猫と遊ぶ:いや実は案外大変なんよ【奴は自分のルールを押し付ける】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

みなさんは何か「どうぶつ」を飼ってますか?
犬や猫などのポピュラーなものから、ハムスターとか金魚とかうさぎとか、最近はヘビとかも。

彼女、彼らと遊んでますか?

 

うちには猫がいます。
めちゃくちゃ太くて、ビビリの猫が。

犬は飼ったことがないからわからないけど、どうして猫はあんなに「自分のルール」をこちらに押し付けるのでしょうか??

 

保護したはずのうちの猫は「拉致された」と思ってる件

うちのねこの名前は「ココ」。5歳と半分くらいのメスです。
百年橋通りで、もう声も出ないくらいにガリガリでボロボロの状態でよたよたしていたのを保護した。

たぶん、そこから彼女と僕の認識は違う。彼女は

「旅をしていたら拉致された」

と思っている。

 

いまでもたまにベランダから外を見ては、そのあとぼくをじっと見る。
「いつかこんなところ 抜け出してやるぞ」
とでもいうように。

病院へいったりしたのも「不快」だったようだ。
もう車には絶対乗らない。「ころされる!」って言う位鳴く。
いちど実家に連れて帰ろうとして、道中2時間以上、ひと時も休まず鳴き続けた。

 

餌だって、大きいサイズのお徳用を食べては吐き、食べなくなってワンランク上のやつに変えた。
肥満気味だったのでカロリーオフにしたら、食べては吐き。
しかたなく高価な

「吐き癖のある猫に」

という餌に変えた。それもときどき吐く。
かつおのおやつもやってる。
ちゅーるも半分づつやってる。

なのに不満げにギャーギャーなく。

ご飯が少ないとき、自分に「非がない」とふんだときは、こちらの目を見てギャーギャー言う。
ハリのあるでかい声をあげる。

反対に自分がちょっと「あ、やっちまった。やばい」と思ってる時はまったくこっちを見ない。知らん顔で床を見てる。

 

 

うちの猫は夫婦の会話が気に入らないらしい

僕ら夫婦がふたりでしゃべってると機嫌が悪くなり、文句を言う。
妻がバンド用の歌の練習をしてるときは、もっとうるさく邪魔をするらしい。

僕らがご飯を食べ始めると

  1. おしっこ
  2. うんこ

の順番でする。一回づつ流しに行かせる。

僕ら夫婦はわりと喋る。
そのたびに

「うるさい!」

というようだ。
そのうち手が出る。ひっかき始める。

「うるさい」というと

シャー!っとものすごい怖い顔をする。

 

 

ココ以外の猫を飼ったことがないのであれなんだけど、他の猫も1日に20回くらい「シャー!」というものなのかな?
僕が「シャーっていうな」というとさらに大きな「シャー」を言う。

そして爪とぎのダンボール(これも当然僕が準備したのだ)の場所に行って「あー!いらつく!くそオヤジが!」というアテレコが一番似合うような荒々しい爪とぎをする。

 

 

うちの猫は長い長い「潜伏テロごっこ」をする。マジで飽きる。

そして一番困るのが遊んでやる時。

まあ、猫だから、棒に白いほわほわが付いてるようなとか、紐が好きなんだけど。

 

じゃれ合うように遊ぶって言うやん?
ぴんぴん〜んって動かすと、噛んだり捕まえたり。狩猟の血がさわぐって感じで。

 

でも彼女の遊びは違う。

 

一旦は攻撃する。そのほわほわを。
ガッとつかんだり、感だりする。
動かしたら叩き落としたりもする。

そしてその場を去る。
たとえばこたつの反対側に。
もうほわほわが全然見えないような場所に!

そこでじっと隠れる。

 

この隠れる時間が長いので、僕らは「あ、飽きてやめたんだな」と思い、テレビを見たりスマホを見たりする。
すると隠れて5分くらいじっとしてたのが、

ば!!っと飛んでくる。

そしてほわほわが動いてないと、あからさまに不満げに僕をみる。

「なんで途中でやめるんや??え?なにさまのつもりゃ」

って感じで。

 

いやいや、自分も時々、隠れててウトウトすることもあるんよ?

それを

「ずっと動かしとかんかい!」

っていうのおかしいと思う。

 

 

ソファの下作戦の時も、ずっと動かしてないと怒る。5分くらい出てこないにしても。
こっちは全然おもしろくないやん。

 

なんか壮大なドラマが、彼女の中で繰り広げられてるのかもしれないけど。
そういうのはちょっと・・・。

わからんし。

 

猫を飼おうと思ってるみなさん。
もう一度、考え直した方がいいかもです。

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら