仕事納めとか、御用納めとか、12月28日

12月28日。
クリスマスも終わってなーんか、さむい。
お正月は地味だ。
そして今日は割と多くの企業で「仕事納め」ってかんじ。
百年橋通りのすきすき加減から見ると、今日からお休みのところもおおいよう。

今日は事務所へ来た。
最近はいろんな事情があって、事務所にきてない。
朝礼で

「大型連休、気を付けてくださいね~」って感じのことを言われた。

6連休。
世界的に見たらバカンスには短いよね。

毎年「海外へ何万人」とかきくけど、ぼくのまわりで海外へいくひと、あまりいない。
どこか別の水域で生きてる人なのかもしれない。

ぼくらの世界はもう住みわけがなされてて、ほかの水域の人たちとは出会わない仕組みになってるのかもね。

 

年末年始も普通にお仕事の人もおおいだろうし
僕のような零細企業主は休み明けまでが勝負の物件もある。
長いバカンスはいらないかもだけど、休みの日にすることがいっぱい過ぎてヘトヘトになるの、もうやめたいなーとか思うけど。

やりたいことはたくさんあるしね。

 

昨日、ある用事でホームセンターにいった。
おじいちゃんが木の板やらなんやら買っていた。
あきらかにDIYをやるんだろうなー。
買ったほうが安く済むし
買ったほうが出来はいい
それでも材料を買って、なんかしたい。これって自然な欲求なんだろね!ワクワクするよね!

 

 

ぼくら夫婦はむかしから、なんかもらったり拾ったりしたものを修理したり色を塗ったりするのが好きで。
買ったほうがいいのはわかるけど、自分の思い通りの色が付けられるのはすごく楽しかった。

楽しいと思うこと。
これって、ひとそれぞれよね。

 

少ないお休みに、たくさんのひとが楽しいことに出会えますように。
渋滞でイライラするよりも、面白いことさがそう。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

沈みたくなる週末。(情けない週末)... いつもいそがしく、いろんなことをやってる。 仕事はほぼ100%イスに座ってパソコンカチャカチャ。 ライブ会場でエネルギーをもらったり、自分自身漏電したり。 楽しいことがいっぱいで ...
ロバ君といく東京旅行【吉祥寺・下北沢】写真レポート... 2015年7月4日 ブルートニックの20年ぶりのライブを見にいく。 福岡空港から出発〜 最近の飛行機ってWI-FIがはいるのね〜。びっくり 二時間で東京につく。日本は案外せまいね...
なんだか世界は「正義」に燃えてる?... 最近犯罪モノのTVドラマが多いかな? TVは家の中でも「通り過ぎる」ものなので正確なことはわからないけど。 恋愛モノに夢中にはなれないけど 犯罪サスペンスものが好きだ。 なんというか、...
フードウェイ【アイランドシティ・照葉のまち】日差しから逃げられない町の、驚異的な... 福岡にはアイランドシティーという埋め立てがある。 人工島って奴。 あまり好きじゃなかった。 映画のセットのように、ハンガーゲームのように「ハリボテ」の雰囲気が漂ってたから。 夏はあまり...
初心に立ち返る時:僕は自分たちメディアをつくりたい... 2015年4月。「私の人生、私のもの」を作ったとき。 ぼくは何を考えていたのだろうか。     最近仕事で大揺れで、その場に立ってられないほどのなか。 ぼ...
モネ展@福岡市美術館~雑な筆使いのヒゲおやじ~... 美術にはまったく明るくない僕です。 モネ。睡蓮の花の絵を何枚も何枚も描いてる人。
そのくらいの知識だけど。 みぞれまじりの日曜日。
大濠公園の福岡市美術館へモネ展を見に行ってきました。...
小佐井みなみの正体は?〜goodmusicを届けてくれるカッコいいシンガーのアレ... 2016年。 一番たくさん一緒に演奏したのは間違いなく「小佐井みなみ」さん。   5月くらいだったか、キャバーンビートのライブレポ取材で初めて彼女の歌を聞いた。 ...
NHKドラマ トットてれび:感想【死にゆくものへの祈り】... トットてれび:始まりと終わり・生と死を描く 1965生まれの僕は、まぎれもないTVっこ。 白黒テレビ カラーテレビ 衛星放送 液晶テレビ ハイビジョン(このへんはよ...
斉藤工の「媒体としてのギャグ」が最近すこしわかってきた《臨床犯罪学者 火村英生の... 濃い顔。 でっかい身長。 おとこ壇蜜。斉藤工。 昔はわりとアクのある、骨っぽい(どちらかといえば西島秀俊系)だったんだけど、このごろなんか変だ。 なんだろ?このひと。どこを目指してるん...
大アマゾン展 – 福岡市博物館【子供らが飛んで回る、正しい博物館】... 大アマゾン展 - 福岡市博物館:夏休みだなあ〜 朝一で行ったのに、もう駐車場はかなり埋まってた。 どちらかといえば、そんなに興味があるほうじゃない「アマゾン」 だって、怖い虫とか、ピラニアとか、...