百瀬、こっちを向いて。:感想【あかりんの大きな背中】早見あかりの八重歯と鼻声

WOWOWに録画していたものを消化する休日。

ももクロではブルーあかりんが一番好きだった。
最近ではCMや、ドラマで目にすることが多くなって、ホッとしてる。
やっぱ、やめた後ってパッとしないでしょ?AKBとか見てると。

2015-12-29 17.31.51

この「百瀬、こっちを向いて。」はやっぱり小説原作。毎回書いてるけど、本は読まないからわからない。

映画はあかりんの大きな背中と鼻づまり声が印象的な、味わい深い青春映画だった。
彼女のノスタルジックな絵柄と、キャピキャピしない発音が、この頃の子供映画とは違う印象。
角川映画のこそばゆい感じに似て。

あかりん

十代の恋愛事情はもう遥か昔のことだし、今とは色々違うんだろうけど。
セックスが介在する前の恋愛感情。
コントロールできないアップダウン感情はまさに魔物。

 

感情が頭の中で爆発して、吐き出す場所がないから妄想の純度がどんどん上がる。
暴発を繰り返し自己顕示欲にまみれて
自分の物差しで相手を図り
自分の見方に過剰な自信を持ち
うまく言葉を操れずにイライラ

 

全てが良い思い出になったり
いつか笑って話せるさなんて絶対に思えなかったな。
とはいえ、今では相手の顔も名前も思い出せないんだけど(笑)

早見あかりの仏頂面と、恋人演技中のキラキラした嘘笑顔。
仏頂面マニアの僕にはかなり美味しい映画だった。

あかりん

 

いたなあ。こんな感じの先輩。
すごい人気者で、おしゃれで、彼女がいつも違ってて。
僕の知ってる先輩は、男子からは全然人気がなかったんだけど、もっとうまくやってる人もいるんだろうね。

それぞれ野心、野望があって
手に入れたいものがあって
それを邪魔するのが「人としての優しさ」だったり「善人である事」だったりするの、よくわかる。
自分を傷つけても、誰かを傷つけてもたどり着きたい場所があるのが「若さ」の特権だと思っていたけど、今は少し違うみたい。

人のために我慢する。
社会のために我慢する。
親のために諦める。

 

悪い事だとわかってるのに
嘘をつくのは大嫌いなのに
本当、生きてる事が嫌になる。そんな時代が、あったなあ。

 

言えない言葉を飲み込んで、消化不良を起こしながら成長して
なんでも話せるようになったら、言いたい言葉がそれほどない
生きてるってのはほんと、めんどくさい。

 

早見あかりの日本人離れした体格と、大きな背中。
スカートから伸びる脚。
ぷりぷりの肌。

しっかり堪能できる、切なさの度合いがちょうどいい佳作。

2015-12-29 17.30.14





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

舟を編む:感想【ゴールが見えないものへの覚悟】好きだからやっていける仕事... https://youtu.be/0kwCc-1o1lc 録画したまま見ない映画をサルベージ!ということで 「舟を編む」を観た。 辞書を作る人たちのはなし。 おくりびとや、繕い編む...
イヴの時間・劇場版:感想【神様は自分の姿に似せて人間を作った】... https://youtu.be/iVsFcMt_ivI   イヴの時間:もともとはTVシリーズだったらしいけど 最近「漫画系」じゃないアニメが苦手になってきた。 絵が苦手 あ...
リトル・フォレスト《夏・秋》《冬・春》【4時間で味わいつくす食物の色とかたち】... https://youtu.be/y1HGFawBgwY 自給自足の農村生活。小さな村リトルフォレスト=小森での地域交流。ああ、苦手なタイプの映画だ。 農村暮らしなんていいことひとつもないよ。 ...
アバウト・タイム~愛おしい時間について~感想【邦題・ジャケットだけみてつまらない... https://youtu.be/l-Zzii08j_w   アバウト・タイム~愛おしい時間について~レンタルビデオ屋さんで何度か見た。でも手に取らなかった。 だってさ。 このジ...
《ヘドヴィック&アングリーインチ:感想》世界最高のロックバンド... 男性として生まれ、愛を手にし、愛に裏切られ、女性として愛を手に入れようともがき、愛の起源を知る。 前半は楽曲のよさとぶっ飛ばしライブシーンが一杯で、楽しいことこの上なし! 世界一好きなバン...
リップヴァンウインクルの花嫁:感想【黒木華と綾野剛がイライラさせる】岩井俊二のロ... https://youtu.be/vqy4J9gfBcY リップヴァンウインクルの花嫁:岩井俊二の作家性は閉じた世界の中での夢想。ゆっくりと落下する恍惚感。 岩井俊二は日本でもかなり珍しい「やりた...