ギャラリー亞廊の思い出【夜舟さんもトワトワ座も知らない20数年前、307号室に住んでいた】

少女の夢とはかなさと。ギャラリー亞廊はひっそりとそこにありました。

2016年4月10日で現店舗での営業をおえた「ギャラリー亞廊」
店主であるイラストレータ「夜舟」さんの作品や、少女性と心地の良いアヴァンギャルド・アンダーグラウンドにこだわった展示を続けてきた小さなギャラリー。
ゴスロリの企画展とか、江戸川乱歩展とか、ある層にばっちりヒットする展覧会を開催してた。
最後は夜舟さんの個展。

IMG_8531 IMG_8523 IMG_8530

 

夜舟さんの作品をはじめてみたのはトワトワ座のCD

ツヤっぽく色っぽく、繊細なライン。モノクロの世界に彩度をおさえた色彩で美しかった。ガーリィとはまさにこのことだとおもった。
もちろんCDの主のトワトワ座の世界ともしっかりよりそっていた。

トワトワ座の「青猫ロマンセ」
僕がアマチュア音楽を「まじめにやろう」とおもったキッカケの作品。
ギターと歌だけなのに、どこにもない音楽。クールなのに激情がちらほらする楽曲と演奏と、うた。
とにかく思い切り頬をぶたれたような作品だった。

トワトワ座に出会えなかったら、いまの僕はない。

その後もトワトワ座のCDには夜舟さんの美しいカバーアートが花を添えていた。

とわとわざ

 

夜舟さんは多くを語らない。僕は夜舟さんのことを何もしらない。
ただ夜舟さんの知らない僕らの話がある

ただ、ギャラリー亞廊ができたとき、すごく嬉しかった。
いつも顔をだす熱心なファンではなかったけど。売り上げにも貢献できなかったけどね。

ギャラリー亞廊が好きな理由は、「好きな世界がそこにあるから」なんだけど。実はもうひとつ理由がある。

ぼくら夫婦が結婚する前、土橋ビル307号室。そう、ギャラリー亞廊の部屋に住んでいた。
二部屋のちいさなマンション(?)
しかもひと部屋を事務所として使っていた。デザイン事務所「サニーサイド」の出発点だ。
ぼくらはそこで夢を描き、仕事をし、寝食をともにした。
白いウサギと、黒いウサギと、茶色のまだらウサギと一緒に。
あ、金魚もいたな。

そう。

まるで映画のように。大貫妙子の「若き日の望楼」のように。
(実際はそんないいものじゃなかったかもしれないけど、若くて恐いもの知らずで無敵だった)

 

あの頃 朝まて熟く
パンと ワインで
私達は語った

 

僕には大学生時代というものがあまりなかったので、サニーサイド設立時のふたりの時代が「青春」とよべる唯一のものだった。

厚いコンクリート。エレベータのレトロなボタン。
停電の夜、ベランダから見た景色。
ソファで見たカラックスやベネックスのビデオ。ツインピークスやX-FILES。
UFOのようなものを見つけた夜。

そんな思い出たっぷりのぼくらの307号室が、僕らの好きなギャラリー亞廊になってたんだ。

IMG_8534

 

そして、ギャラリー亞廊@土橋ビルは幕を下ろした。
きっとどこかでまた、はじまる。
あの部屋もまた、だれかが住む。

ほんとはぼくが事務所にしたいくらいだけどね(笑)

 

ギャラリー亞廊。
またいつか。

IMG_8532

IMG_8543

 

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら