ELLE:エル:感想【やっぱり男は消耗品である:変わらないねバーホーベン監督】

 

ELLE:僕の周りの評判が真っ二つだったので

監督がポールバーホーベン(大人の女のバイオレンスが大得意)、原作がベティーブルーを書いた人。そりゃ想像つくよね。賛否両論。

主演のイザベルユペールなんて久しぶりに見るし、何しろこれは80年代のフランス映画の香りがする。というわけで観に行った。

しかし、なんでこれKBCシネマなんだろう。最近多いなそういうの。普通のシネコンでかかってていいような感じの。
劇場はまあまあいい感じの入り。

 

しょっぱなから激しいレイプシーンでつかむ。
隣のおばさまたち三人組の反応が気になるところ。

猫はやっぱり役立たずだし、全てを見てるんだなあ。

 

わかりやすい変態ぽさはあまりなく、馬鹿な男どもを手玉にとる女という図式自体も古い。
つまり映画としてのキャッチーさはそこまでないんだけど、

全員が少しずつ、「ここまで」の線を超えてる。
ハアハアになっちゃう男たちは「セックスしてえ」ていう高校生から変わらない。
品定めをした上で自分を撒き餌にする女の子がそのまま大きくなったような大人の女。

全員が少しずつ欲望に素直すぎる。
そこが見ていて清々しい。

 

ELLE:イザベルユペールの脱ぎっぷりが素晴らしい

もう相当な年齢よね?
文芸作品に出る大御所っていうイメージだったけど、今回は殴られ殴り、裂かれる。

最初のレイプシーン、何度か繰り返し使われるんだけど見るたびに「これをやる!」って行った女優と「これをやれ!」といった監督に頭がさがる。

だってさ、バーホーベンだよ?腑抜けた大作ばっかりで、クローネンバーグほどの変態性もない、雑な監督だよ?その人の作品でここまでやれるのはすごいし、描き切ったバーホーベン!すごい!

やられちゃった後、「あ〜あ、メンドクセェ」てな感じで宅配ご飯を頼んだり、元夫に嫉妬してバンパーぶっ壊したり、レイプされたっって事実をあっという間に過去にする力。
ま、それはそんな段じゃない「過去」に縛られてるからかもしれないけど。

とにかく裸の美しさ、かっこよさ。
6パックに割れてるとかじゃない、自然なかっこよさ。
そしてコートを着た時にまた更にかっこいい。

黒い下着でもコートでも裸でも、立ち姿がかっこいい。
そういう役で、そういう役作りをしたんだろうなぁ。

 

ELLE:モラルは強制されるものではない

主人公の息子の優しさ=馬鹿さ加減が相当笑えた。
この映画はコメディーでもある。

不道徳祭り、というべきか。

息子の嫁、あれこそが僕が「女の子」に持ってるイメージです。ごめんなさい(笑)
そして、あの顔、好きです。
ヒステリックで、挑発的で、でもなんとなく落ち着いてる時もあって。
行動に意味がなくて、でも愛するものには命をかけて。

それに振り回されるしかない男、サイコーにかっこ悪い。

 

ベッドに射精するおっさんと、隣の旦那見ながら自慰するおばさんと。
欲望に素直だ。
やりたいことをやるだけだ。

社会的制裁が度を越した感じのある今の日本。
社会的制裁なんて、個人に向けられるものじゃないだろう?

やられたらやり返す。やられた人がやり返す。
それが個人的制裁。

一億総釣り仕上げ社会よりかは、仇討ち社会の方がまだ健全な気がする。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ムードくんと一緒@gigi【最鋭輝モッキーさんととんちピクルス】... さてさて!2017年3度目のモッキーさんの来福。 そうなると「盛り上げ隊」であるところのタルジも活動するのです。 個人的には活動休止中なんだけどね。 前回のレポートはこちら。重なるところ...
うたかたの日々:ボリス・ヴィアン【今更だけどやっぱり気になる、現代における最も悲...  うたかたの日々/ボリス・ヴィアン:フランスかぶれ 20歳。 僕は大学を辞めてデザイン事務所でアルバイトをしながら、いつくかのバイトを掛け持ちしていた。 その中の一つ「輸入レコード&レンタルレコ...
博多駅の真ん中で起きた奇妙なこと【納涼:呪いのチューナー】... こないだのライブでのMCから。 博多駅で黒いチューナーを拾った。 人がたくさん行き交う中、ポツンと、落ちていた。黒いチューナー。 人生でチューナーをなくしたことは数十回。 カポタストを...
音楽活動をやめて十日間。ブログを読んでくれてるひとに励まされてます... やめて十日って(笑)別に普通やん。 19日にラストライブをやって、そのあとすごいライブを何本か見ました。 そして、写真を撮ったりし始めた。 曲を提供したりもした。 カレーやミートソースをつ...
重蘭最終回@キャバーンビートその2【重。の重たいラーメンを食べに】... さて、重。である。 このイベントの目玉でもある「重。ラーメン」をいただく。 重。のボーカルでリーダーでイベントの仕切りもやるあやみ嬢特製だ。 重たい愛がたっぷり入ったラーメン調理中 ...
カフェで生音BGM:ライブペイントの横で... 活動休止中の活動、というのは変な感じもするけど。 新しい活動のための「種まき」と「肥料作り」というニュアンス。   最近活動的になってきたポン子。 ライブペイントをカフェでや...
大忙しの1月。ちょっとはブレーキかけないとダメだよな〜... 1月。前半から割と予定が詰まっていたんだけど、後半のバタつき加減はちょっと危機的だった。 「サニーおじちゃんは、何して食べてるんかな?」と思われてる人がいるようですが、きちんと働いてますよ(笑)...
大森靖子:MUTEKIを聴いて【音楽は魔法ではないかもだけど、僕の人生は音楽のせ... このところ「思秋期」に悩まされ続けてる。 ティーンの頃に抱いていた不安とかいらだちとか、自分に自信がないことや、手に負えない承認欲求や夜になる襲ってくる「恐怖の波」に。 52歳にもなってまた、飲み...
ゲリラハウスオープンマイク【ラス前のfeelin gooooooood】... ゲリラハウスでのオープンマイク。 僕にとっての「JAZZカバー修行の場」だった。 昨日、ようやく、見えた景色があった。 ニーナシモーンの「feelin good」を歌いたくて。ずっと練習した...
千年夜市@清流公園【マイエンジェル・ノーモアキス】男と女の熱い夜... 秋の雰囲気たっぷりの、千年夜市。 先々週中止になったこさいみなみとのライブ。長かった夏の終わりのライブ。 今年の春よりすごく規模が大きくなってる! ステージも。お店の数も。 &...