170円のうなぎ??【うな次郎を食べてみた】うなぎ高すぎるよ、食べられないよ。

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。
マンションの工事中で何も聞こえません(笑)

暑いよね毎日。まだ7月なのに。
スタミナつけなきゃやっとられん。

とはいえうなぎは某スーパーで見たら1770円。二人で半分こしても900円弱。
ムムム。

で、いろいろ見て回っていたら(いつも行くサニーじゃなかったので、偵察も含めてね)

面白いものを見つけた。

うなる美味しさ!うな次郎

魚のすり身で作った「うなぎ風」な食べ物。

こんな、インチキくさくてシャレが効いてる商品、愛おしい(笑)

 

早速帰って食べてみる。

まあ、魚肉つくねだな。うなぎエキスってのが物悲しい(笑)

あとはよくある添加物のオンパレード。
エビペースト、カニエキスってのもさらに謎がます。

 

たば焼きのたれと山椒を取り出して、容器のままレンチン。

 

ど〜ん。

 

考えられないくらい肉厚。
そして、表面加工がそれっぽくて、悲しみ笑

丼に乗っけて
タレをかけてみる
山椒をふりかけて出来上がり!

 

山椒パワーってすごいね。なんか本物みたいに感じられる。
かけすぎたのかピリピリ。

箸でほぐしてみる

 

いや〜〜〜〜見た目はかなり、それっぽい。

ほぐしながら、下に見える黒いものを発見!

これは、

まさに

「皮」じゃないですか!!

 

ほぐれた断面もうなぎぽい。
細かくほろほろになるように加工されてる。

しかも海苔まで。

 

味は、なんというか、うなぎではないです。
ちくわほどは詰まってないし。

すり身の味です。

 

で、タレに関してはイマイチだったので、別に蒲焼のタレを買ったほうがいいかも。

 

とはいえ「うな次郎」。

さすが次郎と自らいうだけある。
「太郎」ではないのだ。

一度は食べてみてください。
そして「企業努力」と「洒落っ気」のどちらを評価するか。

僕は好きでした。

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら