アメリカンホラーストーリーが大好き!【マイノリティに光を当てる】

最近、洋物TV番組のクオリティーが高いよね。

古くはツインピークス、X−ファイルから。
レンタルDVDでもドラマのコーナーがすごく場所をとってる。
映画監督や製作者ががっつり噛んでるものも多いし、予算もすごいみたい。

なんでもハリウッド離れをしてる映画作家が増えてるらしい。
予算の大きなシリーズ物とかしかなくて、新しいアイデアには見向きもしないから、らしい。

25年ぶりに新しいシーズンが作られてたツインピークスのデヴィッド・リンチもそうだろう。TVドラマに可能性を見出してる人は多いんだろうね。

 

特に最近好きなのは

アメリカンホラーストーリー。

血みどろのシーンが続くエンターテイメント。

SAWのシリーズみたいに、精神的にくる感じのホラーは面白いと思ったことがないんだけど、このシリーズは本当にガーリーなディティールが満載でたまんない。

ナース、メイド、レース、ゴシック、サーカス、閉鎖病棟、魔女、呪術。
そして美少女と美少年。

肝心なのが、美しく強い中年女性。

 

今第六シーズンがアメリカではあってるらしい。

 

ジェシカ・ラング、キャシー・ベイツはじめ登場する役者さんが本当に素晴らしく。ものすごいアクション、大声をあげ暴れまわることも、ほんの少しの眉の動かし方や、唇の動かし方で感情を表すミニマムな演技まで、本当に感心する。

さらに重要なのは実際のダウン症の女優さんや、いわゆる「フリークス」と言われ、差別される側、マイノリティー側の「仕事の場」になってること。

ドラマのストーリーでも、人種差別描写が抜かりなく。
差別の歴史を体感してきたアメリカ人ならではの表現になってる。

 

アメリカンホラーストーリー:ファーストシーズンは「HOUSE」

過去や現在を行き来するストーリー展開はこの後のシリーズも続く。
ラバースーツ、セックス、メイド。
ケーブルTV番組ならではの倒錯した世界。

 

アメリカンホラーストーリー:セカンドシーズンは「アサイラム」

僕はこれが一番好き。エクソシズム、ナチスから連続殺人犯、そしてミュータントからエイリアン。なんでもありのめちゃくちゃ感あるけど、一話一話の完成度がすごく高い。

 

アメリカンホラーストーリー:サードシーズンは「魔女団」

サードシーズンと次のフォースシーズンはDVD化されてない。すごく残念。配信で見てる。まだ見終わってないけど、「魔女」だもん。
よくないわけがない!

魔術と呪術。黒人と白人。奴隷制度。
スティービーニックスは魔女だったらしい(笑)本人が出演する。

もうすぐ見終わっちゃう。

 

アメリカンホラーストーリー:4thシーズンは「怪奇劇場」

とうとう来ました。サーカス団。行き着くところまで行ったフリークショー。
早く見たい。

 

アメリカンホラーストーリー:5thシーズンは「HOTEL」

レディガガが主演ということで、DVD化されてる。
でも見てる途中でレンタルショップが閉店して。

またツタヤで借りなおそう。

これは衣装や小道具がすごくゴージャスで素敵!

 

アメリカって国は本当大嫌いだけど。
アメリカの文化と、「歴史を隠さない」ドラマや映画があるのはやっぱりすごいと思う。

「かわいそうな人たち」としてマイノリティーを保護しようという考えの裏で「差別」するこの国とは大違いで。
美しいこの国には「差別なんてない」と胸を張る気持ちの悪い人たちがいて。
劣っている人たち、弱い人たちの「自己責任」を追求する大衆がいて。
本当に気持ちの悪い日本という国。

 

それよりももっとアメリカは嫌いだけど(笑)

 

マイノリティーだろうがマジョリティーだろうが、

  • 私利私欲のために動き
  • 自分と、自分の愛する者のためだけに動き
  • プライドをもち
  • 偏見を持ち
  • 自分を抑えようと必死で、でも抑えられず
  • 人を傷つけ、自分も傷つけ

そうやって生きていく様を見せることによって

「あなたと私は変わらない」

そういうメッセージを投げかける。そこは素晴らしいと思う。

 

毎回、血の雨が降るTVを見ながら、僕は「誰もがおなじ」という気持ちになって、心が洗われる。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017

 

 

 

 

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

第43回ワークライフバランスプレゼン勉強会:その1【ライブは会議室で!】... 第43回ワークライフバランスプレゼン勉強会(2017.11.19) いやはや、寒かったですね。 ギックリ腰にはキッツイ日ですわ。 と、お天気の話から入るのは会話の常套句と言われてます。つまり...
二年ごとにやってくる魔の時【iphone機種変更】... i-phone。スマホ。 生活になくてはならないレヴェルにある。 LINE FB は特に。 仕事でも使うので一日中見てる。   数ヶ月前...
味のかつえだ〜世界一甘いんじゃない?極旨の脂〜... 「かつえだ」のとんかつ。もう何十年前から通ってるんだろう。時々無性に食べたくなる! この日も、急に食べたくなって出発。 先日、「特上ロースカツ」を頼んでみたんだけど、これがもうヤバい(笑) ...
大濠公園とジャズ、中洲ジャスと萠珈。うるさいよ音楽よ。... 土曜日の午後。 9月22日にやるライブの練習を「大濠公園でしましょ〜」との連絡が入る。 ギターとピアニカを持っていく。 相手の方は●●●●●●ーさん。 歌いながらぴょんぴょんと飛んで行って...
馬出ブローイン:いびつな大人たちと清々しい青年の宴... 馬出ブローイン。毎月出させてもらってる。 オリジナルだけで勝負するこの場所。 三連休の真ん中10/9 5人の出演者がいて、僕は年齢的に三番目、真ん中。 なんか、落ち着く。 そして、試...
area coffee【写真展とペイント作品を見に】...   ポン子のライブペインティングでBGMギターを弾いたお店。 実は昔、サルーイベントで「流し」をやったこともあるんだと、思い出した。 area coffee。 今日は...
ビック鯛はのぼる@サンセルコ【こんな食堂車だったら旅も楽しいはず】... 博多駅からの帰り道。 お昼ちょっと前。 なんか食べたい。 そう思いながら自転車をこいでる。 いろんな看板が目に入るけど、うーん。ピンとこない。 財布の中のクーポンを見るけど、うーん。...
大忙しの1月。ちょっとはブレーキかけないとダメだよな〜... 1月。前半から割と予定が詰まっていたんだけど、後半のバタつき加減はちょっと危機的だった。 「サニーおじちゃんは、何して食べてるんかな?」と思われてる人がいるようですが、きちんと働いてますよ(笑)...
倉敷へ。その4【一晩寝て考えた。欲しいもの】宇宙を首に、時計を指に... 倉敷でお買い物:作戦会議 朝ごはんをホテルでたっぷり食べながらいろいろと話しあった。 持ち金がいくらで、欲しいものはどれか。 一番欲しいものについて 今欲しいものについて ...
オタクについて考えてみた【議論02:オタクは性犯罪者に見られるのはなぜか】... クリスマスの息子との議論シリーズ。 今回は「オタクと性犯罪」 医大生だったかラガーマンだったかの婦女暴行事件があった。 いろんな人が性犯罪を犯してる。 ラグビー部の人を見て「あの人、性...