アサデスに出るデス、の巻

ある日のこと、幼稚園のママ仲間から一本のお電話。

「KBCの人が、家事をするダンナさんがいるお宅を取材したいって探してるんだけど、エミちゃんち、どう?」

【家事シェアのすすめ】という特集らしいです。
福岡県は、男性の平均家事時間が、1日4分!
全国都道府県でも最下位だそうで。

その夜、残業から帰ってきた夫に尋ねてみると、
「いいっちゃない? これも経験。話のタネにもなるし」
と、割とあっさり了承。
いい感じにお酒も進んでいたころだったからかもしれないけど(笑)

翌日、ディレクターさんから「ぜひお願いします」とお電話
その翌日、ディレクターさんが下見を兼ねて打ち合わせのため来訪
その翌日、撮影(PM3:00~6:00)
5日後、放送

という、なかなかスピーディな展開でした。

当日の朝、息子(ピッカピカの1年生)にテレビの取材が来る旨、発表すると、
「えええええーっ!」
うん、驚くよね(笑)

で、昼ごはんを食べたあと、
「テレビやっぱりイヤだー」
みたくゴネだした。うん、わかるよ、寝耳に水の話だもんね。

「メインはおとーさんで、君とおかーさんはおまけだからさ」
という私の説得は撃沈し、夫が何かうまいこと言ってその気にさせる。
「・・・おれ、キンチョーするけど、テレビちょっとうつりたい」。
うんうん。

3時ちょうどにディレクターさん、撮影クルーなど総勢5名が狭い我が家に来訪。
カメラや音声マイク、この家に入ると超でかく見える。

それで、

・スーパーでの買い物から帰ってくる父子
・おとーさんが仕込んだタネで餃子を包む母子
・鶏ハムを作り、カツオのたたきと薬味を準備し、サラダの野菜を刻み、きびなごを揚げ、餃子を焼くるおとーさん
・子どもの爪を切ってやるおとーさん
・交代でアイロンをかけるおとーさんとおかーさん
・洗濯物とふとんを取り込むおとーさん
・おとーさんが料理してる間に家計簿をつけるおかーさん

・・・・などなどが撮影され、
夕ご飯を囲んで「いただきまーす」とひとしきり食べたところで、
リポーターさんからのインタビューになった。

(こーゆー食卓になりました。)

 

計、約3時間。
放送予定はわずか2,3分なのに、テレビってコストかけるんだなー。
メインでご活躍の夫は、撮影終了後、さすがに魂が抜けてたね。
至近距離でカメラになめられながら人参切ったり、
「(餃子のフライパンの)蓋をあけるとき、言ってくださいねー」
と狙い撃ちされたりする経験、普通ないもんね。
息子はコーフン。

面白かった。ほんとに、これも経験。

印象的だったのは、スタッフさんたち、みんな優しい。
こちらの負担にならないような気遣いや、
子どもの緊張をほぐすような声かけ、
撮影前後の丁寧なメール、お電話など…

「餃子を包む息子を撮るスタッフさん」を撮る私。

ほら、スタッフのみなさん、一様にあたたかい表情。

以前、蒋さんの中華パン「福慶」で偶然、撮影に立ち会ったときも、スタッフさんたち感じよかった。

たとえばテレビとか・・・大企業とか・・・政治家とかも・・・
何かと「悪者」にされがちだけど、
現場には、血の通った「人」がいるんだよね。

もちろん、改善すべきところ、指摘すべきところもあるでしょう
健全な批判精神は大事ですが
一面的なものの見方で、「これはダメ」と全部を切り捨てちゃうような
排他的な人間になっちゃいかんよね。

「これはダメ」「あれが悪い」
って決めつけちゃうのは、そのほうが楽だからだろうね。
決めつけたら、それ以上、考えないですむから。

「ここはダメだけど、ここはいい・・・
ダメかもしれないけど、いいかもしれない・・・
いいところもあるけど、これは言わなきゃ・・・」
みたいに、検討の余地、交渉の余地を残し続けるのは、
エネルギーや知性や根性が必要なんだよね

・・・って、なんの話だった?

えーと、
放送前夜、担当ディレクターさんから電話がかかってきて、

「社内でVTRを見たところ、
“夫さんの家事能力が高すぎて、平均的ご家庭の参考にならないのではないか?”
という意見がありまして・・・」 と言われる。

ははは。だよね。
それで、「今から家事シェアを始めるご家庭にアドバイスないですか?」と言われ、
コーナーのラストに追加されました

すなわち、
1.ギリギリまでやらない
(妻が。ええ、私いつもぐうたらぐうたらしてます)
2.担当を決めすぎない
(担当外の家事を他人事にしないため)
3.やり方に干渉しない
(私もされたくないので・・・)

の3か条。

コーナーの冒頭で、「主な家事一覧表」というものを、
道ゆくご夫婦にどちらがやるかチェックしてもらう場面がありました。

妻がやっているものは赤く塗り、夫がやっているものは青く塗り、
両者がやっていれば赤と青で半分ずつ塗る。
映らなかったのですが、我が家も事前にやったのですよ。

たいてい、「いかに夫が家事をしていないか」が見える化される・・・
つまり、表が真っ赤になるそうですが、
ええ、我が家の場合、床屋のサインか、フランスの国旗かな?
ていうぐらいに、赤と青が均等に・・・

「いかに夫が家事をしているか」が見える化され、
そして「私(しかも専業主婦)がいかに楽してるか」も見える化され、

「このオンエアを見る夫の両親や親せきはどう思うのだろうか・・・」
という不安に駆られましたよね。
数日後のGWに、夫の実家に行くのですが、大丈夫でしょうか・・・


(「ほんとのことだから、しょーがねーだろ!」by 息子)
(だからといって心を入れ替えて専業主婦らしく家事に励んだりしないので、これからもよろしくお願いします >夫へ)

というわけで、
めんたいワイドとアサデス、福岡の看板番組に出演を果たし、
次はドォーモか・・・はたまたロンプク淳か・・・と手ぐすね引いて待っております(←ねーよ)

 

【308号室】エミの moonshine 離れ





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

映画『ドリーム』 私たちがNASAに雇われたのは、眼鏡をかけているからよ... 映画『ドリーム』 すごくよかったです。 1962年、「人類が宇宙に飛び出す計画」に携わっていた3人の黒人女性の物語。 魅力的な女性たちが奮闘するわかりやすいサクセスストーリーであり、家...
今さらですが、『ゆとりですがなにか』全部見ました。... 最終回のラスト近くで、山路が子どもたちに向かって 「人の失敗を許せる大人になってください」 と言ったとき、ああ!と思った。 そうか。そういうことだったのか。 思えば数々の失...
【彼女たちのコトバ】 AKB総選挙(上)... AKB総選挙、毎年見ちゃいます。 これほど生々しい言葉・・・しかも若い人の言葉が次から次に聞ける機会って、なかなかないものです。気持ちをうまく言葉にできない子もいるし、敢えて隠したり演じたりする...
来春の朝ドラ『とと姉ちゃん』相手役キャスト予想ダービー... 平成28年度前期連続テレビ小説、いわゆる“朝ドラ”『とと姉ちゃん』の主要キャストが、先日発表になりました! NHKドラマの2枚看板、朝ドラと大河には、名作・迷作、秀作・珍作いろいろありますが、キ...
石川竜一「okinawan portraits 2012-2016」@三菱地所ア... 福岡にもついに台風がやって来るという話だったけど、やっぱりわかんないもので、いたって静かな朝が来ていた。電車もバスも通常通りに動いていて、夫はよどみない足取りで出勤していった。 さあ1日、息子(...
博多座でスーパー歌舞伎「ワンピース」を見て猿之助さんと握手したよ!!... 2016年4月某日、博多座に、スーパー歌舞伎『ワンピース』を見に行きました。 ワンピースって、そう、あのワンピースです。 主人公のルフィーを演じ、舞台の演出も手がけたのは、 大好きな亀ちゃん...
追悼、野坂昭如~もうひとつのトラウマ作品... 野坂昭如、逝去。   私(昭和53年生まれです)以下の世代では、圧倒的に『火垂るの墓』の印象が強いと思うんですが、私にはもうひとつ、彼の小説で、トラウマ級に衝撃を受けたものがあり...
FBS「めんたいワイド」の収録に居合わせちゃったーぃ!... 新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。   さて。 ウッキウキーな2016年、いきなり面白いことに出くわしたので報告いたします。 さる1月某日、冬休み...
福岡乙女カメラ部 『Bless -10th Anniversary-』... 福岡乙女カメラ部 が年に一度やっている写真展を見に行ってきました。 今年のタイトルは『Bless -10th Anniversary-』 そう、10周年なんです。すごい! 企画展示...
独断と偏見によるドラマおすすめ、2016年1月期編... どうも。『真田丸』が面白くてご機嫌麗しい大河オタクです! 真田丸のことを語り始めると1万字くらい必要なのでおいといて・・・。 ドラマ『掟上今日子の備忘録』をやっと見終わりました。 ...