。 マニック・ストリート・プリーチャーズやベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードック(ヴォーカル、ギター、キーボード)らを始め、多様なミュージシャンから崇拝される。





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら