カフェで生音BGM:ライブペイントの横で

活動休止中の活動、というのは変な感じもするけど。
新しい活動のための「種まき」と「肥料作り」というニュアンス。

 

最近活動的になってきたポン子。
ライブペイントをカフェでやる。
そのお供をするという「種まき」。

これはどちらかというと「チャレンジ」に近いかな?

 

絵を描く人の横で弾く。

歌がメインではなくて。
カフェでの演奏、バーでの演奏も視野に入れながら。
でもそれは「食事するため」「飲むため」「楽しく話すため」「静かに本を読むため」の音楽。楽しいことの隣に小さな音楽を添える、というテスト。

 

ライブ!というのではなくて「生BGM」。
ピアノなどではあるけれど、ギター弾き語りではあまりない感じがする。

 

海外の映画のバーのシーンとかで、カウンターでは話が弾んでて、テーブル席ではご飯食べてて、ステージでは音楽をやっていて、その間をウエイターが歩いてる。
曲が終わって拍手する人もいれば、ちらりと見るだけの人もいる。気付かない人もいる。

そんなシーンを作りたい。

JAZZのカバーを練習し始めたのも、そういうシーンを作りたいから。

 

音楽は、ほとんどの人にとって「一番需要なもの」ではない。
でも、ベストテンにはかなりの率で入ってる気がする。

生の音楽を聴くと、嬉しいと思う人もいる。でもうるさいと思う人もいる。「うるさいなぁ」という気持ちもわかる。

 

その人のそばまで行くけど、触れない。
そんな音楽のあり方ができないだろうかなーと。触りたかったら、触ってくるに違いない。

 

そんな「日常の隣の音楽」の探求に力を貸してくれてるのがポン子。

 

彼女とセットで動くのは楽しい。
彼女が小さな絵を描き、僕が小さな音を鳴らす。

 

先日はShoin Cafeというところでライブペイント&演奏をした。
ポン子はすこーし大きめの絵を描いてる。

西の魔女の薬草茶 よもぎチャイ

 

迷いがかなりなくなったんじゃないだろうか?ぐんぐん調子が上がってきてるような気がする。
たった一人で始めた新しいこと。

ポン子はすごい。尊敬する。
そういえばポン子との再会も「圭子さん」の巡り合わせだった。

 

僕も少しだけ歌わせてもらった。
生声、生ギターで。

 

発せられて、消えてゆく音。

 

今、目指してるのはそれ。刹那。

Shoin Cafeは白い魔法だった。すごく素晴らしい場所。もうすぐなくなるのがさみしい。

 

 

彼女のおかげでミラクルが起こった。

数年前に知り合って、少しだけ交流して。
なんとなく疎遠になってしまった人がいて。

なんとなく心の中に引っ掛かりが残ってて。(それは多分に僕のせいなのだけれど)
その人と、再会できた。

偶然にも。なんか、人生にはタイミングってのがあるんだ。

 

僕はその人への失礼をお詫びすることができた。

 

何かを諦めたり、何かを始める準備をしたりして
新しい動きになると、風景がガラッと変わっていく

新しい風景は怖い
でも、見たい景色があるから。

 

ポン子と一緒にできて嬉しい。
新しい景色を見せてくれる。
勇気を見せてくれる。

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

2017年、東京の風景。小沢健二が気づいた間違いと、年をとるということ。... LIFEで弾け飛んだ後、小沢健二は 球体の奏でる音楽 Eclectic 刹那 毎日の環境学 なんていう模索CDをぽつぽつとだし、僕はそれを全部買って、田口商店に売った(笑) あ、球...
52歳の崖っぷち【咳喘息って知らなかった】... 今年になって、ほんと体調不良。 微熱は続くし、飛蚊症にはなるし。 一番きついのが咳。 小さなころ、記憶はないけど「小児喘息」だったらしい。 あと、小児肝炎で一学期間、学校にいけなかった...
自信をなくしたり、また、盛り上がったり... 眠れなくなってから一ヶ月。 微熱が続き始めて3週間。 ゴールデンウィーク明けから仕事も音楽も、ものすごいバタバタで 日々消耗していく中、回復せずに。 去年の五月にキャバーンビートである...
PANTAがキャバーンビートにやってきた【ノスタルジーであるべきだったのに】... 大学生の頃聞いたPANTA&HALのレコード。 それからもう何年? 時代を検証し、情熱を作品にする。 パンタのレコードを聞くといつも何かを勉強できる。 地上波やBSでは伝わってこな...
歌姫たちの背中と横顔:04【中島晴香の震えるノドと宙を舞う指先】... 中島晴香【シリーズ:歌姫たちの背中と横顔:04】 正式には、たった一度のサポート。 その他時々ゲストにきてもらったりしてる。 スタジオに入ったのは2回? たったそれだけ。 その濃密な...
六本松再開発:ツタヤ・スタバ偵察【あっしにゃどうも腑に落ちねえ点があるんでぇ】... 六本松の九大跡地に、複合施設ぽいのができてる。 科学館は10月オープンらしくまだだ。 で、僕はいかなかったのだけど、息子が偵察に行ってきたので話を聞いた。 スタバと、ツタヤと、雑貨屋さん...