ハレルヤ!

2週間後に超内輪のコンサートを予定しており、それに向けた「余興」のお忍び練習会実施。

お題はメンバーの多数決によりカーペンターズの「Sing」。

宴会部長が手配した楽譜は、フツーの混声合唱譜だったのだけど、「Sing」なんていう小学校の音楽の教科書にでも登場しそうな正統派の曲を真面目に合唱してもつまらない(あくまでも個人の見解)ので、ゴスペルシンガーらしく(?)捻りを加えてみた。

コール&レスポンスをやや意識しつつ、レスポンス部分に

「Hallelujah(ハレルヤ)」

を挿入するとなんだかそれらしくなってくる。

 

用途は宴会の余興なので、達成すべき目的は「楽しいこと」「メンバーの交流につながること」に徹し、短期間で仕上がるか?なんてことは二の次にしてアレンジしてみた。

本日はその初めで最後の合同練習。ちょ、ちょっと難しかったかなぁ。。。ま、宴会芸だからいっか。ベテランも新人さんも等しくソロが回ってくるしかけにしたので、いつもはベテランの陰でどんな声をしてるかわからないメンバーの良いお披露目になると思うのです。

 

メンバーには、「とにかくソロで自己主張せよ!」という指令を出して練習を終了。本番では必ずコケるだろうけど、少なくともウケるとよいなぁ。

woman-160209_640





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

とにかく社長はよく喋る 9月2日(仕事曜日) たまに本社の社長がやってくると外回りで大忙し。社長のスケジュールに合わせて、その近辺に会いたかったいろんなアポイントをそこに一点集中させるから。 今日もアポイントは、 ...
サマーパーティと呼ばれる高校の同窓会... 8月13日(友曜日) お盆なのでサマーパーティと呼ばれる高校の同窓会。毎年そう。この同窓会は35歳を皮切りに頻繁に行われていて、1/2の新年会に始まり、3月末の花見、6月の全体同窓会、8月のサマーパ...
仕事で0時を回ってしまった。 7月7日(仕事) 七夕だというのに(どうせ曇天だけど)、空を見上げることもなく、仕事で0時を回ってしまった。 このまま始発で帰るパターン。 ひと月に何回か発生するので慣れてる私は恐らくブラック社...
どうして一度歌った歌をそんなに簡単に忘れられるのかなぁ... 7月16日(歌) 15時半〜17時のレッスンのあと、17時〜20時まで仲間内の練習。練習会場に片道1時間半くらいかけて県境からやってくるアルトのマリちゃんが珍しくお休みで、なんとなくハーモニーが締ま...
今、国会で裁量労働制が話題になっているが... 2月28日(仕事) 昨年10月から制作に関わっていた冊子が、本日ようやく色校入稿した。印刷に回せた、ということ。色味を確認するために色校正紙をチェックする作業が残るが、まぁ、ほぼ手を離れた。これ...
某ゴスペルフェスティバル 8月19日(歌曜日) 衆議院総選挙に立候補し、小選挙区で落ちて比例で復活したようなそんな気分。 地元開催の某ゴスペルフェスティバルが原因です。 JRの基幹駅の駅前広場を使って開催される、...
広報誌を作ってくれないか? 1月14日(歌曜日) ゴスペルのレッスンを受けてる先生から、「お教室間の交流の基礎になるような広報誌を作ってくれないか?」と相談を受け、本日、その創刊号を発刊した。その名も『PPGC』。 別に...
今月末で社員が2名退職する 9月1日(仕事曜日) 毎月1日は社員全員が顔を揃えての全体朝礼だ。 そこで先月の反省やら、今月の目標やらを発表する。その1番手は常に私だ。社員の中で一番上席だから、というのが理由。(最年長だ、...
平均年齢56歳(57歳?)のユニット... 7月8日(歌) 年一回の自主ライブまで1ヶ月を切ったので、練習時間を増やした。今日は市内の公共練習室を借りて18時〜22時までの練習。 ところが、自分は深夜業務明けで眠いし、アメリカ旅行から帰...
ポケモンGOで使っている技術は基本中の基本... 8月8日(仕事曜日) 超久しぶりの記者発表会。会社の新事業の発表をマスコミ各社を招待して行うアレです。ウチの会社で前回やったのは15年前。女子高生向けのフリペを新創刊したときだった。その時の出席者は...