音楽活動をやめて十日間。ブログを読んでくれてるひとに励まされてます

やめて十日って(笑)別に普通やん。

19日にラストライブをやって、そのあとすごいライブを何本か見ました。
そして、写真を撮ったりし始めた。
曲を提供したりもした。
カレーやミートソースをつくったり、
体調を久々にくずしたり、今も気管支がやられてる。

でもなんか、新鮮なんだよね。

次のライブのために、何かをする。
それが終わったらまた次のライブっていう感じがずっとつづいていたから。

 

見たかったTV「スクリームクイーンズ」を見たり
リビングでレコード聴きながら文章書いたり

仕事はほんと大変で365日気を抜けないんだけど。
それはみんなそんなもんでしょう??

 

休止の理由がいくつかあって
ここではかけない悔しいこととかもあったり(そっちのが多いか笑)

自分に価値がないんじゃないか病がおきてる時に(笑)、立て続けにいろんなひとにそんな目にあわされて凹んでた。

もーやだ!やめる!(笑)

 

でも最近、僕の書いてるブログ(これね!)で「やる気がでてきます」「あの時のブログ記事で、やっぱり頑張っていこうと思ったんです!」っていうメッセージをもらったり、直接言ってもらったりすることがたくさんあって。

あと、写真が好きだと言ってくれるひともいて。
あれ?こんなに自分は「だれかの好き」になってたのかな?と今更ながら思ったり。

 

僕は好き勝手に思ったことを書くだけで、誰かを応援してあげようなんていう大それたことは考えていない(てか、自分で自分をまず応援しろよ!笑)

ただ、いいなと思ったことや、感動したことはちゃんと書いていきたいなとおもってライブレポートを書く。

インターネットという誰もが目にするところで、文章を書くことについて自分でルールを決めてる。

  • アドバイスは聞かれるまでしない
  • これはこうしたほうがいいぞっていうことは、周りに人がいないところで直接本人にいう
  • ここは良かったという点はきちんとかく
  • あくまでも個人の感想です、という節度を守る

ってこと。

よかれとおもってでも、注意やアドバイスを公の場ですることを僕はいいとは思わない。僕が若かった頃そんなこという大人は嫌いだった。
自分でわかってるんだよね、ほとんどの表現者は。うまくいかないところやその理由を。

本当に信頼してるひとにしか言って欲しくないし、反論できないネットでの批評や批判は「いじめ」に感じる。「知る権利」をふりかざすごく一部の人たちのように。自由をはきちがえたごく一部のひとたちのように。

怒りや反感、むっとする気持ちをつついてビュー数をあげようとする「釣り記事」はかかない。

 

だってね。自信満々(風)にステージにたってるからって、どんな批評でもしていいとは思わない。
こうしたほうがいいよ、ていうことは、本人にだけ伝えればいいことだし。実際ぼくはライブ終わるたびに「もうやめよう」って落ち込むばっかりだったよ(笑)

 

批判したり、シニカルなことを言ったりするのは、ときどき「自分が偉くなった」ような勘違いを産む。それはとても怖いこと。

 

 

今までは対バンだったけど、これからはお客さんだからお金がかかっちゃうけどね(笑)それでもいきたいものにはいく。

音楽が真ん中にあるひとの音楽が好き。

 

またこれから、ときどき書かせてもらいますね。ありがとうみなさん。
勇気をもらってるのは僕のほうです。

あ、あとねこれからいろいろ写真撮りたいなと思ってます。
ライブだけじゃなく。

もしかしたら「撮らせてください」っていうかも。そのときはもしよろしければ。顔が途中で切れてたりする写真が多くなるかもだけど(笑)

撮影依頼も大歓迎です。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら