どこかへ行きたい、もしくはどこかに属したい【旅と定住】どっちもあるよね

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

趣味の世界、例えば僕の場合は音楽とか写真とか。

活動の場所を探すうちに、「うちでやったら?」なんて声がかかるようになったり、知り合いが増えてなんとなく「仲良しグループ」ができたりする。
どこかの場所に属したり。

音楽で言えば、僕はずっとながいこと「馬出ブローイン」というところで、ほぼ月に一回ソロで演奏してる。
馬出派だとおもう。

まあ、ブローインは特殊で、「オリジナルしかやらないライブ」。しかも全員が真剣勝負でお互いがお互いを認めながらも「こいつに勝ちたい」なんて思うバトルロワイヤル的な場所。

マスターのマルツカさんの優しくて鋭い目の前で、渾身のライブをやらんと、次はない。
そういう「ヒリヒリした感じ」がたまらない。

 

 

他にもいろいろな場所で演奏してきた。
最近は北九州に誘われることがおおくなった。

でも、ずっと出てるところは「ブローイン」だけ。
ここから声がかからなくなった時が音楽をやめるときかもと思ってる。(まあ、やめないだろうけど)

 

あとはいろんな場所で、知らない場所で、知らない人とやることが多い。
そう。
実は何度か出てても「呼ばれなくなる」ってことがとても多い(笑)

 

なんていうか、「ずっと仲良く」ってのやれないのかなぁ。
僕自身はそんな気持ちはないんだけど。
なぜか「避けられる」ことも多い(笑)
ある人に言わせると「圧が強い」んだって(笑)
そのことは僕の「悩み」でもある。

 

 

ずっと安定して演奏できたらいいなあという気持ちと、
ここじゃないどこかでやってみたいなぁと思う気持ち。
どちらもある。

そのどっちもを叶えようとすると、ライブが増えてしまうのでもう無理。

属することの楽しさも、旅することの楽しさもあるもんねぇ。

 

 

いつも同じ顔ぶれでやる「親密さ」と、知らない人とやる「緊張感」って、どっちがいいとかわからない。
僕はどっちも味わいたいな〜と思ってる。

まあ、人生は残り少ないから無理はできない。
これからもこのまま、ふらふらと漂っていくんだろうなぁ。

 

 

写真の世界はまだ、全然知り合いもいないし、誰かと一緒にやる種類のものじゃないとおもうので、ずっと一人。
でも、技術的なこととか知りたいときは「先輩」がいるといいな〜とは思う。

 

 

年齢が年齢だからか、なんか相手の人が気を使っちゃうのもわかる。
僕がものすごい人見知りだからってのもある。

 

人が好きか?と言われて、みなさんは即答できる?
僕は「う〜ん」と黙り込む。

人も好きだけど、人との距離も好き。

 

まあ、グズグズした話だけど、こんな風に感じてる人が他にもいるような気がしてつぶやいてみた。

 

 

ただひとつ、確かなことは
年を取ってくると、自分に合う人はわりとすぐにわかるようになる。
期待してがっかりすること。期待されてめんどくさいこと。
これらがぐ〜んと減ってくる。

うまく関わらずにいれるようになるから。

 

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら