ブラック・スキャンダル:感想【まともな映画でまともに演技するジョニー・ディップ】

ブラックスキャンダル:ジョニー・ディップはやっぱり「なりきり」が好き

実在のギャングスターと、その幼馴染のFBI、上院議員の三人を真ん中においた、地味なヒューマンドラマという見方もできるし、化け上手のジョニーディップの特殊メイク&人物研究によりリアリティ重視の演技を愉しむこともできる。

地味だけど、異様に迫力のあるシーンがちりばめられていたアクションのない犯罪バディムービー。

最近おこさま映画ばっかりのジョニーディップ。久しぶりに迫力のあるシーンが見れた。
アル・パチーノ、クリストファーウォーケンをほうふつとさせる、抑えに抑えた感情の炎。
目つき、顔つきだけで震え上がる。

実際に人を殺すシーンよりも、その前のシーンの怖さ。
「ころされるかも」と観客に思わせて、殺したり殺さなかったり。
ゾクゾクした。

black-mass-01

 

ブラック・スキャンダル:ストーリーは事実の追いかけに終始してる

この主人公のギャングを僕ぼくは知らない。だから、このストーリーにそれほど思い入れはない。
イタリアンマフィアの台頭に頭を悩ませる警察が、地元のギャングを使ってうまいことやろう!と考えてはいるんだけど。もちろんそんなに簡単じゃない。

これはコルレオーネ家の栄光盛衰を対岸にみた、アイルランド移民の物語なんだろうな。

主要な三人に加え、手下のキャラクターも濃いのだけれど、尺の関係もあるのか描き切れてない部分も多かったように感じる。

映画のつくり自体は「密告者の証言」からスタートするオーソドックスな展開でわかりやすかったけど。

johnny.depp_whitey.bulger

 

ブラック・スキャンダル:スリリングな演技合戦が見れる

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイで田舎の娘さんをやっていたダコタ・ジョンソンが、ジョニーの妻なんだけど、いい顔してたなあ。好き。
母親としての強さと悲しみを、少ないシーンで光らせてた。

FBI役のジョエル・エドガートンは、この手の映画をしっかり研究してるようだ。しかも彼の妻役の女優も、ジョニーディップと一騎打ちするんだけど、ほんとうに素晴らしかった。

カンバーバッチはほとんど添え物のようだ。特に印象に残る仕事はしてなくて、この映画に関してはお飾りだった気がする。

暗く曇った空と、橋下の影。流れるローリングストーンズ。
行き詰る人間関係と、かすんでゆく未来。

わかりやすい銃撃戦もカーチェイスもなく、家族愛のしんみりもなく、感情移入できる悲劇もない。
アル・パチーノのスカーフェイスの、ラストをはずしたような。

地味だけど、役者の演技にほれぼれする映画。

4112d879f79e74c478419d045c3bb62b

 

 

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら