ロマンチックに生きる【未来へのノスタルジーはファンタジー】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

先日の続き。馬出ブローインでの「川上健次郎さんと話す」の続編です。

 

ロマンチシズムはリアルの先にある

彼は僕が「リアル」と「ファンタジー」の間で喘いでる時に、すっとできた曲「彗星の夜」をすごく気に入ってくれました。

歌詞を少しご紹介

彗星が近づいてるから
アスファルトが焼けてるよ
みんな暑さに耐えきれず
ビールばかり飲んでるよ

物言わぬ 詩人たちの
集会が 今日も始まる

考えたって仕方ない
だってさ 相手は彗星だもん
男は空を見ては
別れた妻を思い出してる

モノクローム ゆるいカーブ
渋滞は どこまで続く

光の束 落ちて燃える
最後の夜は君と

未開の宇宙 とどくまたたき
今はもうない世界から

 

子供の頃、ほんの小さな頃。宇宙の話を先生から聞いてた時

「いま光って見えるこの星は、もう大昔になくなってるかもしれません」と言われた。

え?いま見えてるのに?ないの?

僕はすごく怖くなって。そのことばかりを考える子供だった。
いま、見えるのに、ない。
胸を締め付けられるような、それでいて少しワクワクするよな、甘いもの。

僕にとってのロマンチックはそんな感じ。

  1. 現在は、昔の僕が想像した未来。
  2. 僕は昔の自分にノスタルジーを重ねる。
  3. 未来はノスタルジー。

そんな思考があるのかも。

 

50すぎた大人がロマンチシズムを歌うことにとても価値がある。と言われた。嬉しいことだ。わりとどこへ行っても男性には「スカしたオシャレ野郎」と嫌われることが多いので。

救われる、と言われた。
それでもいいんだって言われてるような気がしたと。
そう言ってもらえると、僕にとっても「自分の居場所がある」気がする。嬉しい。

 

リアルは苦いよ。
でもリアルを飲み込んださらに先にロマンはあると思うんだ。
「男のロマン」なんていうクソみたいな考え方じゃなくてね。

現実を嚙み砕き、それでも悲観せずに「かつて光があった」ということを歌うべきだと思ってる。

 

社会の中で主語を持つこと

アートの発信者は主語を持つ。「私が」の場合が多いけど。
私はこう感じる。

それについて受け手も「私はこう感じた」と、主語を持つことができる。
アートに触れる良さはそこにある。

正解でも間違いでもない「個人」を持つことができる。

 

実際にそのものを見る前から、情報が溢れてる。
誰かの意見がぐいぐい攻めてくる。
何の前情報もなく何かに触れるのはかなり不可能だ。

世間の、同性の、同世代の「いいね」は可視化されてる。
誰もがどこかに属性を持ってるから、なんらかの偏見はかかってる。そこに属せば批判はされにくい。マジョリティに属する安心感春。

 

僕が星のことを教わったときのような「のんき」な世界ではなくなった。

だからこそ、アートに触れるべき。
アートに触れると、自分の住所がわかる。その会場にいる人が同じところに住んでいるんじゃなくて、それぞれ「心の住所」があるんだ。

自分の心を知るために、自分自身の場所を知るために。

100のいいねに、意味はない。
目の前の誰かにこの思いを伝えたい、伝えてしまった!ウザいのに!(笑)その一言のほうが何百倍も重い。

川上さんありがとう。ちゃんと言葉に出してくれて(笑)

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

アンダー・ザ・シルバーレイク:感想【久々にやっちまった映画:脳内クルージングは至... https://youtu.be/uuuClxVtJ5o アンダー・ザ・シルバーレイク:謎解き探偵は下半身がゆるくてホームレス寸前 いやあ。久々ですよ。頭グッチャな映画。 リンチっぽいとか、ダー...
パンク侍、斬られて候:感想【石井岳龍とクドカンのいいところが炸裂】... https://youtu.be/JuuAA3ihErY パンク侍、斬られて候:町田康が大好きな僕でも満足! 荒唐無稽な傑作小説「パンク侍、斬られて候」を映画化。 そう聞いて不安しかないのは、町...
キングスメン・ゴールデンサークル感想【お金のかかったドリフと吉本新喜劇】... https://youtu.be/y5BlasoyCzU   キングスメン・ゴールデンサークル:第二弾はやっぱり大味だけど 思いの外面白かったキングスメンの続編。コリンファレルは打...
シドニーホールの失踪:感想【芸術が人を殺す】誰にも言えないことを抱えて生きる... https://youtu.be/7HIBeTGrIU8   シドニーホールの失踪:静かに殴りかかる映画 いやあ、もう。完敗。 てっきりベストセラー原作の映画化かと思った。(だと...
スターウォーズ 最後のジェダイ【苦笑連続】でもね、気持ちはわかる... 僕はスターウォーズのファンではないです。 人間関係も相関もわからない。 でも前作の(あ、全前作か)フォースの覚醒がすんごい面白かったから、まあ、期待してみるよね。 http://myli...
フロリダ・プロジェクト/真夏の魔法:感想【映画のような起承転結のないのがこの世界... https://youtu.be/BaXmtnKmUuk   フロリダ・プロジェクト/真夏の魔法:この「真夏の魔法」はいらんかったね あー。賛否両論、というより好き嫌いがあるやろね...
エブリシング:感想【かわいくて軽い恋愛映画】美しいおとぎ話とリアルな抑圧... https://youtu.be/atkx0X6U9JM ツタヤでお勧めしてなかったら、借りなかったかもしれない。何しろ、タイトルが地味。エブリシングって・・・。 ところが本題は「Ever...
ファントム・スレッド感想【ダニエル・デイ・ルイスの変わらない存在の耐えられない軽... https://youtu.be/JfL27R1gU8U ダニエルデイルイス。僕にとってはいつまでも「存在の耐えられない軽さ」の人。 名優と言われ、オスカー常連。 でも、彼は「軽い」身体...
グレイテスト・ショーマン:感想【できる人ができる限りのパフォーマンスをする主力級... https://youtu.be/xO_HQ9fOPPA   グレイテスト・ショーマン:外しようがない娯楽大作 19世紀。P.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。...
ワンダーストラック:感想【映画で語るべき物語】... https://youtu.be/qbjI78KBVcQ ワンダーストラック:サイレントとソウルミュージックの時代 ジュリアンムーアなどのベテラン女優が「演技」で仕事をする。もしくは鮮烈なストーリ...