もう「自由」でなんかいたくない。これが本当の気持ちなんだろ?【君たちの時代がやってくる】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

この広告を見て、よくわかった。
ここでいう「私たち」とわいれるニュージェネレーションはもう「自由でなんかいたくない」んだなと。

 

アマチュアの音楽シーン(このシーンって言葉ほんときらい)とか、普通の社会人世界とかに関わってると、わかる。

若者にとって「自由は重荷なんだ」って。

 

 

与えられた選択肢の中から選んでいく。
3択問題のような

  • いかにも考えてるような気持ちにさせてくれて
  • 正解(と、出題者が定めたもの)を見つけたら褒められる

生まれた時からそうだったわけじゃないだろうけど

  1. 「人格」が出来上がる子供時代を「学校」という矯正施設ですごし
  2. 家に帰れば「家庭」という矯正施設ですごす。
  3. その間のわずかな時間さえ「友情」という呪縛と、「仲間」という牢獄ですごす。

「自分で考える」必要などない。
「何に従うべきか」だけ、読めばいい。
その嗅覚は優れていて、色々な世界の「多数」「強者」に従うことができる。

 

「僕らはきちんと考えてるよ。誰と仲良くして、誰につくべきか」

 

一度、クラスでもオフィスでも認められて褒められたら、その喜びから逃げられない。
褒めて伸ばすってのは「飴を与えて縛り付ける」ことと同じで。

逆に一度でもクラスでもオフィスでも「外されたら」どんな怖いことになるかを知ってる。
だから逆らえない。
たとえそれが持ち回りの「いじめ」だったとしても。

 

「何に従うべきか」

そこでのみ生きる。

「選択肢の中から何を選ぶか」

そこのみに生きる。

 

外枠は出来上がった。

いま、シャツが1000枚、クローゼットにかかってる。
色とりどりだ。
きっとどこかに好きな色やデザインがある。
それを手に取る。

 

 

すこしすると、シャツは100枚に減った。
でも選択肢はまだある。
「あれ?好きなのなくなったなぁ」と思う人もいるかもしれないが、「その中から選ぶ」ことを知ってるから、選ぶ。なくなった色やデザインのことはもう誰も忘れてる。

 

そのうちシャツは10枚になる。
もうほとんど同じ色だ。少し違った色もある。「選択肢の範囲」で。
あらかじめ与えられた「従属」と「反抗」のデザインだ。
もちろん「従属」のデザインを来てる人の方が多い。

 

 

「あの人が着てるから」
憧れの人が着てる服を着る。

「あの人も着てるから」
仲間の着てる服を着る。

反抗の服を着る人もいるにはいる。
「やってらんねーよ」と反抗する。
少数だけど仲間がいるから大丈夫。
与えられた「反抗」を着る。

でも「シャツを着ない」という選択肢はない。
2択の中に入ってないから。

 

  • 考えると怖いから考えることをやめる
  • 考えるのめんどくさいから考えない

 

あからさまにそういう態度をとったりする人がたくさんいる。
ちょっとでも自分のなかに「選択肢にないものをえらぶ」なんていう発想の芽が生まれたら大変だから。
世界中から「外される」から。

 

  • あの人の音楽が好きだから、あの人みたいに
  • あの人の写真が好きだから、あの人みたいに
  • あの人の書く文章が好きだから、あの人みたいに

 

あの人はもう「与えられた服」を着てる人かもしれないよ。

 

もう、自由でいたくないんだろ?
なにもないところに行きたくないんだろ?
ベストセラー、マストアイテム、定番コレクション…。
それだけで生きていきたいんだろ?

「違う!」っていえる?

 

選択肢のない世界はもうない。
その3択問題を出してるのは誰だろう?
そこだけでも考えてみたらどうかな?
問題が「どこで作られて」「誰のために作られて」いるのか。

 

こんなおっさんに未来はない。
でも君たちにはまだ、かろうじてある。
眠りから目覚めて、痛みを感じるか?
眠ったまま誰かの栄養源になるだけで生きるか?

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

首と腰って大事【頚椎ヘルニアとぎっくり腰】僕を後ろから呼ばないで... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 いやあ。やってしまいました。首と腰。 一年ちょい前に、初めてのぎっくり腰で脂汗をかいていたのはこちら https://mylifeismi...
自分で部屋を塗り替えてみる【築20年のマンション。リビングをまっしろに】その3〜... こんばんは、ブログアパート管理人のサニーです。 やっとの思いで、部屋の塗装はおわった。 今日はいい天気。 朝日がさしてる。カーテンをつけてないから(笑) 光に包まれてる。 &nb...
夢の話を書くと死に近づくと言われるけど【最近、夢を覚えてることが多い】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   最近、目が覚めても「夢」を覚えてることがおおく。 夢を記すと死ぬとかいう話もあrけど、せっかくなので書いておく。 眠りが浅...
僕がおっさんだからなのか?【女と酒と過去のやんちゃ話はもうやめて】コミュニケーシ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 54歳。 知り合いでないひとが僕を見ると「おっさん」である。 まあ知ってる人はガーリーなおっさんだというのを理解してくれてるとおもう。 ...
ジェンダーのむつかしさ【ブッダもジーザスも男性でもアマテラスは女性】あなたはただ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 ジェンダーという言葉、最近はよく耳にするようになってきた。 僕はなんとなく、「社会的な性差?」ってことくらいしか本当に理解はできてないんだ。...
30分叫び続けても死なないってわかった(本人談)gn8mykittenの歌は聴く... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   先日、 十数年ぶりに「チープサイド」というライブハウスへいきました。 飯倉という、ちょっと 行きづらいところだったけど。 ...
あらゆる職場でバカと対峙する人たちへの賛歌【悪夢の民主党時代というバカのたわごと... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   妻の職場。ぼくのまわりの大人。 いい歳をした大人が「悪夢の民主党時代があるけん、野党に投票はしない」という。 割と多くの人...
どこから始まったのか?一億総奴隷化。「反対することは悪だ」という考え方。... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   確実にマイナス成長してる僕の経済状態なんだけど、今朝、資金の移動のために「F銀」から下ろし、「N銀」へ入金した。 西銀で入金...
参議院選挙の結果にがっかりしてるみんなへ【これからは個人の戦いです】一本の木でい... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 今日は夜ではなく、お昼に公開です。   参議院議員の選挙が終わりました。 投票率48.8%(総務省) 与党が過半...
選挙が終わって。【今必要な政治家はどんな人?】家族で激論。諦めきった今からの再ス... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   統一地方選前夜、久しぶりに家族三人そろった夕ご飯。 当然(?)選挙の話になる。 息子はどこに入れようとしてるのかはわか...