プラネタリウム:感想【ナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・ディップの美しい襟や袖を愛でる映画】

 

プラネタリウム:ニセモノの能力?ニセモノの笑顔?

ざっくりとした内容はこんな感じ。

1930年代、パリが最も華やかだったとき。
アメリカ人スピリチュアリスト姉妹のローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへ。

姉のローラ(ナタリー・ポートマン)はショーを仕切る野心家。
フランス語も学び、チャンスをつかみたいと願い、行動する。

妹のケイト(リリー・ローズ・ディップ)は好奇心旺盛で純粋。「みたいものを見せる能力」があるようだ。

降霊術では死人を呼び、観客と話をさせたりと、話題の美人姉妹として活躍していた。

そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、

「世界初の心霊映画を撮影しよう」姉妹と契約する。

彼女たちの「能力」は本物?
超自然現象をフィルムに収める事ができるのか?

 

まあここに、恋愛沙汰やらの「人間味」と、人種問題やらの「戦前感」が足されていくんだけど、もう、主演の二人の衣装が素敵すぎて。
時々ぼーっとなる。

 

 

プラネタリウム:期待はせず、希望だけ持って

ナタリー・ポートマン。レオンからもう何年だろう?本当に外さない女優。大女優よね。
泣くときの眉毛の形は変わってないんだけど。

美しく疲れた顔

これができる女優はあまり見ない。

 

映画女優としてずんずん進んでいく様は緊張感溢れる。
かすかに見える未来を手にしようと必死になる。

「期待はせず、希望だけ持って」というセリフの儚い事。

 

映画は前半の「ニセモノか?本物か?」というわかりやすさから、ユダヤ人、ゲイなどの差別的要素の後半に向け、ずんと重くなる。

 

でも家が自体が重たくならないのはリリー・ローズのおかげ。

 

リリー・ローズの映画は今まで三本見たけど、どれも全然違うキャラクターで。彼女は天才か(笑)

ヴァネッサもジョニデもどちらかというと「仮面芝居」をするタイプなんだと思うけど、リリー・ローズはその仮面すら見えない。

 

そこにディティールの美しい衣装が絡んでくるもんだから「着衣好き」にはたまらない(笑)

雪が降るシーンでのラッパ飲み雪合戦なんて本当に楽しい。ここをピークに持ってきてあとはまっ逆さまなのが、映画の作りとしては素晴らしい。

 

プラネタリウム:共感しづらいユダヤ人、同性愛的なものをあえて

最近、同性愛やドイツナチスを扱った映画がたくさん。ちょっと食傷気味になるくらい。
重ための戦争映画やナチス映画は見ない僕らでさえ目にする。

先日のシェイプオブウォーターもそうだけど、「戦争の匂い」をわざと描いてるんじゃないかと思えるくらい。

そんな時代なのかな。今は。

 

 

生きる事で精一杯でも、映画の中にはニセモノの星空があり、みんなの願いを受け止めてる。
プラネタリウムは夢でいっぱいだ。

 

 

ナタリー・ポートマンの役の「姉」は生きながらえて、みたいものを見せる能力がある(?)妹はそうはなれなかった。

悲しい話ではあるけど、楽しい映画でもある。

 

 

ただ、このビジュアルからくるイメージは全然違うので要注意。このシーン一瞬しかないし。
評判がよくないのも、宣伝の仕方じゃないかなぁ。

 

この記事を書いたのは

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ロマンチックに生きる【未来へのノスタルジーはファンタジー】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日の続き。馬出ブローインでの「川上健次郎さんと話す」の続編です。   ロマンチシズムはリアルの先にある 彼は僕が「リ...
スターウォーズ 最後のジェダイ【苦笑連続】でもね、気持ちはわかる... 僕はスターウォーズのファンではないです。 人間関係も相関もわからない。 でも前作の(あ、全前作か)フォースの覚醒がすんごい面白かったから、まあ、期待してみるよね。 http://myli...
パンク侍、斬られて候:感想【石井岳龍とクドカンのいいところが炸裂】... https://youtu.be/JuuAA3ihErY パンク侍、斬られて候:町田康が大好きな僕でも満足! 荒唐無稽な傑作小説「パンク侍、斬られて候」を映画化。 そう聞いて不安しかないのは、町...
RAW〜少女のめざめ〜感想【美しいフランス個人主義!かと思ったら】カニバリズムと... https://youtu.be/amqTotIRiEc   RAW〜少女のめざめ〜ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品 2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受...
プーと大人になった僕:感想【クリストファー・ロビンのその後】ユアン・マクレガーが... https://youtu.be/q9lmqnFmbcM プーと大人になった僕:ディズニー映画は嫌いだけど、プーは別格 クマのプーさん。 ちっちゃな脳みそのプーが僕をなかす理由は以前記事に書いた...
フロリダ・プロジェクト/真夏の魔法:感想【映画のような起承転結のないのがこの世界... https://youtu.be/BaXmtnKmUuk   フロリダ・プロジェクト/真夏の魔法:この「真夏の魔法」はいらんかったね あー。賛否両論、というより好き嫌いがあるやろね...
お嬢さん:感想【成人映画ならではの美しさと画力】... https://youtu.be/oeMQxa5qxA0 お嬢さん:変な日本語への違和感ですら愛おしくなる 原作は「このミステリーがすごい!2005」で1位を獲得したサラ・ウォーターズのミステリー...
シドニーホールの失踪:感想【芸術が人を殺す】誰にも言えないことを抱えて生きる... https://youtu.be/7HIBeTGrIU8   シドニーホールの失踪:静かに殴りかかる映画 いやあ、もう。完敗。 てっきりベストセラー原作の映画化かと思った。(だと...
ルイの9番目の人生:感想【やべえこの女!てのに引っかからないように】子役の凄さと... https://youtu.be/fnr66gy9rcM   ルイの9番目の人生;あらすじだけ聞くと「医療もの?」かと思ったり 9年で9度死にかけた少年少年ルイ・ドラックス。大変な...
欲望の翼:デジタルリマスター版@KBCシネマ... https://youtu.be/yyQu4NaaJMo   欲望の翼:僕の好きな「絵」は全てここにある VHSを持っていた。今はDVDを持っている。 でも映画館で見るのは初めて...