変態チックDolls撮影会【極寒!雷!地震の日】サニーの知らない世界

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

朝から雪が舞う中、恒例の変態チック撮影会へ行って来ました。
いやー寒い寒い。

今回はDoll,Doll?,Doll!ということでドールざんまい。

僕はドールには全く詳しくなく、今回の主宰の黒雪くんボソボソと少しずつ話してくれるドールワールドのワードに「へええええ!!すご!」と心の中で思ってしまうくらい門外漢なのですが。

彼から感じるドール愛はすごい。彼自体がドールなんじゃないかな?とか思う。すごいことだ。

人だろうと人型だろうと先端や、パーツは大好きなので。
人を撮るように自分の好きな場所を切り取らせてもらいました。

 

#変態チック

 

 

「全てのものは、そのものに力があるのではなくて、そのものを見る人、愛する人に力がある」

 

そう思っています。
ドールを愛する人も、緊縛を愛する人にも。
その人の力で「愛おしく」なるのだと思います。

自分にその力がないからといって、「愛する力を持っている人」を理解しようとしないのはもったいないなぁと思います。

 

 

ドールを作る作家さんたち、アーティスト。ドールを愛でる愛好家。
ドールでなくてもなんでもいい。
作り手と、愛で手とが存在する限り、その世界は永遠に続くのでしょう。
それはとても素晴らしいこと。

 

人が人でないものに憧れて、人体を改造する。
その究極が「人形化」じゃないかなあ、なんて思った。

後半は「生きた人形」ことゆりヰかさんご降臨。

 

 

リアルゆりヰかさんはとても可愛い、笑いの絶えないさっぱりとしたいい子。
でもその役目を理解して、すっと人形になる瞬間がある。
さすがやなーと思う。

変態チックのリーダー悠さんにも感じるんだけど、作りたい世界があって、でもそれをごり押しするわけではなくて、いい具合に作っていく。

根底に愛情と好奇心。それと信頼感があって、なんだかこのグループはいい感じ。
個性と個性が付かず離れずお互いを周りあってるような。

 

僕は彼らを探索する小さな、老朽化した(笑)宇宙船かもしれないな。

 

ドールとドールの共演を撮ってみました。

 

ゆりヰかさんのお召し物もそりゃ素敵。
彼岸花ですよ。

 

最近個人的にハマってる、フラッシュブラシ写真も撮らせてもらった。
うちょっと頑張って上手くなろう!

 

撮影が終わって、しばし歓談。
三月から就活だ〜〜なんていう人がいて。

なんか微笑ましくもあり。

夢の世界のことも、現実の世界のことも話し合える友達がいるなんていいねえ。

趣味を続けるために働くっていうのはすごく真っ当だと思う。
仕事は人生じゃないから。

欲しいものを買う。
そのために労働するってのはちっとも変じゃない。むしろ労働が喜びに変わる瞬間があるんだから素敵なこと。

 

小さな自主企画だからこそ、同じような魂が集まって、ちょっと先輩もいて、ちょっとお節介な僕みたいなのもいて。
いろんな人のサンプリングができるのはいいことだな〜。

 

外はじゃんじゃんみぞれが降り始めた。
お昼には地震もあった。

 

世の中がどうであれ、自分たちの楽しみと自由を守り抜こうよ。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら