台湾は3泊4日で2キロ太ります06【広東料理:糖朝(タンツァオ)】甘いものと、絶品揚げ物

赤と黒の内装の広東料理レストラン「糖朝」で天津をいただきます

糖朝(Sweet Dynasty)は広東料理のお店。
本店は香港にあり、台湾、中国、日本、アメリカでチェーン展開をしているらしく台湾料理ではないんだけれど。
まあ気張らずに食べられるファミレスぽさもありそうで、ま、いいかな?

店に入ると、かなり広く(500坪あるらしい)、フリーでさっと入れる感じ。
少し暗めのライティングと、赤と黒を基調にしたおしゃれ感もある。
でも気張ってないので気楽に頼める。

英語を話せるチーフのような人がついてくれた。

天津だからかな?
座るとすぐ「お茶」をついでもらえる。

メニューはどーんと大きく、厚いです。品数が多いのもあるけど写真が豊富だから。
ファミレス感たっぷりで安心できるね

 

ではでは、頼んだものをレポートしていきましょう。二人だから、あんまり食べれないよね〜そこが残念。

ぷるんとした外側と、肉の練り物みたいな具

 

これ、めちゃくちゃうまかった!カリッカリで、なかがジューシー!!

 

 

お腹いっぱいになるよ!出しはあっさりだけど具沢山で満足!

野菜たっぷり!

 

 

まあ、キャビアとかはあまりわかんないけど、シュウマイとして普通に美味しかった!

 

 

 

やっぱり何かべたなスイーツを食べなきゃね〜と言うことで「椰汁香芋紫米露」を頼んだら、

「これはもう売り切れ」

だと言われた。残念〜〜。で、別のにしようとすると、それもダメ。

このメニューの中の「紫米露」と言うのが売り切れてるらしい。
う〜ん。
なんか他のは食べたことあるかもな雰囲気(字の感じからね)だったので、「じゃ、いいですー」と言った。

 

その人が厨房の方に行って何か言ってる。
気にせずに見てたんだけど、戻ってきて

「i try 」あとなんとかかんとか、英語で。ギリギリいっぱいできるかもだからやって見るねと言う意味だった。

 

おー!サンキュー!

で、きたのがこれ!

白玉団子と、紫のなにかと、芋。
自然の甘さですごく美味しい。スイーツなんだけど体に良さそうだ。

ありがとう〜フロアチーフ!

 

お茶をたっぷりたっぷり飲んで、二人で1000元しなかった。(当日のレートが3.8くらいだったから、3800円?)レストランは全て10%のサービス料がつくんだけどね。

 

英語ができる人と、得意でない人がいるけど、メニューに写真と値段が書かれているから安心よね。

 

 

 

【708号室】女子じゃなくても台湾は愉し!





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら