いきものが、やる気になるときって?

うちの猫、ココちゃん。
百年橋通りで拾われてきた茶トラ。
気が弱くて、らんぼうもので、実は身体が弱い。
自分勝手で神経質で、あまえんぼう。

 

とにかく食べたがる。
お徳用のカリカリ乾燥えさを食べる。他の猫の食べかけも食べる。
一日に何度も食べる。
体重が増えすぎて、ダイエット食にしたんだけど。

 

トロトロのスープ仕立てがほんとは好き。
だけど毎日それを食べると、うちは経済破綻してしまうので。ときどき。

 

固くてわりと大きめなカリカリを、がつがつと食べて、吐く。
金曜の夜のおっさんのように。
病気の可能性もあるけど。猫はあんがい吐くようで、ちょっと様子見てる。
ほとんど消化せずに、吐く。

 

吐くと、すごくしょんぼりする。目を合わせない。
そして、おなかがすくんだろう。にゃーにゃーいってる。

 

うちではご飯を食べる前に「かわいいのポーズ」をすることを教えてる。
ほら、なんかあったときのために「一芸」もってないとね。

IMG_3461

 

 

最近、ちょっとブランド物のカリカリを買ってあげた。
瀬戸内の小魚入り、とか、小エビトッピングとか
カリカリの中がクリーミーとか。

 

ぼくは甘いからね。すごくおいしそうに食べるんでね。

 

すると、吐かない。

なんだろう、大きさが小さかったり、ちゃんと砕いて食べないと、二層式の中のおいしいところが味わえないからかな?ちゃんとガリガリ砕いて食べてる。

 

今朝、妻が起きて居間に行くと
ココちゃん、ずっと「かわいい」のポーズをしていたらしい。
ずっと。固まったように。何度も反転して。
しかも、朝ごはんをそんなに欲しがらない感じ。

image3

 

「なーに?どうしたの??」

床には、ブランド物カリカリご飯の袋の残骸。

 

やられた。

 

小袋だけど、ひとふくろ食べてた。
棚の上においていた箱を落として
空いた箱から、ひとふくろひっぱりだして
やぶって
食べた。

 

で、「かわいい」のポーズ。

image2

 

ほら、かわいいのポーズしたよ。食べたあとだけどね。ね。
ほら、ずーっとするよ。

あまり家捜しとかしなかったんだけどね。
くれくれ!とはいってても。
あまりのおいしさに、やる気出したのかも。

 

 

やる気に火がついてこそ、がんばる。
これって精神論だなあ。気合だ!とか。甘えてんじゃねーぞ!やる気出せ!そんな風に思うこともある。

 

でも精神論って、その先に待ってるものが明確に理解できないと
「やりたくない事を耐える」だけになっちゃうよね。
耐えること自体に意味を持たせるのはどうかなあ。
耐えるだけなら、ほんとくだらない。

 

プロレスラーが相手のチョップやキックを受けるのは「耐える芸」かもしれないけど、自分の必殺技を出すチャンスを狙ってるから「耐える」んじゃないかなあ。

 

耐えることが美徳じゃなくて
耐えたあとに、反撃するのが美しい。

 

自分も今、いろいろ耐えてる。
みんなもきっと、いろいろ耐えてる。

 

耐えることに意味をもたせて、「耐えるすごい人」になるのはやめようよ。
耐えることになれちゃって、「俺って全然耐えれるもんね~」ってなるの、やめようよ。
相手の最後の技が出る前に、起死回生のいっぱつをお見舞いしようよ。
それが今じゃなくても、そのことをずっと忘れずにいたいなあと思う、月曜日。

 





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら