KOTOKO:感想【塚本晋也の優しさとCoocoのボーダーライン】

 

KOTOKO:巻き込まれるものの優しさ

塚本晋也監督はいつも、巻き込まれるものが真ん中にいる。
急に鉄になったり、SM世界に入ったり。
意図しないタイミングで、急に、勝手に周りが変わる。
そのことできしむ体と心を優しく描く。

「KOTOKO」でもそれは同じ。
世界の中でひとりぼっちというより、世界から拒絶され、服従を余儀なくされる人が真ん中。
いろんなことの答えを出さずに、主観的に進められるお話。

誰が本当で、誰が架空で、なにが虚構かなんて本人にもわからない。kotoko_poster1

 

KOTOKO:リアルかといえばファンタジーと捉える人もいるだろう

Coocoという素材を上手に使って、加工は少なめにうまく料理してる、と、思う人もいるだろう。
ただ僕は実際、このように

「世界から拒絶されて自傷し、暴れまわり、包丁を向け、壁に穴を開け、叫び、警察がなんども来、隔離され、放り出され、殺してやると叫び、殺されると泣きわめく」

という人を身近に知っているので

ああ、あの時はこんな風に世界が見えていたのかもしれないな

と、納得することができた映画だった。
そういう意味では、KOTOKOのような人が周辺にいる人にとっては「冷静な、暖かい救いの目線」を感じるかもしれない。

ともかく、塚本晋也の目線は暖かい。

彼女の生きるエネルギーがすごい!なんていう人も多いと思う。
でも本当は彼女の周りの「生きさせるエネルギー」の方が強いんじゃないか?

生きるなんて簡単。
死なせないでいる力はもっとリスペクトされるべきだとおもう。
(僕はその環境から逃げ出したんだけど)

story7

KOTOKO:多かれ少なかれ、世界はこんな風

世界が二つに見える。精神の均衡が壊れていく。ここまでの人はあまりいないけど、テレビから流れてくるドス黒い悪意や、赤ん坊の金切り声、善意の皮を被った好奇心むき出しの人たちはリアルに存在する。

世界は味方じゃない。
特に一人で小さな子供を育ててるママにとっては
明日になれば何かが変わるなんて思えない袋小路。

この映画のリアリティはCoocoにあるのじゃなくて、彼女を取り巻く世界にある。

story6

KOTOKO:塚本晋也の音作り・絵作りはさすが。

少ない予算で一番感情的な絵柄を撮れる監督が、カメラの前で歌うだけで世界中がしんと静まりかえるウタウタイを撮る。
そりゃ、説得力の塊だ。

うたってたら世界が一つになるという設定がリアリティを持つ。
骨の上に皮と筋肉がまとわりついただけの体で踊る。
雨のラストシーンは、この映画を乗り切ったCoocoへの賛美というか、ご褒美だし、
わかりやすく美しいシーンは、この映画に最後まで付き合ってくれた観客へのサービス。

157578_02

そこに本当に可愛らしい美術セットが別方向から色を差す。
素晴らしい美術をCooco自身がやってるらしい。キュンキュンする色合いと風合い。

よくある素材、よくあるお話を、どこにもない女優で撮りきった塚本晋也がもちろんすごいんだけど。

cocco_hd





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

《私の男:感想》二階堂ふみのおそるべき世界... https://youtu.be/NwxOl1pmYyU いやーよかったなあ。キャストもストーリーも。傑作だ。 でもリピートしてみるのはキッツいなあ。   北国って、もう...
《リピーテッド:感想》ニコール・キッドマンのリアル老け顔... 朝、目が覚めたら「記憶」がない。 飲みすぎ?いやいや鏡に映る自分の姿は、まるで20年もたっかたのような老け具合。 しかも、 隣にしらない男が寝ている。私は裸だ。いったになにが?? ...
駆込み女と駆出し男:感想【詳細もセリフもちんぷんかんぷんでも】時代劇は古い言葉で... 軽薄を絵に描いたようなからっぽの大泉洋。主演的なあつかいだけど物語を転がすくらいで、ちょうどいい塩梅。 江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆...
ジヌよさらば ~かむろば村へ【感想】松田龍平&二階堂ふみ・まじめな雰囲気が好きな... https://youtu.be/vNgbVvfq2_A 龍平くんが「舟を編む」についで(?)シチュエーションコメディに挑戦。 おとうさんの松田優作がやりたがっていたような作品にどんどんでてて...
《リンダリンダリンダ:感想》悲しくないのに涙が出る理由... 青春映画の最高傑作。 しかもブルーハーツのコピバン、女子。悪いはずがない材料がそろったとき、すべてがひっくりこけることって、あるよね。 でもこれはほんとにすばらしい。 https:/...
パトリック《戦慄病棟:感想》残念なイケメン映画... https://youtu.be/v5YKOEjC_Zw 脳死状態のイケメンくん。自分のことをかまってくれる新人看護婦に心を開いて、サイキック能力までひらいてしまっちゃうお話。  ...
マッドマックス 怒りのデス・ロード《感想》砂漠アクション作が女の子たちに受けた理... https://youtu.be/4Krw9BbjzKQ マッドマックスが女子のリピート率が高い。なぜ? そんなニュースがロードショー時にネットでながれてた。 女子は壁ドン系の恋愛映画を...
アバウト・タイム~愛おしい時間について~感想【邦題・ジャケットだけみてつまらない... https://youtu.be/l-Zzii08j_w   アバウト・タイム~愛おしい時間について~レンタルビデオ屋さんで何度か見た。でも手に取らなかった。 だってさ。 このジ...
蜜のあわれ:感想【二階堂ふみの丸いお尻からはじまる完璧な妄想映画】ああ。可愛く楽... https://youtu.be/YGaqs68G6EM 蜜のあわれ:ああ、こんなにも幸せに満たされたことは エンドロールが流れ終わり、「完」という文字が。 ああ、こんなに満たされた映画は、どの...
【パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト:感想】美しい音楽には美しいミュージシャ... https://youtu.be/wp0vuaMkEqU   バイオリニスト、作曲家のパガニーニ。ブルースでいえばロバートジョンソン。悪魔に魂を売って、演奏技術を手にしたっていう噂?...