ぜんそくの発作と、薬の副作用【眠れない夜の思考回路】僕らは扉の前にいる

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

最近、風邪が治ってから喘息気味で。
呼吸が苦しい時がある。

この日もかなり苦しかったので
以前からもらってた吸入薬を使った。用量も間違えずに。

でもそのあと部屋を歩いていたら、体の力がガクッと抜けて。
部屋に倒れ込んだ。
立ち上がろうとしても体が動かず、手足が痙攣してる。

ものは言えてるから、脳ではないと思った。
「あら、これは薬の副作用?でもいままでそんなのなかったのに」

など考えてると、意識ははっきりとして、どこも痛くはないのに、なんというか体からすーっと自分が離れるような瞬間があった。

「こわ!」

と初めて思った。

それは一瞬で、また体の感覚が戻ってきたんだけど。

 

 

しばらくは痙攣がおさまらず、力も入らず。
でも徐々に戻ってきた。

咳も落ち着いたようだ。

 

薬物の過剰摂取で死ぬ人ってこんなかんじなんだろうかな〜と思いながら震える手を見ていた。

 

そのあと眠ったんだけど夜中の3時に目が覚めて(夢は楽しいものだった気がしてる。忘れたけど)
ぐるぐると思考が止まらなくなってることに気づく。
最近、多いな。

僕は自分の頭が「おかしい」のだろうと思ってる。
それは病気とかじゃなく。
思考が止まらなくなる時がある。

終わると覚えてない時もあるけど、考えてる間、すごく「冴えて」る。

 

昼間読みはじめたヴァージニアウルフの「自分一人の部屋」という本がすごく染み込んできてて。そこからイメージがぐんぐん湧いて(だから本はあまり読みたくない笑)。

一節に

「紹介状のない女性はこの図書館にはいれません」

と入館を断られるシーンがあって。

 

そこから膨らんできたのが以下の考え。なるべく思い出した順に書いていく。

 

自分が扉の前に立っているイメージ。
扉は閉まっていて、僕は鍵を持っていない。

僕は「部屋に入れてもらえない」

と嘆いていた。
辺りは暗くて、肩に雨が降ってきた。

さみしい。
くらい。

僕はとぼとぼと歩き出して、ふと、思った。

「あれ?僕はどこにでもいけるじゃないか」と。

 

扉のむこうは部屋で。人の気配がする。
わりと多くの人が部屋の中にいる雰囲気。ざわついてる。
楽しげな声も聞こえるし、「仲良し」があつまってるんだなぁと思う。

でも彼らはこの建物から出られない。

嫌なことがあっても。中でトラブルや仲違いがあっても、出られない。

 

たくさんの自殺のニュース。
学校という囲いから抜けられなくて死を選んだ子供や、社会という四角い箱の隅っこに追いやられて窒息した大人たち。
部屋の真ん中はゆったりとひろく、暖かいんだけど、部屋の四隅には「外れもの」がぎゅうぎゅうに詰められて息もできないほど。
真ん中はどんどん広くなり、料理が運ばれてきて、比例して端っこの人はどんどん苦しくなる。

そんな世界が俯瞰で見えて。
僕はその建物を離れる。

まっ暗い道。
かさかさと木葉の音が聞こえる。
雨の道路を走る車の音がサラウンドで聞こえる。

僕はただソファに座っていた。
そんな真夜中。

 

 

頭がおかしくならないようにバランスを取らないと。

そんな頭に割り込んできたのがBirdyというシンガーのスキニーラブという曲。
歌詞はサビのとこしかしらないけど。

I told you to be patient
辛抱強くいてねと言ったのに
I told you to be fine
健康でいてねと言ったのに
And I told you to be balanced
バランスを取ってねと言ったのに
And I told you to be kind
親切になってと言ったのに

繰り返し繰り返し。
頭から離れない。

そんなミッドナイト。

 

バカでしょ(笑)

でもさ、僕がこいう思いを吐き出して創作したり曲を作ったりしないと「自分に壊される」っていう気持ちになるのもわかるでしょ(笑)
まったくなにやってんだか。

 

 

朝、眠れぬまま自転車で会社へ。
熊本や鹿児島は大雨で大変。

でも福岡は小雨程度。

葉っぱに落ちる雨粒の音やレインコートのすそが自転車のペダルにあたるリズム。
しゃ〜〜〜っという水を弾く車の音。

耳からの音情報収集量がとても多くて(片方耳は聞こえないけど)スーパーや天神などのアナウンスやジングルでめまいがする。情報量が多すぎて。
次から次へと高速で動画を見せられてるような感覚。
そのお店の外に向かっての音楽から、室内でかかってる音楽。人の声。足音。
子供の声。

情報が分析できなくなって倒れこむことがある。とくにイオン。サニーでは、ない(笑)

 

雨の日のいろんな音は不快じゃない。
風がふいて、一斉に落ちる雨粒の音も、なにやら楽しい。

雨が降ること自体は大嫌いだけど。めんどくさいから(笑)雨ばっかり降るしね。

 

 

そんな夜と朝でした。

まずは病院行こう。薬を確認しないと。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら