大森靖子:MUTEKIを聴いて【音楽は魔法ではないかもだけど、僕の人生は音楽のせいで魔法のようです】

このところ「思秋期」に悩まされ続けてる。
ティーンの頃に抱いていた不安とかいらだちとか、自分に自信がないことや、手に負えない承認欲求や夜になる襲ってくる「恐怖の波」に。
52歳にもなってまた、飲み込まれてる。

  • 周りを見れば楽しそうに見える
  • 自分以外は誰かに必要とされてるように見える
  • 自分は価値がないように思える

まさに思春期(笑)
昼間は特に問題ないんだ。
でも夜がいけない。
睡眠薬で強制終了捨日々。
それも最近、少し聞かなくなってきた。

自問自答のループに入ると出られなくなる。
羊だってもう、飛ばないよ(笑)

 

男性更年期というものがあるらしく、でもそれって調べると「ストレス」「喫煙」「深酒」「メタボ」などから誘発されるらしい。うーん当てはまらないかなぁ。
ストレスについてはちょっとある。秘密だけど。

緩やかに減少するものだけど、強烈なストレスがくると一気にホルモンが減り、元のレベルに戻るのはかなり困難らしい。

男性ホルモンの低下に伴うもので。
「そーかー僕にも男性ホルモンがあったのかー」と不思議な気持ちになった。

一番陥るのが

  • 物事に「価値」を見出そうとする
  • 自分に「価値」を見出そうとする

という罠らしい。
ああ、当たってるわ。
価値なんてそもそも自分で感じられるものじゃないし、誰かの物差しでその日の気分で図られるもんだよなぁ。

 

 

 

そんな時、届いたのが超歌手:大森靖子のCD(+ DVD)

MUTEKI

前作「kitixxxdgaia」からのインターバルの短さも凄い。この人も鬼にように働いているんだろうな。

新曲は先日シングルで出した後、このアルバムにも新曲が入ってる。
それ以外は全部一発どりの雰囲気満載の、弾き語り。
マイク一本を立てて録ったような音色。
ギターの弦の音。
ボディにピックが当たる音。

プロなんだからあたり前とはいえ、そのクオリティの高さにびっくりする。
カッティングが凄いとか、正確だとかじゃなくて。
歌を歌い、ギターで伴奏する。
ただそれだけのことが本当に難しいことがわかる。

 

超歌手「大森靖子」は飲み込んだものを、作品に昇華する。
凄いなぁ。身体中、心中痛いだろうなぁ。
こんなおっさんを泣かすんだから。あ、そうか今僕はおっさんだけど「14歳」くらいの精神状態に戻ってるんだ。更年期で。

裸の歌がゴロゴロ転がっていて、仕事中にBGMに聞けない。

大人だから金にものを言わせて「DVD付き」を買った。
こないだ見たツアーのライブ映像。
ちょこっと見ながら仕事しようと思った。

無理。

心を一つになんてファッキュー
ファックオールにするから戦争なんでしょ?

私に生きる意味がないとお前が決めるなさっさとアーメン

なんて歌う彼女をみると、あのライブのぞぞぞぞぞが蘇ってきて。
困ったなーせっかく買ったのに。

 

僕は本当の気持ちを歌にするのが怖い。
それを歌うのが怖い。

歌の中では誰かになりすます。
歌の主人公に語ってもらう。悲劇を。

これは僕じゃないと思いながら歌わないと、帰ってこれない。
心の闇が曲に出ちゃうと、自分で歌えない。
だから大森靖子のように作品のそこかしこに彼女が潜んでる、もしくは矢面にいる歌を聴くと泣ける。

 

自分探しの旅とかいうバカげた遊びは大嫌いだけど、でも自分らしさを見つけたいと探してる。

 

自分というものがわからないと言ったら

「ちゃんと持ってるじゃないですか」

と言われた。

「え?」と思った。

「ただの視点の違いですよ。ないように感じるのは」と。

 

最近、映画を見て音楽を聴いても泣くことが多い。
心が弱ってるからだ。
もう、何も入らないから溢れてるんだと思ってた。

思ってたけど、もしかしたら、反応するアンテナの本数が増設されたのかもしれない。
ここ数年のいろいろが経験になり、想像力が増幅され、ビビビッとくるのかも。

秋だから。不定愁訴だから。
なんせFALLだもんね。

みなさん。どこかのライブハウスとか、CD屋さんとか本屋さんであったら、普通に声かけてくださいね(笑)

あ、中洲のいかがわしい風俗店の待合室で出会ったら、お互いに知らんぷりしましょうね(笑)

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら