アナと世界の終わり:感想【グレイテストショーマンより好きだった笑】愛と勇気とユーモアに溢れるゾンビミュージカル!

 

アナと世界の終わり:感想:2017年のクリスマス映画?かな?

いやー。満足度がとても高い映画。
愛らしいゾンビ映画に、80年代サウンドの青春ミュージカルをぶっつけてミクスチャーしたこの「アナと世界の終わり」は、ベタなストーリーと地味な配役(それでも素敵すぎる配役)でやってのけた大傑作!

もちろん「雑」な部分もあるし、ええ?それでいいの?的な部分もあるけど、すべて許せる。
最近「がっちり作り込んだ映画」を見てたから、久しぶりに「ヌケのいい映画」ですっきり!

製作は2017年となってる。クリスマス映画だろうか?
シネコンのちいさな部屋でかかるのに最適な映画だなー。

 

アナと世界の終わり:感想:期待を裏切らず笑わせる

ストーリーは簡単?
イギリスの田舎町の高校生のアナ。
幼い頃に母を亡くし父トニー(学校の用務員さん?)と二人暮らし。アナは大学に行く前に「世界を旅したい」と父に内緒でバイトに励み、お金を貯めていた。

幼馴染のジョン。
彼はアナのことが好きだけど、「ベストフレンズ」をぬけだせない。
彼の冴えないクリスマスセータ(電飾付き)だけでもこの映画の愛情を感じられる。

クリスマスイヴ、ジョンの口の軽さから旅行の計画がバレてしまい、アナと父は大ケンガ。
世界中どこにでもあるようなクリスマス前夜のことだった。

 

でもさ「今日は新しい日だ〜〜」とウキウキで登校するアナ。
待ち合わせをしてる場所で突如(笑)スノーマンの着ぐるみを着た血だらけの男が突如現れジョンに襲いかかる。

このスノーマンゾンビをアナは「  」を使ってふっとばすんだけど。

 

 

この辺からの「前フリ〜ネタ」のベタさ加減よ(笑)

なんのひねりもない、もしくはひねっていても、ワンシーンの説明ですぐに納得できる、ツボにはまる「ゾンビVS」ネタが攻めてくる。

シーソー、ボーリング場、ボールプールでの移動。

バカである。ほんとに。
でも、頭を使わせずに笑わせて、後半の「いいシーン」までハッピーに(というか、ノータリンに笑)ひっぱってく。
アメリカ映画ならもうちょっと派手だったり大げさだったりするんだろうけどね。
アナと世界の終わりはイギリス映画。

 

 

クラスメイトたちと合流したアナとジョンは、クリスマスの学芸会の準備のため取り残された学生たちを救出するため学校へと向かう。てのが一応のお話。
ミュージカルなので「青春学園ぽい歌詞の歌」「クリスマスソング」が織り込まれて行く。

 

 

アナと世界の終わり:感想:期待を上回るお父さんの歌声

ここで、映画の中で歌われる曲から好きだったものをすこしご紹介

「Christmas Means Nothing Without You」
本当にありきたりなクリスマスソング。ポップでキュートで、クリスマスは楽し〜家族と一緒〜でもあなたがいなくちゃ意味がないわ〜〜って(笑)
愛情たっぷりだ。

「Hollywood Ending」
人生は映画みたいにかっこよく終わらない〜という、これまたありがちな。
でも歌うキャラクターがいちいち「冴えない」ので、すごく胸にくる。
短髪の女の子が「よお!アニーレノックス!」って言われてたりするところがたまらん(字幕では男女!)
ハリウッドみたいに終わらない!ってのは英国映画流の皮肉かな?

「It’s That Time Of Year」
この歌を歌うMarli Siuがすごくよかった〜〜。顔が古い!
半裸のトナカイ男たちをひきつれて歌う。
かわいい!

https://youtu.be/VEefZSvh434

 

「Soldier At War」
ゾンビたちをぶっ倒すのが楽しくてたまんない「マイルドヤンキー(お父さんが警察署長)」が歌う。
イントロがミュートしたギターでもうアイオブザタイガーなわけよ。
イントロ始まったとたんツボにはまって笑った。

 

「I Will Believe」
友達も、お父さんも噛まれてゾンビになってしまう。
楽しかったあの頃を思い出しながら、しんみりと。

そしてセカンドコーラスからお父さん役のmark bentonが歌い出すと、ガラッと変わる。
本格的なミュージカルに。
めっちゃかっこいい!!

 

アナと世界の終わり:感想:映画の神はエンドロールに宿る?

エンドロールで総括される映画のシーン。
そのアニメーションがとにかくかわいい

 

ラストシーンが「え、それでおわりでいいんだ?」なんて感じになるのさえ楽しめるのがこのエンドロール。

いい映画だったのにエンドロールでがっかりってのが割とある。
これはその逆。
ゆったりと現実に戻してくれる。

 

ゾンビと青春ミュージカル。
くっつけてみよう!っていうアイデアはそんなに新しくもないだろうけど、いろいろなエラーもあるけど最終的に「とても楽しめる映画」になってる。

 

  • 誰も成長しないし
  • 恋は成就しないし
  • 現状はそのままだし
  • 何一つ解決しない

だけそ、それが映画だってわかる。映画らしさ。
「何かに奴立つ」とか「感動する」ってのばっかり見てるとバカになるよね(笑)

主役の女の子がすごくいい感じ。
かわいくもあり、かっこよくもあり、でも少し「どこにでもいる感」もある。

 

かも〜んさんた、ぎみつみ〜〜〜

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

ブルー・マインド:感想【グロいと見せかけて爽やかに優しい風が吹く青春映画】... https://youtu.be/b_2feDQSTyU   ブルー・マインド:ティーンエイジ反抗&友情映画 両親の仕事の都合で新しい街に引っ越してきたミア。 転向したての学校で...
ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス:感想【Do It yoursel... https://youtu.be/Q-isYb9x7YI ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス:パンクはファッションだ パンクロック。 現在53歳の僕と同世代の「ちょっと道を外れてしま...
ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界:感想【冷戦とポエトリー】耐えられ... https://youtu.be/ELcX7k-qo18   ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界:相変わらず説明過多な邦題(笑) エルファニングまつり継続中。 彼女の...
エンジェル、見えない恋人:感想【最初から最後までもう完璧に好みの絵柄が】設定もお... https://youtu.be/LCkybIQPnPY   エンジェル、見えない恋人:目の見えない女の子と透明な男の子。ボーイミーツガール 魔術師のお父さんと、その相方のお母さん...
アバウト・レイ 16歳の決断:感想【凡庸な作品と言われたけれど】エル・ファニング... https://youtu.be/MCcjgcZ4qr4   アバウト・レイ 16歳の決断:自分が自分でないことは耐えられない こんがらがったようでストレートな同居家族+ ...
誰もがそれを知っている:感想【犯人予想は割とすぐできるけど】小さなコミュニティの... https://youtu.be/lyNiznyEOhA   誰もがそれを知っている:2時間を超える大作だけど、テンポも良くてとても見やすい心理スリラー ああ、「誰もがそれを知って...
グリーンブック:感想【差別をする古い人たちと、変えて行く人たちの勇気】極上のエン... https://youtu.be/54LYdlY4yD4   グリーンブック:散りばめられた全ての要素が映画的に輝く大傑作 人種差別が色濃く残る1960年代、今からたった60年くら...
グッバイ・ゴダール!感想【いかにもゴダールの映画に出てきそうなかわい子ちゃん主演... https://youtu.be/qElMbVK5Dtw   グッバイ・ゴダール!めんどくさい天才ゴダール ゴダールの映画って、まともに見たことがある? 僕はベルモントの2作と、...
サスペリア:感想【母性と不安。ダンスと狂騒。意外にもグッとくるアートなホラー】... https://youtu.be/0d9OSQrdyiQ   サスペリア:1977ベルリンの不穏な空気につつまれる 「けしてひとりでは見ないでください」なんていうコピーが懐かしいホ...
僕たちは希望という名の列車に乗った:感想【自由とは?同調圧力とは?何年か先の日本... https://youtu.be/bFBqvD98Jvw   僕たちは希望という名の列車に乗った:今この国で一番見るべき映画 なんて言われるとうさんくさい?よね?わかるわかる。 ...