台湾は3泊4日で2キロ太ります10【九份は200日以上雨らしい】ジブリ好き観光客でごった返す階段

千と千尋の世界を楽しむ「九份」は雨ばかり

細い路地の階段に沿って建つ古い館に、赤い提灯が灯るノスタルジックな風景。
あのジブリ映画「千と千尋の神隠し」を彷彿とさせる写真をみたことのある人も多いはず。

「台湾に行って九份に行ってないとなると何しに行ったかわからない」なんていう人もいるらしく。

台北からは少し距離があるので、ここだけはオプショナルツアーを申し込んでみました。
ホテルでピックアップしてくれて、高速道路を通って九份まで連れて行ってくれます。

台北は曇りだったのだけど、九份が近づくにつれてポツポツと雨が降り始めた。
バスガイドさんがいうには「ほぼ毎回、雨」出そう。
年間200日雨が降るとも言われていて、傘さしての観光を覚悟しました。

高速で山に向かう途中、雨模様に
途中にはこんな風景も!胸おどる!

 

ガイドさんが話してくれたことは

九份は山あいの静かな村。九つの家族が住んでいて、買い物に行くには麓まで降りなくては行けなかった。
19世紀後半から20世紀前半にかけて、ゴールドラッシュの賑わいを迎えた。
台湾全土から人々が集まり、九份は栄華を極めました。
お金を稼いだ労働者たちの「歓楽街」として茶屋や旅館が狭い階段に建てられたそう。
1900年代半ばには徐々に採掘量が減り、1971年についに閉山。

その後、映画「非情城市」の舞台になったことで話題にはなりましたが、今の爆発的な人気はやはり「千と千尋の神隠し」。
映画に登場する湯婆婆の湯屋を彷彿させる外観と、夕暮れ時の少し怖いようなノスタルジーが「神隠しに会いそうな雰囲気」として話題になりました。

実際は神隠しよりも「迷子」になりそうだけどね(笑)

煙ってる〜〜

 

雨が上がった九份はまるでディズニーランドのようなハイ状態(笑)

薄暗い山道をぐんぐん上がって行くと、遠くに海が見えます。
さらに山を登ると、お寺のような屋敷のようなものが見え始めます。
いよいよ九份。

週末は交通渋滞するので、観光バスを降りて乗合バスに乗り換えます。
ポツリポツリ雨は降ってるけど、傘をさすほどではなく、ラッキーと言える状況らしい。

広場(というほど広くないけどね)についた。
あ!なるほど。これは高まるやつだ。
昔は映画館があった場所に看板がかけられてたりする。

湯婆婆屋敷のモデル「阿妹茶酒館」のまえはカメラ!カメラ!人の列!

それにしてもすごい人!

石段を登って降りるだけなんだけど、通勤ラッシュのよう。
でも夜の暗闇に赤い提灯はすごく幻想的。

雨は止んだ。

こんな写真撮って遊ぶ!

 

お母さんと来てた、同郷の旅行者と会う。
めちゃクチャハイになってて、楽しい気分になる。駅からタクシーで来たらしい。なるほどその手があるか!

人が途切れたところを狙って!

 

 

 

少し離れてみると、ほとんど誰も通ってない道があって、これまたいい雰囲気だった。
猫とおじさんも暇そうだった

 

九份のオプショナルツアーの「軽食」にご注意を!!!

このオプショナルツアー「茶店で軽食」のあと、帰りに士林夜市で解散と書いてた。
夜市で色々食べなきゃいけないから、軽食ってのはありがたい。

と思っていたら。

普通にコース料理だった。
カメラ持って行ってなかったくらい「適当なもの」が出るかと思っていたのに、フルコース。
エビも天津も、麻婆豆腐も。
お腹いっぱいになる。やばい。

もし同じようなツアーがあったら、少しお腹の空きを考えるか、お昼ご飯をあまり食べないかするべき。

僕らは夜市で食べられなかった(笑)

でもオプショナルツアーって面白い。フリーツアーだと他の旅行者と話すことあまりないからね。
ポケモンのイベントにわざわざ来てた人もいた。
すごいね!

 

フリーで九份に来たらお茶屋さんに行くといいかも

妻はこのお店の「真っ白な茶器」を買いに来た。
フリーの時間、一目散に「九份茶房」へ

このお店は外の喧騒とは違い、静かで落ち着いてた。
しゅうしゅうとお湯のわく音が聞こえる。

本当は夕暮れまでこんなところでのんびりして、明りが灯る頃外に出るのが贅沢なんだろうな。

買った茶器はこれ

かわいい袋と箱

シンプル!でもかわいい

 

 

 

 

お店が並ぶこの通り。
通り過ぎる人がほとんど(笑)オプショナルだと小一時間しかないからね。

 

石段を登ったり降りたりしなきゃいけないから、足腰の弱い人はちょっと難しいかな?
あと雨が降るからレインコートと、滑りにくい靴も必需品。

 

九份は観光地化してるけど、それでもまあ一度は行ってもいいかな?

 

【708号室】女子じゃなくても台湾は愉し!





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

台湾は3泊4日で2キロ太ります03【モダンでクールな林茂森茶行】兄弟喧嘩のお茶問... 林茂森茶行と林華泰茶行。隣同士のお茶問屋 台北駅隣のコスモスホテルからタクシーで。 交通費がなんとも安い!100元くらいだったので400円弱?日本だと初乗り以下だ。 台北MRTで行くなら大頭...
台湾は3泊4日で2キロ太ります14【五分埔服飾広場】バイクもチャリも通り抜けるア... 五分埔服飾広場はお手頃価格でいろんなものが手に入る 前回台湾に行った時に、まだ午前中で店があまり開いてなかったののリベンジでいく。 台北駅からMRTで後山埤駅へ。出口1から人の流れに乗って徒歩...
台湾は3泊4日で2キロ太ります07【コスモスホテルは便利で経済的なホテル】... コスモスホテル台北(台北天成大飯店)(COSMOS HOTEL TAIPEI)は日本語もオーケー!朝食も美味しい! 旅行において「宿」の役割ってなんだろう? ほとんど出ずっぱりで、宿は寝るだけの旅...
台湾は3泊4日で2キロ太ります11【四四南村の映画村感】101の塔の下、レトロマ... 台北101のすぐそばにインスタ映えポイント四四南村はある すごくレトロないい感じの写真をネットで見た。名前は四四南村(スースーナンツン)。村という字が入ってることから「台北周辺じゃないんじゃ?」と思...
台湾は3泊4日で2キロ太ります02【桃園国際空港のATMでキャッシング】桃園国際... 福岡空港からバニラエアで桃園国際空港へ HPはこちら 福岡空港を8時に出て、2時間で台北の桃園国際空港へ。 福岡空港は市街地の近く。 あっという間に空港までこれる。 朝6時の福岡...
台湾は3泊4日で2キロ太ります04:迪化街で高建桶店・ 永楽布業商場・永久號にゴ... 迪化街は映画のセットのような問屋街 お茶屋さんから川の方に歩いて行くと、もう雰囲気が高まってくる。 迪化街は19世紀中頃の清朝末期から賑わう商店街。 20世紀初頭の日本統治時代に、台湾全土か...
台湾は3泊4日で2キロ太ります08【中山駅近くでお買い物】金魚のティーパック・パ... さて、この日は夕方から九份へ行くので、午前中からダッシュでお買い物ツアー。 中山駅近辺にまとを絞ってゴー。 メトロに乗って出発です。   東京の地下鉄より路線が簡単(笑...
台湾は3泊4日で2キロ太ります09【小籠包なら金品茶樓も負けてない!】鼎泰豊だけ... 小籠包なら鼎泰豊?でも人多いよね…。 台湾に行ったらまず食べるべきものは小籠包。 一番人気はやっぱり鼎泰豊(ディンタイフォン)。支店もたくさんあるし。 でも予約取らなきゃいけなかったり、待ち時間...
台湾は3泊4日で2キロ太ります05【世界一美しい本屋:VVG Something... VVG Something 好様本事は地下鉄MRT「忠孝敦化駅」からすぐ   買い物だけじゃなくVVG something(ぶいぶいじーさむしんぐ)にいってみよう! アメリカの...
台湾は3泊4日で2キロ太ります12【元回留、今、半畝院子。茶藝館でゆっくりと】お... 永康街は少し小さな、静かな街。 永康街(ヨンカンジェ)は地下鉄東門駅の南側。 緑の多い公園を真ん中に置いて、ぐるっと雑貨屋巡りができるところ。 ただ、日本人がとても多くて。日本語が通じるのは...