ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生:感想【僕が見たいのはこれじゃない】つまらないと感じたごく少数の人へ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生は面白いか??

前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は楽しかった。映画的なシーンやウイットとユーモア、21世紀のつまんない部分であるところのゲームぽさも含めてエンターテインメント作品だった。

第二作目のこの作品。
僕は前作ほど好きにはなれなかった。
それは映画が「合わなかった」 だけで、駄作だ!とかいうものではない。

僕は「ハリーポッターの世界」から脱落した観客。
後半のあの憂鬱極まりないストーリー展開や絵柄についていけなかった。
「成長は窮屈と憂鬱の産物だ」というようなツライお話は見たくなかった。

そんなのは他で見れるから。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が面白かったのはオタク青年が主役で、オタクぽさを発揮しながら事件を解決する(したんだかしなかったんだか)ところ。

本当に「ファンタジック」な動物たちのとシーン、捕獲劇がとても楽しかった。
登場人物がだんだんと物語という船に乗ってくる感じも良くて、ちょうど覚えらえる人数だったのも大きい。

ところが今作は人物が増えた。
歳をとって、人物の名前を覚えられなくなったのかもしれないが、キャラクターの立ち位置が不明瞭で、説明的、2時間ドラマ的なセリフが多く、ぼんやりした。
シリーズものだから、最後まで見れば全てのパーツがハマって大きな感動に結びつく!
と、いう方も多いだろうし、皆さんは最後まで熱狂を持ってお付き合いするんだろうけど。
この映画を見て「次も見たい!」とは全く思わなかった。

なぜなら

「あの不快なムード、憂鬱が早くも染み込んできた」から。
ハリーポッターから脱落したあのムードが。

 

 

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生:主なキャスト/キャラクター

  • エディ・レッドメイン……ニュート・スキャマンダー
  • ジョニー・デップ……ゲラート・グリンデルバルド
  • ジュード・ロウ……アルバス・ダンブルドア
  • エズラ・ミラー……クリーデンス・ベアボーン
  • キャサリン・ウォーターストン……ティナ・ゴールドスタイン
  • ダン・フォグラー……ジェイコブ・コワルスキー
  • アリソン・スドル……クイニー・ゴールドスタイン
  • ゾーイ・クラヴィッツ……リタ・レストレンジ

これが主な人物で、中国系の美人さんも登場した。
僕のキャパを超えたのだね(笑)。

ジュード・ロウやジョニー・デップがきちんと仕事をして、とてもいい印象。
きっと訳ありなこの二人にビッグネームを持ってきたことによって「オタクのドタバタ珍劇」から「愛と復讐の壮大なドラマ」に変わってしまった。

人気シリーズもの、TVシリーズからの劇場映画が陥るのが「スケールアップしなきゃいけない恐怖症」だと思う。
わかる。
わかるけど。
スケールアップすることによって無くしてしまうものもたくさんあると思うんだけど。

 

 

新しいキャラクターの

  • 純血の魔法使いリタ・レストレンジ
  • そのリタの婚約者でニュートのお兄さんテセウス
  • 蛇に変身するクラウディア・キム(スヒョン)

一人一人はとてもいいキャラクターだと思うけど、120分を分割していくと中途半端になるよね。

好き!(笑)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生:何よりもあの重さが苦手。

壮大なハリーポッターシリーズへの揺れ戻しのせいか、一言で言えば「黒い魔法使いの誕生はファンタスティックじゃなくなった」んだと思う。
さらに言えば「ビースト」の可愛らしさも減った。

もちろん陽気なままでは終われないってのはわかる。
作り手は波乱と悲しみに満ちた壮大なストーリーを披露することで「作家としての力量」を発揮するんだろうけど。
でもあえて言えば、そこがローリング氏の「貧乏くささ」だと思う。

素晴らしいキャラクターを余すところなく使い切る感じが。
暗闇はより濃く、雷はより鋭く。
その過剰なまでのストーリーの広がりが純真無垢な映画の本質を吹っ飛ばしてしまう。

わかるよ。

  • 口のうまい悪党に純真な心は騙される
  • 生き物はルーツを探る
  • 恐怖は分断を作る
  • 幼き頃の愛情は憎しみに変わる

なんていうリアリズムがキャラクターに厚みを持たせる。
それが「良いこと」だとされてることも。

でも、そんなもの見たくないんだ。
それは他で見るから。
もしくはそれは「映画館以外」で目の当たりにしてるから。

 

  • 動物の保護に必死だったニュート
  • 信念を曲げないニュート
  • 母性本能をくすぐるニュート
  • 世界や誰かのためでなく自分の信念のために動くニュート

そういう姿が見たかった。

オタク青年がオタクであるがゆえの強さと弱さが見たかった。

 

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生:熱狂を持って迎えられるであろうこれからのシリーズ

全部で五作らしいこのシリーズ。
きっとハリーポッターを愛する世界中のファンに歓迎されるだろう。
ダンブルドアとグリンデルバルドを物語の中心に持ってきて、秘められた過去が明かされるだろう。
世界は深い暗闇に落ち、苦しんで、あかりを取り戻すだろう。

その後ヴォルデモートが現れ、ハリーが現れるまで。

 

でもね、今でも時々見返すハリーポッターのシリーズってどのあたり?(僕は見ないけど)
きっと初期の三部作くらいだと思うんだ。

僕にとってのファンタビはきっと一作目で終わり。
蛇のお姉さんは残念だけど。

 

あ、ジョニーディップはよかったよ。前作が腑抜けな演技だったからどうなるかと思ったけど。
もちろんジュードロウも

 

 

クリスマスシーズン前にみて、憂鬱になって見てください。
もちろんここに書かれてるのは個人の感想ですよ。

 

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ロマンチックに生きる【未来へのノスタルジーはファンタジー】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日の続き。馬出ブローインでの「川上健次郎さんと話す」の続編です。   ロマンチシズムはリアルの先にある 彼は僕が「リ...
エヴォリューション(Evolution):感想【ゾゾゾっと怖い軟体生物のまぐわい... https://youtu.be/0W56FeyoVSM エヴォリューション:久々に気持ちの悪い映画だ! 少年と女性しかいない、 人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。 ある日海の底に...
キングスメン・ゴールデンサークル感想【お金のかかったドリフと吉本新喜劇】... https://youtu.be/y5BlasoyCzU   キングスメン・ゴールデンサークル:第二弾はやっぱり大味だけど 思いの外面白かったキングスメンの続編。コリンファレルは打...
フロリダ・プロジェクト/真夏の魔法:感想【映画のような起承転結のないのがこの世界... https://youtu.be/BaXmtnKmUuk   フロリダ・プロジェクト/真夏の魔法:この「真夏の魔法」はいらんかったね あー。賛否両論、というより好き嫌いがあるやろね...
プラネタリウム:感想【ナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・ディップの美しい襟や... https://youtu.be/b4vp8RfjT6o   プラネタリウム:ニセモノの能力?ニセモノの笑顔? ざっくりとした内容はこんな感じ。 1930年代、パリが最も華や...
ルイの9番目の人生:感想【やべえこの女!てのに引っかからないように】子役の凄さと... https://youtu.be/fnr66gy9rcM   ルイの9番目の人生;あらすじだけ聞くと「医療もの?」かと思ったり 9年で9度死にかけた少年少年ルイ・ドラックス。大変な...
聖なる鹿殺し:感想【今年度ナンバーワン!まだまだ映画は芸術でいられる】物語展開、... https://youtu.be/KIbzpjS4GaQ 聖なる鹿殺し:圧倒的な粘着画像・静かで過剰なところのない演技 カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した『聖なる鹿殺し/ キリング・オブ・ア・セ...
パンク侍、斬られて候:感想【石井岳龍とクドカンのいいところが炸裂】... https://youtu.be/JuuAA3ihErY パンク侍、斬られて候:町田康が大好きな僕でも満足! 荒唐無稽な傑作小説「パンク侍、斬られて候」を映画化。 そう聞いて不安しかないのは、町...
トレイン・ミッション感想【リーアム・ニーソン!ダイハード】彼にはフォースがある?... https://youtu.be/ff2xdMY9YJE   トレイン・ミッション:あらすじ:よくある話に少しひねったスパイスを 10年間勤めてきた会社から突然、解雇を宣告された6...
メアリーの総て:感想【フランケンシュタインを描いた女性の話】エルファニングの作品... https://youtu.be/DYCwe01sQwM   メアリーの総て:1818年に出版された「フランケンシュタイン」の作者メアリー・シェリーの伝記映画 今からちょうど200...