なまいきシャルロット:感想【ロリータ国家フランス/だけど大人の寛容性】

WOWOWで見た。すごく懐かしい感じ。

なまいきシャルロット:シャルロットゲーンズブールの固い蕾

なまいきなんていう甘いものじゃない(笑)
クソ生意気シャルロットの夏の物語。

言いたいことがないも言えない!

そんなイライラした時期が誰にでもあるだろうけど。
シャルロットは友達にあたり、兄貴にあたり、父親にあたり、周囲にとにかく当たり散らす。
「わ〜〜〜〜」と訳のわからない主張をして、のぼせ上がって、しっぺ返しを食う。

少女性大爆発!なのは割とわかるけど。
フランス人はマジで寛容だ。

こんなクソみたいに扱いづらい小娘からひどいこと言われたら「もう知らん!付き合わない!絶交だ」ってなるんだろうけど。

言ってることは、言ってることで注意するし、反論する。
時には子供相手にそこまで言う?ってくらい辛辣に。

でも、だからと言って発言したシャルロットを全否定しない。
発言と人格は別、というか。

media

 

なまいきシャルロット:発言の自由は誰にでもある(発言内容に関しては責められるけどね)

思ったことを口に出す。
そのことで誰かを傷つけることを配慮しない
傷つけたことで責められる
最低限の反省をする

映画はこれだけのルールで進む。

 

夢を見すぎて、がっかりしたり
友達を傷つけてしょんぼりしたり

それは事柄に過ぎない。

 

発言の自由。それが全てで、発言したら責任は取らなきゃいかん。大人だろうが子供だろうが。
究極の個人主義だ。フランス。

ただ、自己主張をする分、相手も自己主張する権利があることを知る。

 

同い年の天才ピアニストに憧れたり
船乗りの青年にちょっと憧れたり
それなりのエピソードはあるんだけど、特に重要じゃない。

o0650048310780262738

 

なまいきシャルロット:ここじゃないもの、自分じゃない誰かへの憧れと、それが潰される一夏の物語。

全編に流れるすっぱいフレンチポップ。
シャルロットのバランスの悪い顔。
不機嫌な人たち。

夏の暑さと、鋭い日差しで汗をかく首元は、セクシーにはまだ届かない。
細すぎる腰や胸も、まだ子供。

ロリータ映画といえばまさにそうなんだけど、最初に対比として現れる美しい体の女性を「フランス女性」として提示することで、未熟な青春を温かく見守ることができる。

所詮は小娘の戯言だと。
そして、誰もがその苛立ちを経験するってことも。

日本人とは180度違う、個人対個人の国のお話。
日本じゃ従順で、最後は男の子が守ってくれる話になるはず。

143381_01





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら