自分で部屋を塗り替えてみる【築20年のマンション。リビングをまっしろに】その3〜予算オーバー(笑)カーテンを買いに行くことに〜

こんばんは、ブログアパート管理人のサニーです。

やっとの思いで、部屋の塗装はおわった。
今日はいい天気。
朝日がさしてる。カーテンをつけてないから(笑)

光に包まれてる。

 

いままでつけてたカーテンはもう10年以上前のもので、相当高価なものだったんだけど。
結露によるカビがすごくて、レースのカーテンもなんども洗濯して使ってるのでグレーに。

 

せっかく綺麗になったのでカーテンも変えたいと。
納得。

この時点でかなり予算オーバーしてることもあったけど、ホームセンターに買いに行くことに。

 

このかわいらしさよ!!自画自賛よ!

妻の作った「鹿額」と、お祝いの(自分でね笑)花と。

ここにはやっぱりカーテン欲しい。

 

車を飛ばしていく。

 

カーテンってのもなかなか好みのものがない。

うちのマンションは窓がでかくて。
オーダーしないとなかなかないんだけど。

 

今回はもうすぐにでもいるのであるやつから探す。
うーん。
難しい。

どうして可愛いカーテンってないのだろう。
あってもオーダーだったり、倍以上の金額だったり。
粘る。
粘って探す。

 

数回の協議の結果、カーテンは少し地味目にして、襖のような引き戸に壁紙を貼ることで、全体的に「ちょうどいい感じ」にすることで二人で納得。

レースのカーテンのかわいい奴を見つけたので購入。
小さな出窓のカーテンは、やはり気に入らなかたので、今回はレースのカーテンだけ。ベランダによしずで対応することに。
カーテンは後日また。

カーテンて結構するんよね。とほほ。
かなりの出費だ。

 

でも、いい感じ。

レコードプレーヤはいったん退けた。

 

刺繍が入ってるんよ!!!

 

しっかり遮光

 

 

内覧会をしたいくらいよ(笑)

 

もうすこし手直ししたいところとか、壁紙がとどくから。
そのあとあたり。

 

やっと「誰かをお呼びしてもいい」気持ちに妻がなってます。
もう少ししたら遊びに来てね。

 

 

 

忘れられない「平成〜令和」になったね、結局。

 

僕らは何かをするときかなり協議をする。
そこでよくないのが(?)

「できるっちゃない??」という見積もりの甘さと、「やってみたい!」という好奇心(好奇心が猫を殺すっていうよね笑)。

 

でも最終的な結論は
どちらがその部屋にいる時間が長いか?ってのが重要。

キッチンやリビングは圧倒的に妻がいる時間が多いので、最終的な判断はまかせる。
まあ、あまり趣味に違いがないから問題ない。

理想があって、そこに向かっていくのだけど、なかなか100%ってわけにはいかない。
そんなときに「何を優先するか」は人によって違うから、話し合いが必要になってくる。

100%を目指して、でも結果80%くらいになっても、話し合いで作り上げるという行為自体に20%の価値はあると思うんだ。
だから結局100%(と思い込んでる笑)

 

ぜひ、遊びに来てください。
母の絵や、妻のアートをご覧ください。

 

ようやく落ち着いてのんびりできるにゃー

 

自分で部屋を塗り替えてみる【築20年のマンション。リビングをまっしろに】その1〜荷物移動に四苦八苦〜

自分で部屋を塗り替えてみる【築20年のマンション。リビングをまっしろに】その2〜ペンキが足りない!〜

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら