6.19の「武器よさらば」について思い出してみる【どうしようもない事へのどうしようもない怒り】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

すこし、体調も回復して37℃ちょっとになったので、先日の武器よさらば@6.19について書こうと思います。

思い出せないところもあるけれど。事実とは違うところもあるかもだけど、誠実に書きます。
重たいかもしれないし、不快になるかもしれない。
それはもうしょうがないです。

 

Kei Kumagawaの「花小径」に続いてのステージなので「花の歌をしょっぱなにやったらどうかな?」と岡村くんから提案があり、それもいいかもと同意。

花の歌は
戦争で焼き尽くされた大地にどこからか「命のもと」が飛んできて、芽吹いて。
でもやっぱりぼくらの狂乱、騒乱に踏み潰されるといううた。

大濠の花火大会で踏み潰された花や、ハロウィーンでひっくりかえされた軽トラ。
復興支援をほっておいてオリンピックに熱狂する姿。
祭りの後に捨てられるゴミの山。

そのことについての考えがずっと心にあって。

 

ライブの熱狂や、スポーツその他のイベントの熱狂は「戦争の熱狂」と同じなんじゃないだろうか?と思うようになった。
高揚感と、自分たちを肯定する力。
力なき花や、道路への仕打ち。
熱狂を欲する僕らは戦争を望んでるのではないか?
音楽の力は正しくて戦争は正しくないのか?
熱狂が僕らを殺すのでは?

そのことをずっと考えた。
手拍子が、叫び声が、コール&レスポンスが「戦争を呼び込むのではないか」という妄想にとりつかれるまでに。

でも、違うんじゃないか?とも思う。
集団から発せられる熱狂と、個人が個人的に産む熱狂は違うのではないか?と。
そのことを探りながら、信じながらの歌だった。

 

この国は今「冷めた熱狂」に包まれてる気がする。

どんなに主権在民をうたっても、多くの人は「国民主権なんかいらない」という政党を支持してる。
今度の選挙でもきっと「国民主権なんかいらない」という政党が大勝利する。
「冷めた熱狂」を持つ人は投票に行かず、ロボットたちが投票するから。

 

僕はもう時代を担う若者ではない。
だけど、この国の息苦しさをダイレクトに感じてる。
「どうしようもなさ」にずっぽりハマってる。
20代の息子や友達。もっと下の子供達。
そんな子達に「きちんとした未来」を残せない。

  • 戦争になるとか、独裁とか、そんなことあるわけないよ、この国に
  • サニーさん農法がよっぽど戦争したがってるみたい
  • 被害妄想がすごいね(笑)
  • サニーさんパヨク?(笑)

実際に言われたことだ。
そうかもしれない。そうだったらいいなと思う。

ただ歌ってる僕が言われるんだから、主催の岡村くんなんてどれほど「痛い目にあってるか」わからない。
本当に彼を尊敬する。それでもステージに立つんだから。旗を立てるんだから。

 

僕はこの日、岡村くんと心中する気でいた。

このどうしようもない世界、どうしょうもない趣味の音楽活動、どうしようもない現在をぶちこわす。
ぶちこわせないなら、こっちが壊れてやる。
そんな気持ちだった。

 

でもさ、それじゃ「負け」なんだよ。
僕は「生きていたい」と思った。ライブが終わっても、またみんなに会いたいと。

 

「あなたのライブのパフォーマンスは好きじゃなかった。引いた。」と妻に言われた。

悲しかったけど。
よくわかった。
時に

「三人の【武器よさらば】はすごくいいバランスで、楽しそうだった。自由を感じた」とも言われた。

僕は集中し過ぎて、自分の思いを爆発させてしまった。それを受け取って支えてくれた岡村くんとウエムラくんがいたんだ。
幸せだ。

ライブはどうなるかわからない。
いつも考えていることがステージに「どんな形であらわれるか」は自分でもわからない。
パフォーマンスではないからだ。

 

長くなってしまった。

武器よさらばは、岡村くんの「武器よさらば」という曲がまんなかにある。
「もう戦わなくていい」と大きな声で言うための歌が。
憎しみや絶望を通り抜けて彼が歩いてきた道を、そのまま歌にしたうた。

 

 

今回は、もうすぐにくなってしまう「日本国憲法」第九条を歌にいれた。
人類の理想の姿が描かれた憲法。
どんな思惑があろうが、だれが作ろうが関係ない。
すばらしい文章。

これがなくなる。
残念なのは「なくなってもいい」と思う人が多数派なこと。結果的に、消極的にでも「なくなることに同意する」人が多いこと。
理想を歌わないなら、歌に何の意味がある?
理想を残しておくべきだと思う。

ぼくは「世論」なんて気にしちゃいない。
ぼくは僕の中の心を信じてる。
きっとひとりじゃない。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

Tiny Desk Concerts(タイニーデスクコンサート)に出るのじゃなく... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 Tiny Desk Concertsって知ってる? youtubeみてたらかなりの確率ででてくるやつ。   &nb...
小国・ギャラリー青雲【時を刻み続ける時計と緑に侵食されるお店】一度は行ってみてほ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   小国へ行くのは久しぶり。 そしてギャラリー青雲へいくのも本当に久しぶり。 もう4〜5年行ってない気がする。 &n...
歌を作り始めて15年近くたった【続けていると、変わっていく】たまには振り返りも大... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 37歳のころからアマチュアで音楽活動を始めて15年以上が経った。 最初はコピーバンド。 それから半分くらいコピーバンド。 その頃から「バ...
友達を勇気づけることはできないけど【ネットのヘイトは突き刺さる】SNSはむずかし... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   このブログを見てるみなさんはSNS経由のかたがほとんどだと思うけど、SNSとどうやってつきあってますか? 基本的に「個人的な...
どろろ【手塚治虫の大傑作】奪われたものを取り返してゆく〜ジェンダー、生まれついて... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 TVをほとんど見ないので新しい番組とかの情報はSNS経由。 そこで「どろろ」がリメイクされてるのを知った。 あの、手塚治虫の「どろろ」。 ...
戦争と戦争の間に僕たちはいる【1945年8月15日、戦後が始まった日】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   8月15日。 そとは台風の影響により雨。 1945年8月15日。 戦争が終わった日。 敵にも、味方にも多くの犠牲者...
2019年の6月19日LIVE【どうしてひたすら楽しい事をしてるのに怒りが湧いて... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 6月19日は、福岡大空襲のあった日。 つい何十年か前に、逃げ場のない市民にむけて爆弾が落とされた日です。 去年と一昨年の記事はこちら ...
カラーコピー、フォトショップ。初めて使った時魔法かと思った【いまはデジタル写真の... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   今日の記事はおっさんの「昔は良かった」的なものと「いやーいまもすげーなー」的なものが混ざってます。 ぼくは香椎にある芸術...
ブラックホールで歌ってから一年が経った【いろんなことがガッツリと変化した一年】サ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   フェイスブックはよく「なん年前の今日」なんていうのを上げて来る。 今となっては嫌な思い出になってることもあるけど(笑) ...
やはりこの世は生きにくい、なら?【支配的なことに異議を唱えるのが「女性のまなざし... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   10連休が始まりますねぇ。 もちろん休みじゃない人もたくさんいると思うけど。 平成のヒット曲!とか事件とかを特集する番...