百瀬、こっちを向いて。:感想【あかりんの大きな背中】早見あかりの八重歯と鼻声

WOWOWに録画していたものを消化する休日。

ももクロではブルーあかりんが一番好きだった。
最近ではCMや、ドラマで目にすることが多くなって、ホッとしてる。
やっぱ、やめた後ってパッとしないでしょ?AKBとか見てると。

2015-12-29 17.31.51

この「百瀬、こっちを向いて。」はやっぱり小説原作。毎回書いてるけど、本は読まないからわからない。

映画はあかりんの大きな背中と鼻づまり声が印象的な、味わい深い青春映画だった。
彼女のノスタルジックな絵柄と、キャピキャピしない発音が、この頃の子供映画とは違う印象。
角川映画のこそばゆい感じに似て。

あかりん

十代の恋愛事情はもう遥か昔のことだし、今とは色々違うんだろうけど。
セックスが介在する前の恋愛感情。
コントロールできないアップダウン感情はまさに魔物。

 

感情が頭の中で爆発して、吐き出す場所がないから妄想の純度がどんどん上がる。
暴発を繰り返し自己顕示欲にまみれて
自分の物差しで相手を図り
自分の見方に過剰な自信を持ち
うまく言葉を操れずにイライラ

 

全てが良い思い出になったり
いつか笑って話せるさなんて絶対に思えなかったな。
とはいえ、今では相手の顔も名前も思い出せないんだけど(笑)

早見あかりの仏頂面と、恋人演技中のキラキラした嘘笑顔。
仏頂面マニアの僕にはかなり美味しい映画だった。

あかりん

 

いたなあ。こんな感じの先輩。
すごい人気者で、おしゃれで、彼女がいつも違ってて。
僕の知ってる先輩は、男子からは全然人気がなかったんだけど、もっとうまくやってる人もいるんだろうね。

それぞれ野心、野望があって
手に入れたいものがあって
それを邪魔するのが「人としての優しさ」だったり「善人である事」だったりするの、よくわかる。
自分を傷つけても、誰かを傷つけてもたどり着きたい場所があるのが「若さ」の特権だと思っていたけど、今は少し違うみたい。

人のために我慢する。
社会のために我慢する。
親のために諦める。

 

悪い事だとわかってるのに
嘘をつくのは大嫌いなのに
本当、生きてる事が嫌になる。そんな時代が、あったなあ。

 

言えない言葉を飲み込んで、消化不良を起こしながら成長して
なんでも話せるようになったら、言いたい言葉がそれほどない
生きてるってのはほんと、めんどくさい。

 

早見あかりの日本人離れした体格と、大きな背中。
スカートから伸びる脚。
ぷりぷりの肌。

しっかり堪能できる、切なさの度合いがちょうどいい佳作。

2015-12-29 17.30.14





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

アニメーションの神様、その美しき世界【ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映】@K... https://youtu.be/L7X0qwGzCeo ユーリー・ノルシュテイン:アニメーションのはるかなる地平線 KBCシネマ北天神は、本当にありがたい。 たった数週間ずつだけど「まだ見ぬ世...
イーサンホークなぜか気になる男... https://youtu.be/KP2mCdem90w 道であったら、殴りたい俳優「イーサンホーク」 イーサン・ホークにはじめてイラッときたのは 「恋人までの距離」 なんか ...
《リンダリンダリンダ:感想》悲しくないのに涙が出る理由... 青春映画の最高傑作。 しかもブルーハーツのコピバン、女子。悪いはずがない材料がそろったとき、すべてがひっくりこけることって、あるよね。 でもこれはほんとにすばらしい。 https:/...
極道大戦争:感想【市原隼人の肉弾戦・意味などいらない?無理やりアクション】... https://youtu.be/5YXPObqkgew これまた評判の悪い映画。 しかも監督はなんでもござれの三池崇史。 風に立つライオンや藁の盾で泣かせ、愛と誠で観客を置いてきぼりに...
年配さんのいるところ「龍三と七人の子分たち」にみる現代... https://youtu.be/LD3QMXxlrcA   大好きだった「愛のコリーダ」藤竜也。先日見た「私の男」でもすごくいい存在感を出していたので、妻と映画館へいった。 ...
ドローン・オブ・ウォー:感想【モニターの中の戦争が生活を侵食する】イーサン・ホー... https://youtu.be/4fGputLUYc4 ドローン。 なんとピッタリとした言葉。 音も立てず飛んでいく。感情の起伏もなく。   戦争は世界一の産業で...