至上の印象派展 ビュールレ・コレクション@九州国立博物館

 

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション@九州国立博物館

平日。
久しぶりにお休みをとって絵を見に行く。
開場すぐの時間でも駐車場はほぼ満車。みんな好きだねぇ印象派。

学校で習った美術の歴史に出てくる絵がたくさん。
しかも、これ、個人所蔵ってのがすごいよね。

でも、ものすごいお金持ちが収集したからこそ、一気に見れる。
僕ら庶民にもね。

アートは、芸術はパトロンだよ。

  • ドラクロワ(1798 – 1863)
  • ドガ(1834 – 1917)
  • マネ(1832 – 1883)
  • ルノワール(1841 – 1919)
  • ファン・ゴッホ(1853 – 1890)
  • ゴーギャン(1848 – 1903)
  • モネ(1840 – 1926)
  • セザンヌ(1839 – 1906)
  • マティス(1869 – 1954)
  • ピカソ(1881 – 1973)

美術に疎い僕でも知ってる画家がたくさん。

そりゃ、ばあちゃんから子供までくるよね。

 

肖像画や自画像、風景画、キュビズム。
それぞれ誰かに影響を受けながらも、好きに描いてる。
命をかけたよな迫力もあれば、幸せに満ちた絵もある。

巷に氾濫するアーティストって言葉が嫌いで。
「アート」を作り上げてもないのにアーティスト?(笑)
自分も含めてミュージシャンまでがアーティスト呼ばわりされてる。大安売り。
ま、わかりやすい記号が必要なのもわかるけどね。
僕はまだアートを作れてはいないので、音楽をパートタイムで奏でるミュージシャンです。

あ、のんちゃんの「あーちすと」ってのは好き。
自由で軽くて、毒もあるから。

 

 

人気だったのはルノアールの「可愛いイレーヌ」
撮影も可だった。
ガラケーでスマホで一眼レフでとるわとるわ(笑)カシャカシャと記者会見みたい。

遠くで見ると寂しそうに見えるこの絵も、近くで見るとほんのりと柔らかい。

あえて、ひとりぼっち間を出してみた。

 

ルノワールが苦手だった。
エゴンシーレが好きだったから。

若かりし日、ルノワールの柔らかく優しい印象がいやで、尖って勢いのある線が好きだった。
ぼんやりしたタッチの、しかもふくよかな裸婦にはいい印象を持ってなかった。

 

年をとるとわかるね。
ルノワールの凄さが。

贅沢さが。

そしてやっぱ狂気を含んでる。

目に見えるものを絵にする。その間にある、その人だけが持つフィルターを通すことで、みんな違った絵になる。

遠くまで見渡せる風景に恍惚を感じ、それを見た目以上に正確に再現する人や、
苦手ではあるけどキュビズムで表す人。
陰影のないやわらかな空気で描く人や
はっきりとしたシルエットで描く人。

様々だ。

 

前に行った「モネ展」も壮絶だったけど、今回もでかい睡蓮があった。

モネ展@福岡市美術館~雑な筆使いのヒゲおやじ~

 

 

好きなことしかしない。
そしてそれを支えるパトロンがあり、
収集して見せてくれる大金持ちがいる。

アートの素敵な三角関係がそこにあるね。

 

僕は絵につけられてる作家のプロフィールや解説を読まない。
目が見えなくて読めないってのも大いにある(笑)

ただ、作家の持つストーリーが想像力を打ち消すこともある。
僕はどっちかというと作家のストーリーに影響を受ける方だと思うのでなるべく見ずにおく。
作品だけを見て

  • 好き
  • そうでもない

を決めたいと思ってる。
美術評論家の解説より

「なんか、ボヤーッとしとるねぇ」

「やっぱウマかねぇ」

なんていう会場のつぶやきが好き。

そして思ったのは

僕は「バッチリ描写されたもの」より、「荒いもの、ピントがボケたようなもの」が好きなんだってこと。わかる、わからないの間っていうか。
ざざっと書かれた顔の陰部に見える気がする表情とか。

 

 

でもさ、名もなき作家の名もなき絵を見てみたい欲求は高まるね。

皆さんも見にいくなら開場前がオススメ。

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら