不完全な気管支が泣いている【ぜんそくのつらさよ】みんなどっかが悪いよね

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

いやはや。ぜんそくがひどい。
呼吸が苦しくて眠れないし。

そもそも未熟児で生まれて、気管支がちゃんとできあがらなかったらしく「不完全」なんだって。
体っておもしろい。
お腹の中でだんだん出来上がって来るんだなぁと不思議に思った。

 

 

子供の頃はほんと虚弱で、あらゆる病気にかかってたんだけど、おとなになってだいぶ減った。

ところが50歳をこえたころから、またいろいろ不具合が起き始めた。

 

「老化と共に、いろいろ悪くなりますよ」といわれた。

昔悪かったところが再発するんだって!
体は「50年寿命」なのかもしれないね。

 

アトピーとか、小児ぜんそくとかが復活して来るらしい。
やめてー。

 

とにかく春は風邪をひかないようにしないと、そっからバタバタと連鎖的に悪くなる。
いろんなイベントもキャンセルして、家でこもってると気分が滅入るよね。

 

 

不完全な体といえば、完全な体の人ってどのくらいいるんだろう??
すべての臓器が機能してて、問題なく生きてる人って、どのくらい?
実は少ないんじゃなかろうか?

こころでも、からだでも、どっかが少し欠けてる。
そんなもんじゃないかな?と最近思う。

 

欠けてるところを補おうとしたり、代替え品を探したり。
満足はなかなかない。

 

 

最近「生きる」ってことじゃなく「生きてる」ってことを考える。
何かの意思を持って「生きる」と決めるんじゃなくて、「生きてる」という状態のこと。

何かを求め、手に入れようとして失敗したり、笑ったり、一生懸命だったりサボったりしながら「生きる」ことに目を向けてしまいがちだけど、病気になったりいろんなことができなくなると「生きる意味なんてないんじゃないか?」なんて思って落ち込む。

「みんなは生きてるのに!」

なんて思う。それが大きな勘違いなのかもしれない。
「生きてる」という進行中の状態、ただ、進行してるだけの日々もある。
手帳になんの予定もなくても、何かを食べたり。
床に臥せってるだけでも、体の中ではなにかがあってる。

 

ただ「生きてる」ってことを受け入れる。
そんな日もあっていいんじゃないか?と思う。

 

 

でもさ。
早く良くなってまた、いろんなことしたいと思ってる。
プランばっかり、ある。
できるかどうかはわからない(笑)

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら