ONCE ダブリンの街角で:感想【途中で寝てしまう人と、ギターを手にとってしまう人とに分かれる映画】

ONCE ダブリンの街角で:シングストリートの監督作だったので見てみた

先日見たシング・ストリートがとても良かったので過去作品をめぐる旅。こんなの大好き。この「ダブリンの街角で」というのはタイトルも聞いたことがなかった。

アイルランドからイメージされる映画は「コミットメンツ」っていう途方もない傑作と、ニールジョーダンのクライングゲームが大好き。

さてさて。出世作を見てみよう。

前情報としては全米で2館スタートだったのが、評判を呼んで140館にまでふえたという低予算映画。

 

ONCE ダブリンの街角で:結論から言うと「映画として、あかんやろ」

なぜか?
見てる途中でギターを弾きたくなったから(笑)

そのくらい、いい曲が流れまくる。
アイルランド独特の、寒さの中で熱く燃えてる感じ。
ごっつい男が声を張り上げる、しょぼい日常と恋の歌。
アメリカ音楽の豊潤さと、イギリスの狡猾さを併せ持ったアイルランドの歌。

最後まで見てられないくらいそわそわした(笑)

img_main01

 

ONCE ダブリンの街角で:冴えない奴らの、冴えない日々。だけど

肉体を持った詩人というべきシンガーと、チェコ系の女。
主人公の二人が、冴えない。
男は父親の修理業を手伝いながら、小銭稼ぎのために流行歌をストリートでうたう。
オリジナルは金にならねえからな。

音楽で一旗揚げようてのでもなく、別れた彼女のことをグズグズ歌にしてる。

 

女は女で、ストーカーだ(笑)
男につきまとう。

でも、ここからが「音楽愛」に満ちた人にだけ訪れる奇跡のソウルミーティング。
楽器屋さんでオリジナル曲を
彼のギターと彼女のピアノでセッションする。

曲が生まれて、歩き出す時の、なんとも言えないワクワク感。
初めて曲をこわごわ合わせる時の、ドキドキ感。

初めてのキスや、初めてのデートと同じくらい心拍数は上がる。
冴えない日々は、美しい歌に変わる。

 

ONCE ダブリンの街角で:ボーイ&ガール、ミーツミュージック。

話は簡単で。

彼はロンドンへ行く。そのためにデモCDを作る。
彼女を含めたミュージシャンを集め、3000ユーロのスタジオを2000ユーロで借りる。このシーンでの女性の交渉上手は、生活に真剣にならざるをえない事情から生まれたもので、すごい素敵なシーン。

出会って、彼がロンドンに行くまでの話。
それだけ。

ドラマティックなことは起きないし、二人はセックスもしない。
男女の愛よりも、ダブリンの町並みと音楽が主役だから。

だから音楽に興味がない人には退屈で中途半端な映画だと思う。

「え?なんなのこの映画?」で終わり。

そのくらい開き直って「好きなことだけ」をフィルムに焼き付けてる。
つまり、予算の大小はあってもこの監督、「好きな音楽」しか撮らない。あっぱれ!

once

 

ONCE ダブリンの街角で:崩壊・喪失からの再生。

何も起きないしにしても、ラストシーンの清々しさ。
何かをなす人の物語ではなくて、何かを始める人、何かをやり直そうとする人。その過程にスポットライトが当たってる。

彼が一発当てるのか?彼女の生活は安定するのか?
それはわからない。

映画はある人生の、ある時を切り取るもの。
映画のように人生は終わらない。
結末を求める人には「酷」な映画だ。

でも1日1日が、何かの「過程」だと信じる人にとっては福音になるだろう。

ボディーに穴があくまで、ギターを弾こう。

2009-01-03T21-33-33-2b5ef

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

ネスト(スペイン映画):感想【恐い顔の女優のわかりやすいホラー】... https://youtu.be/JJ6V-3pNSmY ひさしぶりに恐い顔の女優さんだわー。 仕立て屋で生計を立てているモンセ(マカレナ・ゴメス)は、死んだ母と行方をくらました父に代わり...
星を追う子ども【新海監督がなんとなく気になったから見てみた】... https://youtu.be/T37GhIqsO28 星を追う子ども:ツギハギだらけの問題作 いやあ。まいったね。 見終わった後にしか、映画批評を見ないんだけど。 見終わった後の気持ちの悪...
子猫をお願い:感想【それぞれの悲しみは比べられないけれど】... https://youtu.be/r6Hw252MTJw ひとりひとり「個人」にとって、喜びや悲しみは自分のもの。大きくも小さくもない。ただ、自分の中に喜び、悲しみの比率があるだけ。 でも...
ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール:感想【ポップで明るい汚れた血】ベル&セバスチャンの世... https://youtu.be/IW6Y3aZqyBU 洋楽オタクが泣いて喜ぶカレッジポップスバンド「ベル&セバスチャン」のスチュアートが撮った映画。監督デビューらしい。 ベルセバ。大好きなんだ...
太陽:感想【劇団イキウメの舞台を映画化】夜に生きるか、土に生きるか。... https://youtu.be/4ur8tkxPOmc   太陽:人類の歴史は同じパターンで繰り返される 21世紀。ウイルスによって人口が激減した。(バイオテロ自体も...
リリーのすべて:感想【君の望むものを僕はあたえられない】エディ・レッドメインの笑... https://youtu.be/RTfESNVoGdI エディ・レッドメイン。美しくて悲しい笑顔 あまり情報をもたずに見た。 この年代の衣装が好きなのと、トムフーパー監督の「レ・ミゼラブル」「...