シング・ストリート:感想【青春はいつもハッピーサッド】

シング・ストリート:MTVにぶん殴られたあの日々を

見た人が口々に(ツイッターやFBで)熱く語ってるのを見て、見に行こう!と思った。
お盆休みの最終日。
KBCシネマ北天神は、まあまあ多くの人で賑わってた。

1980年代はまさに大学(ちょっとだけど)〜デザイン事務所で働き始め〜レンタルレコード屋でバイト〜妻と出会う〜などなど、人格形成のど真ん中。

福岡、小倉はめんたいロックのダークサイドで、JAPANが好きとか、カルチャークラブなかなかいいねなどとは言えない雰囲気だった。
MTVなんて女子供のみるもんだ!って言われてた。

でも。
大好きだった。MTV。

ライブ映像や口パクTVじゃなくてビデオ。短編映画みたいなのもあれば、最新技術もあった。
シング・ストリートはMTV時代に青春を過ごして「洋楽」の洗礼を浴びた50歳前後をターゲットにしているんだけど、見た後に「まだまだやれる!」っていう爽快な気分になれる映画。

poster

 

シング・ストリート:自由のない地方都市に生まれた僕ら

ダブリン。アイルランド。
不況と重苦しい空。
堅苦しい宗教観。
閉鎖的な学校。
TVの中でアーティストが輝く夢の国「イギリス」とは雲泥の差。

TVで見る東京や博多。
それとは違う北九州、小倉南区。
いつかここを出て行ってやる!
それだけを心に決めて、生きてた10代。

sing_street_xxlg-500x500

 

シング・ストリート:女の子が男を強くする

美人に声をかけたくて「僕らのバンドのビデオにでない?」なんて言っちゃった。
冒険の第一歩を踏み出させるのはいつも女の子。
ジャラジャラとアクセサリーをつけた、いかしたメイクの女の子。

肩幅の広いジャケットや派手な色合い。
プリティインピンクだ。

家庭の事情で「質実剛健」的なヤンキー校に転校させられた主人公のコナー。
両親は離婚寸前。弱っちいからいじめられる。
先生からは目の敵。

でも、彼女のためにバンドをやりビデオを撮る。
ロックンロールは冷笑に耐えること。だと教わる。
異端児はいつも、笑われる。

 

僕もデップで髪を逆立てて登校し

「校則には髪の毛が眉毛にかかってはいけないと書かれてるけど、立ててはいけないとは書かれてないですよね」

と言い張ってぶん殴られたことがあった。まだ人生を知らず。目の前の敵は先生と校則だと思ってた。

poster

 

シング・ストリート:音楽が流れてる時だけが現実逃避できる。

中盤、体育館でプロモビデオを撮ろうとする。
集まったエキストラは全員ダサダサ。バックトゥーザフューチャーも見たことがない人たち。
主役のモデルの彼女は来ない。

でも時間だ。やらなきゃ。

 

彼の頭の中で出来上がるプロモビデオの中では、両親は仲睦まじく、彼女は年上の男と別れて、学校の先生は物分かりのいいかっこいい大人だ。
狙った通り50年代の雰囲気のいいビデオが撮れる・・・はず。

 

頭の中で僕らはいつも、彼のように「自分にとって最高の世の中」を想像してる。
現実はうまくいかないことばかりでも。
音楽が鳴ってるうちは、想像の世界が広がって、僕はハッピーだ。

このシーン以降、もう涙腺が壊れた。

そんな、本当にツライ現実から、一瞬でも逃れられるのが音楽のいいところで。
でも、現実をよくしていくためには、自分が動かなきゃダメだと気づく。

ノスタルジーが描かれているようで、実は一番新しい世代へ向けてメッセージを送り、さらにノスタルジーに浸るべき世代へも「情熱」を思い出させてくれる。

poster

 

シング・ストリート:荒波へ向かって船を出す二人。

初めてのライブを終えて、彼ら二人はイギリスへ向かって船を出す。
小さな船は波にのまれ、大きな船に行く手を阻まれ。

でも前へ前へと進む。

二人がイギリスにたどり着けるか?
ついたところでどうなるか?
そんなことはどうでもいい。

前を向いて出かけることが大事。

失敗したって、たどり着けなくたってなんの損がある?
誰かに迷惑かけたって、なんか問題ある?

できることは前を向いて船をこぐことだけだ。

poster

 

シング・ストリート:バンドって、曲作りって、ビデオ作りっていいなあ!

今はiphoneで動画が撮れる。
ビデオカメラよりキレイだったりする。
「素人じゃできないよ」「機材と時間がないと無理」そんな言い訳がもう通用しない。
目の前にあることをチャンスに変えるのは、それを手に取るかどうかだ。

死ぬまでの日々の中で、今日が一番「ひよっこ」だ。
今日が一番「素人」なんだ。

船をこぐ?こいでみる?

 

気分が爽快で、元気が出て、楽しめて。
さらに泣けて。
「もっといい曲を作りたくなる」映画。

何かをしたくなる映画。

 

そしてジェネシスを聞くのをやめようと思わせる映画。

13774673_516666565192174_1802917411_n





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

雲のむこう、約束の場所【新海監督がなんとなく気になったから見てみた】... https://youtu.be/gNx8WfItFnA 劇場で見る予告編で「君の名は」というのがあって。 アニメなんだけど。 絵が今ひとつ好きじゃない。 でも、面白そうなんだ。 で...
パプーシャの黒い瞳:感想【コンピュータグラフィックのある種の頂点】人物描写を風景... https://youtu.be/05rXwQeAVec   文字を覚えたジプシーの少女。 風の歌を言葉に残す。 人形(パプーシャ)」と名付けられた少女はある日、泥棒が森...
あの日のように抱きしめて:感想【スピーク・ロウがすべてをひっくり返す】... https://youtu.be/lyEZuG2QJ84 ナチと強制収容所ものの映画はあまり見ない。 第二次世界大戦で迫害を受けたユダヤ人のお話は沢山あるけど 生き延びたユダヤ人が今現在...
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ:感想【愛のこもったコンプレック... https://youtu.be/QEJSMqdkitc TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ:事故はとても悲しいことだけど 映画はすべての悲劇をのりこえていかなきゃね。 「TOO ...
シークレット・アイズ:感想【もしあの時、ああじゃなかったら】ニコール・キッドマン... https://youtu.be/P6Sb4Idn0C8 シークレット・アイズ:ニコールキッドマン:ジュリアロバーツ女優対決 最優先事項があれば、後回しにされることがある。 同僚の娘さんが殺され...
ブルーに生まれついて:感想【イーサンホークの甘い病:白人ジャズの青白い炎はヘロイ... https://youtu.be/Pf4omB1S2is   ブルーに生まれついて:BORN TO BE BLUE(決してワイルドではなく) 封切り日に映画を見るのはどのくらいぶり...