ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち:感想【なじめない世界のかわいい子供たち】ティムバートンが本気を出した

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち:宣伝量の違いが本気度を測る

とにかく、公開前からの広告量の多さがすごかった。ティムバートン史上〜というフレーズがあちらこちらで見て取れた。

しかし、アリスインワンダーランド(製作のみ)での大失敗(本当にくだらない作品だった)が頭に残っていて、う〜んどうかなあと心配はしていた。

シザーハンズやバットマンリターンズなどの、マイノリティへの愛情や、スリーピーホロウなどの古き良きホラーへの敬愛、ティムバートンは超一流の「偏愛監督」だ。
その彼が見事に「やりたいことだけをやった」作品がこれ。

全編、愛情に満ち溢れてる。
わかってくれない世界、アメリカンマッチョワールド、両親。わかってくれるおじいさん。奇妙な仲間。
廃墟。タイムループ。
ジェラシーや引け目や性の目覚め。
わかりやすい悪人たち。
ストーリーの多少のぎこちなさを完全に忘れさせてくれる見事なパーツの配置。
かわいい、のてんこ盛り。

 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち:僕らはみんな能力者

ある施設に集められてるのは子供の能力者たち。
いつの時代も「大衆と違うもの」「マイノリティ」「自分たちより優れたもの」を隔離し、迫害し滅ぼすとするのが「民主主義」だ。

でも、炎は出せなくても、野菜を成長させられなくても、僕らはそれぞれ「何か」を持ってる。そのサムシングに気づいてないことも多い。
社会はそれに気づいて欲しくない。
気づかれると、洗脳が思い通りにいかなくなるから。コントロールができなくなるから。

「自分はなにもできない」
「自分はみんなと違う」
『自分はみんなより劣ってる」

この気持ちを植え付けるのが社会であり、教育だと思う。
僕らはみんな、能力者なんだ。
気づかないだけ。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち:喪失への郷愁

イギリスはブラックプールの小さな遊園地や、
沈んでしまった豪華客船や
戦争の爆撃で消えた美しい建物や
子供の頃の空想力…。

この映画はなくなったものでできている。
そして今、世界が失いかけてる「知恵と勇気」も。

あの時代は良かったという後ろ向きなだけでなく、彼女のためになんとかしたいと願う強い前むきな気持ち。でもそれが全面に出ると、本当に味気ない成長物語になる。
この映画は、主人公を取り巻くディティールが素晴らしく、映画はすんなり楽しめる。マッチョ感なしに。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち:エヴァ・グリーンを手に入れたティムバートン

エヴァ・グリーンが美しい。すべてに於いて気高く美しい。
ヘレナの次のミューズは彼女だね。
強く、厳しく、優しい。
007やシンシティ、愛を複製する女など少しキワモノが多いけど、この美しさは秀逸!

そして主役の男の子は2011年に公開された『ヒューゴの不思議な発明』でも主演を務めているエイサ・バターフィールド。この子の目つきも素晴らしい。ヒューゴもとても暖かい「のけ者」の話だったけど。

出てくる不思議な子供たちも、少しフリーキーな顔で大当たり。
マスクをかぶった双子のオチや、ジェラシー少年も可愛い。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち:ザ・ティムバートンフィルム

スリーピーホロウ、スイニートッドなどでのアメリカンホラーやビッグフィッシュなどのハートウォーミングな親子関係、やビッグアイズで見せた確かな映画作り。
そしてうまくいかなかったアリスやダークシャドウ。
すべてを血肉にして、ティムバートンは最高の一打を打ち上げた。

娯楽作であり、アニアックであり、泣けるシーンも(実際僕は泣いた)。甘酸っぱい恋愛も嫉妬もあり。
映画で描かれるすべてをジューサーミキサーにぶち込んでできたのがこの映画。
素晴らしい!

【610号室】映画見聞録~映画が大好き~2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

クリムゾン・ピーク【食べたいくらい可愛い小道具となぜかバトル】... https://youtu.be/5D7F_4_xlVY クリムゾン・ピーク。タイトルに引っ掛かりがないなあ~。 でも、名前覚えられない系美少女(ミア・ワシコウスカ)だし、パンズラビリンスの監...
キングスマン:感想《世代交代の波をどうやって乗りこなすか》... 映画キングスマンの感想についてはこちらにも息子の記事があります。 妻子からの強烈なプッシュと、コリン・ファースの映画ははずさない!というところから映画館へ。 50歳特権の割引を使って。 ...
ラスト・シフト最後の夜勤【ありきたりなシチュエーションでも楽しめる!】... https://youtu.be/4OxBMpOxPqU 明日の朝まで一人で夜勤。 施設内は引っ越しがほぼ終わって、朝4時に来る産業廃棄物処理業社をまつだけ。 電話は転送される(予定)だし ...
【愛を複製する女】息子なの?恋人なの?それとも?... https://youtu.be/ROq7V2YQXFM いやはや。切ないね。 何が切ないって?あんなにかわいかった子供たち(特に男)が、あんなにムサクなるなんて。 いやいや違うね。 ...
パージ:感想【全ての悪事が許される日が1日だけある。それで我慢できる?】... https://youtu.be/d65KggimuMo パージ:一年に一度、12時間。全ての犯罪が合法になる そんな日を設定したら、犯罪発生件数が劇的に低下したという設定のドラマ。 ご近所だろ...
極道大戦争:感想【市原隼人の肉弾戦・意味などいらない?無理やりアクション】... https://youtu.be/5YXPObqkgew これまた評判の悪い映画。 しかも監督はなんでもござれの三池崇史。 風に立つライオンや藁の盾で泣かせ、愛と誠で観客を置いてきぼりに...
《リピーテッド:感想》ニコール・キッドマンのリアル老け顔... 朝、目が覚めたら「記憶」がない。 飲みすぎ?いやいや鏡に映る自分の姿は、まるで20年もたっかたのような老け具合。 しかも、 隣にしらない男が寝ている。私は裸だ。いったになにが?? ...
呪怨 ザ・ファイナル:感想《ある意味日本のホラーをだめにした傑作シリーズ》... https://youtu.be/2vxz9abgYH4 日本の平成ホラーは、「女優霊」で発火して、「リング」で燃え上がりはじめた印象。 この呪怨シリーズはビデオ作品が口コミでひろがって、...
インターステラー:感想【SF音痴が観る本格SF映画】アン・ハサウェイの美しさった... https://youtu.be/-sb8axLSXvI 砂嵐。磁気の乱れ。 作物の不良。 しばらく映画を見てて「これってSFじゃなかかったっけ?」と思っちゃうくらい静かなスタート。 ...
2016年:私のベストテン【映画館で観た映画編】〜この世界の片隅に・他〜... 2016年は、割と見たかもしれない。 とは言っても20本弱だから「映画ファン」の皆さんよりかは全然少ないし、話題の「君の名は」とか見てないので参考になるかどうかはわからないけど。 まずばベスト...