台湾は3泊4日で2キロ太ります07【コスモスホテルは便利で経済的なホテル】

コスモスホテル台北(台北天成大飯店)(COSMOS HOTEL TAIPEI)は日本語もオーケー!朝食も美味しい!

旅行において「宿」の役割ってなんだろう?
ほとんど出ずっぱりで、宿は寝るだけの旅行を多くしてる僕らにとって、宿は「立地」が全て。

安くても中心地まで歩くとか、乗り継がなきゃ帰れないとかは無理。

その点、このコスモスホテル台北(台北天成大飯店)(COSMOS HOTEL TAIPEI)は最高だった。

窓から見る、朝日。赤い大きな屋根が台北駅

 

コスモスホテル台北の立地は文句なし!

ホテルを出て15秒で地下鉄台北駅。
大きな荷物を持って、歩き疲れてても、地下鉄駅降りたらすぐにベッドに入れる。これはすごい。

台北駅はそれこそ乗り換えなしで色々いける。
MRTはほとんどが20元でいけるし、駅の間隔が近いので6〜8駅くらいでもあっという間。

ぷらっと出かけるには最高な場所。

 

多分次回も泊まる。
そして1階にあるハンバーガーショップに行く。
隣のお菓子屋さんも気になる。
隣の隣くらいにある食堂でなんか食べたい。
その隣くらいの「美人コーヒー」が開いてるところを見てみたい(笑)

 

台北駅はさすが首都の駅。
でもなんとなく、のんびりしてる。

 

地下鉄とか交通機関の楽しいところは、ご当地訳の看板とかがあるから

レディーガガのスター誕生
ファンタスティックビーストの第二弾
日本酒を使った化粧水の日本イメージ(笑)
この人、例の脱税の人だっけ??

 

 

コスモスホテル台北には日本語のできるコンセルジュがいる

今回もレストランの予約を取ってもらった。
色々相談もできるようだし。

なんていうか、かしこまってないところが、ラクでいい。
ピシッとしてる。いつもにこやか。というより
人がよくて、時々ちょっと慌てて、完璧な感じじゃないところがいい。

ロビーは小さい(笑)
椅子が少ない。

この中央の緑のソファに、二人で尻を入れて座った(笑)
チェックイン、アウト時には荷物で溢れかえってて、ちっちゃなベルボーイ、ベルガールがあたふたしてた。

すごくいい。
洗練されすぎてないところがいい。

 

コスモスホテル台北は部屋も綺麗だし、ユニットバスが透明の仕切りがある

ユニットバスがシャワーカーテンだったら、なんかちょっとがっかりする。
ていうか、シャワーカーテン使いにくいよね。

ここはこんな風だから、水浸しになることがない。
水圧が弱いと評判の台北のホテルだけど全然そんなことなかった。

シャワーの蛇口が二つあって、それを切り替えるときにちょっと力がいった。
切り替えなければ別に普通のシャワーなんだけど、切り替えスイッチあったらやってみたいよねぇ。

 

コスモスホテル台北は朝食が楽しい!

そして、ホテルといえばバイキング朝食よね(笑)
コスモスホテルの朝食はメニュー数も多くて、日によって少しづつ変わってるから、三日間食べても飽きなかった(最後の日はルーローハン食べに行くからフルーツとコーヒーだけにした)

ソーセージとかベーコンとかは美味しくない。日本の方がいいね。
ここはやっぱり天津とかフルーツの国。

外国の人(あ、僕らもか)もたくさん
おかゆには具を入れるんだけど
味付けがよくわからんかった
オムレツ作ってくれる
サイコーにうまかったパッションフルーツ!!
ドラゴンフルーツ!
パニーニみたいなのとか、おこわとか、マッシュポテトとか色々
ご当地ヤクルト
ご当地、乳酸飲料

楽しいよね〜〜

可愛いドアガールと2ショット!
絶対リピートするぞ!!





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら