ちょっとだけ、真面目な話。短いからぜひ読んでみてください。

こんばんは、ブログアパート管理人のサニーです。

「誰かの世話になって楽に生きよう」と最初から思ってる人もそりゃいるかもしれないけどさ、ほとんどの人が

  • 明日から働けなくなる
  • 明日から動けなくなる

なんて考えてもないよね?
でもさ、それってあり得る話だと思うんだ。

例えば

  • 病気が見つかって
  • 事故にあって
  • 事件に巻き込まれて
  • 帰宅困難区域になってしまって
  • 家がなくなって
  • 会社が倒産して
  • 契約が解除されて

何かのはずみで「自分はちゃんと生きていける」と言う人生設計図が吹っ飛んでしまうことがある。

今月の家賃が払えなくて追い出されてしまう可能性は、ある。

 

 

それは「戦争」とか「北の脅威」とか、「中国の支配」などという大きなことではなくて。

無免許運転の車にはねられて、相手に支払い能力がない場合、ただ、働けなくなるだけ。
働き過ぎで死にたくなって死ねなかったりしたら、もう引きこもるだけ。

自分が小さな存在、雑にあつかわれる存在になった時、初めて「少数派に優しくない社会」に気づいたとしてももう遅いんだよね。

だってその時は「声をあげても届かない社会」が出来上がってるから。

 

 

政治がどうとか、
憲法がどうとか言う前に

  • 小さな意見を抹殺する社会
  • 正しいことだけを正しいとする社会
  • 弱者を排除する社会

に加担してると、いつか自分にその番が回ってこないとも限らないよ。

 

 

強いものが党派を組んで守りあって、弱いものが対抗力のない抵抗をするしかない世界が完成しつつある気がするんだ。

今、強きものの意見と同じだとしても、いつか自分が弱き者になる可能性を考えて行動すれば、自然に多様性のある考え方ってのは生まれてくると思うんだ。

 

自分の考えを、信じてるものをもう一回考えてみて。

 

「こんな奴らが社会のゴミになってる」なんて考えたことない?
「こんな奴らと一緒にしないでくれ」って。

でも、そんな奴らに自分は絶対にならない?

 

強いものがより強くなり、弱い者を排除する。弱い者はさらに弱い者へ怒りを爆発させる。

 

神様とかは信じないけど、自分の人生が「見えざる手」によってひっくり返されることはあるんだ。
自己責任を追求して、成功者とそうでない人を線引きしていくと、どうなるんだろう。

 

 

誰もが自分の人生の主役。
そうは言うけど、映画やドラマで活躍するのはごく一握りの人たち。あとはエンドロールに名前もなく、爆弾でばーんと吹っ飛ばされるだけの役。
車椅子生活になった後の人生は語られない。

どんなに注意してても、自分が「雑に使われる存在」になる可能性はある。
経済の発展の恩恵を受けない側の人間になる可能性はある。

僕だって、明日から歌ったりギター弾いたりできなくなる可能性があり
あなただって、ご飯が食べれなくなる可能性がある。

断る権利を使うのに勇気がいったり、
嫌なことを嫌だということを責められたり。
なんかちょっと最近、変だなと思うことが多くなってきたのです。

 

 

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

博多駅前ファーマーズマーケット最終日【初めての大喝采(嬉泣)】... さて、小澤さんたちとバイバイして。ゲリラハウスへ。 今日は博多駅前のイベント「ファーマーズマーケット」の最終日。 「ちょっと練習してから、やりたいね」ということで、練習。 今日やる曲をチ...
歌姫たちの背中と横顔:03【小佐井みなみの頚椎と眉をひそめるクールネス】... 小佐井みなみ【シリーズ:歌姫たちの背中と横顔:03】 小佐井みなみには熱心はファンがいる。 迫力満点の歌とふわふわしたしゃべり。 彼女の醸し出す雰囲気に飲まれたらひとたまりもない(笑) 小...
きりぎりす音楽会【いつもとは違う場所に立つこと】... さて。きりぎりすのお話。 週末だけ?プレアデスという昔からあるライブハウスで、平日の夜がいろいろな形態に変わる。 とても面白い考え方。シェアハウスのよう。 お店にはお店の常連さんがいる。...
篠山紀信展 写真力@福岡アジア美術館【昭和の香りのおっぱいカーブ】... 篠山紀信はすごいと思わなかった、あの頃。 僕ら昭和40年世代には、篠山紀信は「GORO」でグラビアを撮る人というイメージだった。 荒々しいもの、尖ったものが好きな10代20代の頃は、加納典明や荒木...
倉敷へ。その1:倉敷美観地区巡り... 倉敷へいく。奇跡的に晴れた! 結婚記念日に何かしら(ご飯食べに行ったり)くらいはしてたんだけど、 今年一年は本当にいろんな意味で「地獄」を見たので、その慰労も兼ねて一泊だけど旅行にでもいくかーと。...
若き日の望楼:若さを使い果たそうぜ... あの頃 朝まで熱く パンとワインで 私たちは語った なじみの狭い酒場に 通いつめては 仲間たちを増やした そして あの頃の あなたも若くて かたくなに愛し合い それがすべ...