ワンダーストラック:感想【映画で語るべき物語】

ワンダーストラック:サイレントとソウルミュージックの時代

ジュリアンムーアなどのベテラン女優が「演技」で仕事をする。もしくは鮮烈なストーリーで、斬新なカメラワークで。音楽のチョイスで。

僕たちをびっくりさせてくれたり、ドッキリさせてくれたりするエンターテイメントが「映画」。でもこのワンダーストラックは「小道具」に圧倒される。

二つの時代を行き来する映画。

手法としてはありがちで新しくはない。そしてきちんと作らないと混乱を招くか、理解しようとしすぎて感情レベルまでたどり着かないか。

 

大まかな話は

1977年、ミネソタ。図書館の学芸員だった母親を事故で亡くした少年ベン。実父の事を知る機会を逃してしまったベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。ニューヨークにある本屋からのメッセージ付きの本のタイトルは「ワンダーストラック」

1927年、ニュージャージー。聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独。ジオラマを作るのが好き。憧れの女優(ネタバレなので言及しない)リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。

落雷により耳が聞こえなくなったベンは会ったことのない父を探しへ。
ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと向かう。

というもの。

 

大切なものに会いに行く、探しに行くという話は何度もなんども映画になり、つまらないものもあった。

この映画は二つのありふれた方法「2つの時代を行き来する語り口」「子供が自分を探し、見つけるまで」というルールに一見沿っているように見える。
ところが、最後まできちんと集中して観れるようにしっかりと作られてる。

 

 

ワンダーストラック:予告編では味わえない強烈な映像

まずはボウイの歌声と、子供たちの合唱で惹きつけらえる予告編。
僕もこれで「劇場で見よう!」と思った。

よくできた予告編だ。本編を見たくなるし、一番おいしいところはがっつり隠してる。しかも劇場で見なければ魅力は半減するだろう部分を。

何かを作るのが好きだったり、集めるのが好きだったり、博物館や展示物に夢中になれる人が見ると身体中がぞぞぞって、なる(笑)

 

ワンダーストラック:私はどこに属しているの?

博物館に行くと、多くの動物が「◯◯科」だったり「◯◯属」だと分類されてる。物言わぬ剥製たち。宇宙からやってきた隕石。化石。骨。
それらに触れながら僕たちはいろんな想像や空想を楽しむ。

耳の聞こえないローズは博物館に忍び込む。

子供の低い目線から見る、大人たち。警備員。
ここにいる人たちは私とは違う。
しゃべり、笑い、誰かと歩いてる。

ひとりぼっちの私はどこに属してるんだろう?と彼女は考える。

 

 

子役のいい映画は卑怯だと思う(笑)この映画の二人も素晴らしい。急に耳が聞こえなくなってイライラするベン。ずっと音のない世界で生きているローズ。

世界からずっと遮断された女の子を表情とちょっとした動きで演じるミリセントシモンズは本当に聴覚障害の女優。

お母さんに「実のお父さんのことは時期が来たら話すね」と言われていたのに、その名を聞くことができなかったベンはいらだち、眉間にしわを寄せ叫ぶ「聞こえないよ!わからないよ!」と。

二人とも「何に属してるか」を、自分のアイデンティティーを探してる。
この下りは序盤から中盤なのに、僕はこの時点でもうアウトだった(笑)嗚咽まではいかなかったけど(笑)

ベンに絡んでくる黒人少年も、泣かす。
最近「友達問題」に悩んでる53歳にはきつい一撃だった(笑)

 

 

ワンダーストラック:劇場で観て欲しい。大きな画面で、大きな音で。

どうしてこんな素敵な映画が、きちんと作られた映画が多くの人の目に触れないのだろう。どうしてKBCシネマで、短期間しかないんだろう・・・。

くだらない映画がシネコンを埋め尽くし、大人が見る映画はどんどん少なくなっていく。
適当な配役、ストーリー頼みの映画ばかりの中、「映画にするためにはこれくらい当たり前」って言われてる気がする。

ストーリーの面白さだけなら小説を読めばいいし、名優の演技があればストーリーはそこまで重要じゃないかも。漫画の実写化なんてまさにそうで「遺産で食ってるボンボン」にすぎない。

この映画はベストセラー小説の映画化という、あまり好きではないジャンルなんだけど、作家自身が脚本を書き、さらに「小道具ジオラマ」が感動を爆発させる。映像でなければならないこと、CGではダメなことを120%見せつけてくれる。

 

あ、ストーリーはほんと簡単で、多くはない伏線もきちんと刈り取ってる。主人公たち以外のキャラクターは説明不足なところもある。でも、それが気にならないくらいのラスト20分。

ああ、今年は本当にいい映画がたくさんだ。

 

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ロマンチックに生きる【未来へのノスタルジーはファンタジー】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日の続き。馬出ブローインでの「川上健次郎さんと話す」の続編です。   ロマンチシズムはリアルの先にある 彼は僕が「リ...
The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ:感想【女は怖いじゃ済まされな... https://youtu.be/GYw3Qp5_N-I The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ:イケメンじゃなきゃ成り立たぬ 女の園に迷い込んだ男が、女たちに翻弄される。 まあ、手...
テルマ:感想【北欧ホラーのエグさも、切なさも詰め込んだ快作】自分の「好き」だけ守... https://youtu.be/AhVB_k5o_9s テルマ:抑圧と解放を描く青春ラブストーリー 冒頭から白い世界。氷の世界。 音のない世界の圧迫感と、氷に閉じ込められた魚達。 HAN...
ゆれる人魚:感想【80sの可愛らしさとPOPを2015年にリマスターした】... https://youtu.be/PZXzND5LEXU ゆれる人魚:こんなにも愛らしいクリーチャーミュージカルがあっただろうか? いやあ予告編を見て、即座に手帳に丸印を書いた。 そのくらいハー...
はじまりはヒップホップ:感想【ぼくたちの未来がそこに】... https://youtu.be/7OdDlNHR4oI   はじまりはヒップホップ:人それぞれに語るべき人生はあるけど、語らなくてもいい ニュージーランドに在住する平均年齢83歳...
聖なる鹿殺し:感想【今年度ナンバーワン!まだまだ映画は芸術でいられる】物語展開、... https://youtu.be/KIbzpjS4GaQ 聖なる鹿殺し:圧倒的な粘着画像・静かで過剰なところのない演技 カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した『聖なる鹿殺し/ キリング・オブ・ア・セ...
アンチポルノ:感想【園子温、意外にも王道なピンク映画】... https://youtu.be/EIT5ON9aqvg 日活ロマンポルノ45周年を記念して企画された「ロマンポルノ・リブート」 僕ら昭和時代の生まれにはピンク映画は思い出だ。 多分、高校生くら...
グレイテスト・ショーマン:感想【できる人ができる限りのパフォーマンスをする主力級... https://youtu.be/xO_HQ9fOPPA   グレイテスト・ショーマン:外しようがない娯楽大作 19世紀。P.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。...
ルイの9番目の人生:感想【やべえこの女!てのに引っかからないように】子役の凄さと... https://youtu.be/fnr66gy9rcM   ルイの9番目の人生;あらすじだけ聞くと「医療もの?」かと思ったり 9年で9度死にかけた少年少年ルイ・ドラックス。大変な...
セブンシスターズ:感想【母は子供のためになんでもやる】... https://youtu.be/h3XW8cTUpY8   セブンシスターズ:原題はWhat Happend to Monday 世界的な人口過多を受けて、大量に作れる「遺伝子操...