広告の劣化について【想像力の欠如はお互い様?】ものを伝えるだけの言葉は面白くない

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

広告がバカになってる。
このところ。

「炎上」という一番コストがかからず話題になる「ハイコスパ」な戦略を考えた上でのことだとしても、さらに「民衆はすぐ忘れて他のバカを探しにい行く」というマーケティングに沿っての戦略としてだとしても。

 

着物を着たら

  • ドアが全部自動ドアに(誰かが開けてくれる)
  • ハーフの子供が産める(っても WASPのみね)
  • 年収の高い人からナンパされる(ナンパ数も減る)

だから着物っていいね!

とか

 

 

  • 毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。研究機関 研究者/80代
  • 私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。外食チェーン 経営者/40代

とかのブラック企業万歳みたいなのとか。

まだまだたくさん。

 

まあ、NHK自体が政権放送で嘘とヘイトにまみれた放送をしてるから、スポンサーだけが悪いとは言えないけど(笑)

 

あきらかに「ケンカを売ってる」と見せかけて不出来な広告。
元広告業界にいた身としてはかなりつらい。

 

1980〜90年代は広告文化と言うものが存在した。
新しい観点、新しい視点、新しい異種混合を広告は宣言し、切り出し、ぼくらに教えてくれた。
コピーライターというお仕事が注目を浴びたのもこのころかも。

広告はアートで、刺激的だった。

 

唄の多くが「I LOVE YOU 」と言わずに愛を伝えるものであったり、言葉を発さない花鳥風月の代弁であったりした頃には、いくつもの意味にとれる言葉とか、言葉の力が生きていた。

ぼくも「広告文」を書くのがすごく好きで、ものすごく考えた。
数100点の写真が載る本の全てに写真に「コピーをつける訓練」とかをした。

 

 

7年くらい前からまた広告文章の仕事をはじめて、WEBのための広告文章というセミナーに行った。
なんせ、はじめてだから、「今」を知るために。
そこで言われたことに驚愕した。

  • 複数の意味を持つ言葉はダメ
  • 読む人に考えさせてはダメ
  • 頭を使わせてはダメ
  • 読む人は小学校低学年のレベルだと思え

 

イマジネーション、つまり、想像させることはダメ。
なぜなら読み手はバカだから。
バカにはバカにわかる言葉でものを売れ!

 

これは「歌詞」にもいえるらしい。

某アーティストは、ライブ会場でアンケートをとった「歌ってほしい言葉」をつかって歌詞を作るらしい。
「君が好き」「僕が君を守る」とか、そういう「100%間違いないことば」のみを使うようにとのこと。

つまりリスナーはバカだから。
バカが欲しがる言葉で歌って金を巻き上げろ!

 

 

こんな教育をうけた「クリエイター」たちが、「ちょっと想像力をつかってみたりなんかしちゃったりして」広告を作る。
しかもその会議が

あらゆる年代、性別の人が目にする広告であるはずなのに、大体がほぼおっさんたちの集まり。

「いやいや、うちは誰もが意見を言える風通しのいい会社だ」というかもしれない。

でもね、そんなおっさんが上にいる場所で「思ったことを言えるわけない」じゃん。
部下の、若い人の「わかりました」は「ああ、この人とは話にならんわ」とイコールであることを知らないおっさんが多い。

 

広告を世に出す前に、第三者的立場で見てもらう機関ができるかもね。
でもね、すべてが「毒のない」「みんなを不快にしない」ものになるのはつまらないなとも思う。

 

文章を見る人も、読む人も、どちらにも劣化の原因と責任がある。
社会全体にあるのかもしれない。

 

まあ、僕は本を読まない(文字が見えない笑)のでなんだけど。
でも、文章をどれだけ読んでいるか?と「想像力」は確実に比例するともいえないんじゃないかな?

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

さよなら、さよなら。【12月からの3ヶ月、ひとりぼっちの事務所】花を飾って、乾か... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 仕事は、いろいろです。 ここ数年やってきた「コンテンツマーケティング」が頓挫してしまい、去年の夏からいろんな仕事を掛け持ちしてます。 大赤字を...
キュア、キュア、キュア@ギャラリー天神アートフレンズその3【カメラを止めるな(笑... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   キュア、キュア、キュア@ギャラリー天神アートフレンズその3は、展示の合間にとった写真を。 この日は展示用に生花を持って行...
田口裕一朗presents 『music train vol.2』 〜君だけのロ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 いやはやもう随分時間がたってしまったけど、5/4に住吉のブギにて「田口裕一朗presents 『music train vol.2』〜君だけのロッ...
写真を撮りに嘉麻市へ【緑に侵食される街】自分の好きな写真はワンパターンだというこ... こんばんわ。ブログアパート管理人のサニーです。   先日「嘉麻市」に撮影に行ってきました。 なぜ嘉麻市?というと、インスタで見た「旧炭鉱住宅」がすごくよさそうだったので。 「...
チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台@三菱地所アルティアム【大好きだったチ... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   ようやく三菱地所アルティアムであってる「チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台」を見に行くことができました。 ...
雨のバスでおもったこと【日常の散文シリーズ・小笹から駅南三丁目まで】いつもは自転... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   いつもは雨が降っても雨合羽&長靴で自転車通勤なんだけど、その日は夜、予定があったのでバスにした。 うちの前を通るバスは1...
あらゆる職場でバカと対峙する人たちへの賛歌【悪夢の民主党時代というバカのたわごと... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   妻の職場。ぼくのまわりの大人。 いい歳をした大人が「悪夢の民主党時代があるけん、野党に投票はしない」という。 割と多くの人...
内田裕也、親父とおなじくらいの年のロックンローラーの死【敵国音楽に魅了されて】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 内田裕也が死んだというニュースが入って来た。 「あの樹木希林さんの夫」という肩書きで。79才。うちの親父とほぼ変わらない。 子供時代に終戦を迎...
萠珈・高倉くん・TAKA。真っ黒なひとたち@プレイボール:アクアリウム【小さく爆... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   昨日はプレイボールイベント。萠珈のしきりの夜でした。 ぼくは新しいバンド「somehow」での出演。 このバンドのこと...
馬の骨音楽会@ブローイン【次元の違う天才を目の前にすると薄ら笑いをしてしまう】音... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。   さて、先日「ちょっとしたものを見た」ライブ。 馬の骨音楽会の模様を。   このイベント...