KOTOKO:感想【塚本晋也の優しさとCoocoのボーダーライン】

 

KOTOKO:巻き込まれるものの優しさ

塚本晋也監督はいつも、巻き込まれるものが真ん中にいる。
急に鉄になったり、SM世界に入ったり。
意図しないタイミングで、急に、勝手に周りが変わる。
そのことできしむ体と心を優しく描く。

「KOTOKO」でもそれは同じ。
世界の中でひとりぼっちというより、世界から拒絶され、服従を余儀なくされる人が真ん中。
いろんなことの答えを出さずに、主観的に進められるお話。

誰が本当で、誰が架空で、なにが虚構かなんて本人にもわからない。kotoko_poster1

 

KOTOKO:リアルかといえばファンタジーと捉える人もいるだろう

Coocoという素材を上手に使って、加工は少なめにうまく料理してる、と、思う人もいるだろう。
ただ僕は実際、このように

「世界から拒絶されて自傷し、暴れまわり、包丁を向け、壁に穴を開け、叫び、警察がなんども来、隔離され、放り出され、殺してやると叫び、殺されると泣きわめく」

という人を身近に知っているので

ああ、あの時はこんな風に世界が見えていたのかもしれないな

と、納得することができた映画だった。
そういう意味では、KOTOKOのような人が周辺にいる人にとっては「冷静な、暖かい救いの目線」を感じるかもしれない。

ともかく、塚本晋也の目線は暖かい。

彼女の生きるエネルギーがすごい!なんていう人も多いと思う。
でも本当は彼女の周りの「生きさせるエネルギー」の方が強いんじゃないか?

生きるなんて簡単。
死なせないでいる力はもっとリスペクトされるべきだとおもう。
(僕はその環境から逃げ出したんだけど)

story7

KOTOKO:多かれ少なかれ、世界はこんな風

世界が二つに見える。精神の均衡が壊れていく。ここまでの人はあまりいないけど、テレビから流れてくるドス黒い悪意や、赤ん坊の金切り声、善意の皮を被った好奇心むき出しの人たちはリアルに存在する。

世界は味方じゃない。
特に一人で小さな子供を育ててるママにとっては
明日になれば何かが変わるなんて思えない袋小路。

この映画のリアリティはCoocoにあるのじゃなくて、彼女を取り巻く世界にある。

story6

KOTOKO:塚本晋也の音作り・絵作りはさすが。

少ない予算で一番感情的な絵柄を撮れる監督が、カメラの前で歌うだけで世界中がしんと静まりかえるウタウタイを撮る。
そりゃ、説得力の塊だ。

うたってたら世界が一つになるという設定がリアリティを持つ。
骨の上に皮と筋肉がまとわりついただけの体で踊る。
雨のラストシーンは、この映画を乗り切ったCoocoへの賛美というか、ご褒美だし、
わかりやすく美しいシーンは、この映画に最後まで付き合ってくれた観客へのサービス。

157578_02

そこに本当に可愛らしい美術セットが別方向から色を差す。
素晴らしい美術をCooco自身がやってるらしい。キュンキュンする色合いと風合い。

よくある素材、よくあるお話を、どこにもない女優で撮りきった塚本晋也がもちろんすごいんだけど。

cocco_hd





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ブルーに生まれついて:感想【イーサンホークの甘い病:白人ジャズの青白い炎はヘロイ... https://youtu.be/Pf4omB1S2is   ブルーに生まれついて:BORN TO BE BLUE(決してワイルドではなく) 封切り日に映画を見るのはどのくらいぶり...
きみに読む物語:感想【目の覚めるような美しいシーンで綴られる一生の恋物語】... https://youtu.be/TNOAYjwwUI0   きみに読む物語:珍しく核心をついた邦題 あのグロリアのジーナローランスが真っ赤なスーツで美しい。冒頭のシーン。 読み...
《リンダリンダリンダ:感想》悲しくないのに涙が出る理由... 青春映画の最高傑作。 しかもブルーハーツのコピバン、女子。悪いはずがない材料がそろったとき、すべてがひっくりこけることって、あるよね。 でもこれはほんとにすばらしい。 https:/...
ONCE ダブリンの街角で:感想【途中で寝てしまう人と、ギターを手にとってしまう... https://youtu.be/qJjcZa1dYq0 ONCE ダブリンの街角で:シングストリートの監督作だったので見てみた 先日見たシング・ストリートがとても良かったので過去作品をめぐる旅。...
マイ・インターン感想(喋りすぎないイケメン爺の時代?やっぱりデニーロだからでしょ... マイ・インターン。 この手の映画をあまり見ないのだけど、アン・ハサウェイの顔が大好きだし、デニーロだし。まあ、ちらっと行こうかなって感じ。感動大作でもないし。 感動作苦手。 https://...
MOZU劇場版:感想【15話見てくれたファンへの感謝祭】... https://youtu.be/jur-t0TNUW0   劇場版MOZUを、早速見てきた。 封切り後の週末としては、お客さんまばらだった。 まあしょうがないか。 だってこれ...
《モーガン・ブラザーズ:感想》男はソコががまんできない?... https://youtu.be/juZCh72OTAo 絶対に外さない(と、個人的に思ってる)シッチェス映画祭 予告編見て「みたい!」と思う人なら絶対楽しめます! 人間をミンチにして、...
はじまりのうた:感想【予算を手にして我が道を行くジョン・カーニー監督】... https://youtu.be/S0WZRMw7nZ8 はじまりのうた:シング・ストリートから過去をめぐるパート2 音楽と人との関わりと、男女の再生と。 描かれてるものは「ONCE ダブリンの...
池松くんのこと【愛の渦】とか【海を感じる時】とか...   映画では女の子と寝てるか、女の子と寝てるか、脱いでるか。 テレビでは女装してるか人殺してるか。の池松壮亮。 彼から漂うエレガンスは、ちょっと最近ないね。有名になってすこし灰...
《白ゆき姫殺人事件:感想》井上真央のドローンリアリティ... https://youtu.be/XH2DHt5CJ5U   原作アリモノばかりの映画界。これもそう。 ベストセラー本はよまないから原作は知らない。   ...