博多リバレインの亡霊たち【目的地を失ったお出かけの先には】

お天気だから出かけたい、と思ったんだよね。
西鉄バスに乗って。
本当はアジア美術館に行こうと思ったんだけど、入った途端に興味が失せて。
あらら、どうしようか、と。

ここは博多リバレイン。
ゲイツビルと並ぶ福岡の誇る不良債権(笑)

1999年に下川端地区再開発事業として総事業額978億円をかけて建設されたんだけど、入るはずだった玉屋デパートに嫌われ、「スーパーブランドシティ」なんていう遅れてきたバブルの申し子みたいなテナントビルとしてスタートした。

よく「見に」行っていた。買えるものはほとんどなかったけど、高価な皿を買うこともあった。まあ、そんな時代だったんだよね。

 

2000年問題で揺れる1999年の年越しを、今はアンパンマンがのさばってるリバレイン広場で迎えた。
3DCGのパネルブースを出して。
その頃はグラフィックデザイナー&CGアーティストだったんだね。忘れてた。
スカバンドが入って大騒ぎの年越しだった。

結局コンピュータの誤作動も北朝鮮のミサイルも核爆弾もなく、平穏無事に2000年はやってきた。最後の20世紀。

 

そのあとも経営破綻を繰り返し、「イニミニマニモ」なんていうわけのわかんない名前の時期もあった。

 

ま、そういう「亡霊感」漂うビルディングな訳よ。

最近は100円ショップなども入ってきてさらに混迷してるようで、こりゃ探検に行かなきゃと。
不思議なムード漂うショップや超個性的なネックレス屋さんとか、見学した。
働いている人を含めて「博物館」的な雰囲気も楽しめるよ。

 

お茶にしようと入ったお店は「オーガニックイズオーディナリー」

よくはわからんけど、果物を漬け込んだものをソーダでわる飲み物やらを頼んだ。

 

おしゃれな女の子が二人カウンターにいる。
ニット帽をかぶってる。
可愛い女の子がグレイの壁に囲まれて働いている絵柄は、何かしら奴隷のようで面白い。

 

アロマキャンドルの匂いと、サロン用のシャンプーの香りが混ざり合って鼻腔を刺激し、ジュースの香りと喧嘩する(笑)

何かのスムージー的な、美味しそう。
「真夜中のサーカス」という名前に惹かれて注文した

 

そして、まるで自宅にいるような感じで写真を撮る(笑)

 

非日常のような日常。
セットのようなハリボテのような街。

リバレインって面白い。
めまいがする。

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

その感情はどこからやってくるのか?【歴史勉強会+おしゃべり会】に参加して... 友人のエミさんが開催する「歴史勉強会+おしゃべり会」に参加してきた。 なんとなく雨模様。知らない人が多い中、ヒトミシラーの僕としては、割と頑張って参加(笑) 歴史オタク、朝ドラ、大河オタクのエ...
乱暴な運転をついやってしまう人の大胆な仮説【学会発表予定はありません】... 車の運転が嫌いで、車に愛情がない。 あっちこっちぶつけたりこすったりしてる。洗車もしない。 なぜか? 車を運転する自分自身が嫌いなのだ。 なぜか? 北九州育ちの血がでるからだ。 ...
中洲JAZZのまっただ中、住吉ブギでフェイクなジャズを... (昨日の記事と日付は前後します)   9月は福岡では大きな音楽祭がある。 そのうちの一つ「中洲ジャズ」。 オープンエアな場所を中心にあっちこっちでライブがある。 JAZ...
F-POP T-ROCK【りんたろ〜とその仲間たち】adiós!... ライブレポは息子が書いたものがあるので、それをご参照ください りんたろ〜のこと 彼と出会ったのはきっとここ、キャバーンビート。 なんちゅうかいきなり失礼な奴だった(笑。 こわごわしてるのに...
PLAYBALLオールスターズ【こんなにバラバラな出演者の夜】... 一月から第二火曜日。ゲリラハウスで小佐井みなみさんの横でギター弾いてる。 毎週トリをつとめる人が決まってる面白いイベントなんだけど、五月は火曜日が5回あるのでレギュラー四人衆が総出演。 そこに混ぜ...
倉敷へ。その3【大原美術館巡り】... 大原美術館は個人が作ったもの。 1930年(昭和5年)に日本で最初の近代西洋美術館で、 倉敷を基盤に幅広く活躍した実業家大原孫三郎が、 洋画家児島虎次郎が収集した西洋絵画の展示の為に造られたそう。 ...
重蘭最終回@キャバーンビートその1【サンタ登場】... 永遠にあるものなんてないよ。 バンドは解散するし、メンバーチェンジはあるし、活動停止するし。 「重。」というバンドを見たのは2016年5月25日。キャバーンビートで。 ちょうど音楽の現場を覗...
芸術は「喪失」と引き換えに【心の奥に落ちた一言】... 高橋源一郎の人生相談を読んで、今までもやもやしてたことがすっきりと「落ちた」ので、忘れないように書いておこうと。 相談自体は同世代の女性からで、 公私ともにパートナーだった人に新しく恋人ができ...
お誕生日返しを考える【自分らしい「お返し」ってなんだろう】... 3/22に自ら主催した「お誕生日ライブ」 たくさんの人に(無理やり)祝ってもらって、プレゼントも頂いた。 ああ、生きててよかったなぁと思ったもんだ。 そのあとも、ちょくちょく「誰...
どっちもは、無理って話。 僕は近視だ。 遠くのものが見えない。 中学校くらいからメガネ生活。 どんどん進んでいって、0.0なんとかまで悪くなった。 割と大きな目をしてるんだけど、使い物にならない。 &nb...