自分で部屋を塗り替えてみる【築20年のマンション。リビングをまっしろに】その2〜ペンキが足りない!〜

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

ひきつづき。部屋のペンキ塗り。

 

こんなに変わっていく。
ピンクが反射してる(笑)

 

 

 

ピンクの壁は一面とちょっと。
それで4リットル缶の半分くらいだった。
今度買ったのも4リットル缶の白。

 

「まあ、大丈夫じゃない?」

 

と思っていたけど、どう考えても足りない感じ。
やっぱり2缶買うべきだった。
でもさ、高いんだよねやっぱり。

天井面と、もう一方の壁面。どちらもは絶対ぬれない感じ。

 

近くのホームセンターに電話して、今使ってるペンキと同じものがあるか聞くと、取り扱いがないとのこと。
「白とは言ってもメーカによって微妙に色が違うんですよ」と言われる。

 

決断を迫られる。

  1. 同じ色だということに賭けて、白いペンキを買いに行く
  2. 一つの壁面を違う色で塗る
  3. 連休明けに同じメーカーのもを通販で買う

 

3に関しては「養生の大変さ」を身をもって知ってるので却下。(ほんとはこれが一番いいんだけどね)

2を選んだとしても買いに行かねばならない。

ということで1と2を選択し、近所のホームセンターへ。
ペンキ売り場で白を買う。
同じくらいの「ホルムアルデヒドフリー」で「匂いがない」ものを見つけた。

もう一色を吟味するけど、いい色がない。
ここは妥協できないということで、

部屋全体を白とピンクに塗る

ことで意見を一本化。
白ペンキのみを買って帰る。

 

缶を開けて、以前のものと比べてみる。

やっぱり、微妙に違う・・・・。

 

仕方がない。
二度塗りすれば感じが変わるかもしれないし。

 

新しい白をぬる。

今度はこちらの面だ

 

まったく。見積もりの甘いやつらだぜ

 

 

どんどん白く塗っていく。

案外、微妙な色の差はわからない。
そもそも元の壁が汚すぎて、「白」は「白」にしか見えない(笑)

 

とても綺麗にできあがりつつある。

ちゃんとぬってよ!

現場監督はうろうろしてる。
白い足跡が養生してない廊下につく。

 

お昼は近所の焼肉屋でスタミナつけて、夜はカップ麺でしのぐ。
令和祝賀の人たちがテレビに出てる。

まったく関係ない。

 

丸二日間で、リビングダイニングの天井と壁を塗り終えた。
もう肩が上がらない。

 

記念写真(笑)

 

細かい修正は明日。

 

泥のように眠る。

 

つづく

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 

 

 

 

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら