小国・ギャラリー青雲【時を刻み続ける時計と緑に侵食されるお店】一度は行ってみてほしいな

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

小国へ行くのは久しぶり。
そしてギャラリー青雲へいくのも本当に久しぶり。

もう4〜5年行ってない気がする。

 

ギャラリー青雲は、山の中のアンティークショップ。
国道を少し入ったところに緑まみれに立っている。

なかにはいると大小様々な古い時計が時を刻んでる。
ちょうどの時刻になると「ぼーん」とか「かーん」とか時を知らせてくれる。

 

今回は写真をとってないんだけど、まるで映画のようなおみせ。

 

 

ここに時より寄って、ほんとうにたまに購入してきた。
いいものだから、それなりのお値段だ。
でも、「愛されてる」ものがたくさん。

もちろん、元々の持ち主もそうだろうけど、ギャラリーのオーナー夫妻に愛されてる感がいっぱい。

 

カップやソーサもたくさん。
こうやって何十年という年月を重ねた者たちが、博物館のような場所に集められて、またそれぞれに旅立って行く。
ガラスや鉄は丈夫だ。簡単に歴史を超える。
プラスチックはやはり便利な分、弱い。劣化も早い。

 

そしてナショナルなどの日本の昔のメーカーの仕事はほんとに素晴らしい。
効率化の前に高品質へのこだわりがすごい。
かつてそんな魂がこの国にもあった。
もう、なくなったけど。
日出づる国に日は沈んだ。

 

やわらかい光を放つライト。
かわいすぎるカップ&ソーサ。
ぼくはお金がなくて買えなかった。
これが現実なんだよな。

役に立たない素敵なものを買うお金がない。
無駄なことに使うお金がない。
そこから「無駄」がなくなって
文化や知識や好奇心はなくなっていく。

 

 

 

ギャラリー青雲は、時代がどんなに変わっても「愛するものに愛されたい」ものが集まってる。

 

 

熊本の地震では壊滅的な打撃があったようで。
その悲しみは、すこしお話ししただけで滲んできた。

大地はときどき、ぶるっと震えて、大事なものを奪ってゆく。
福岡の地震の時、うちもとても大切にしてたコレクションが壊れた。
カップは割れて、もどらない。
無常を感じた。

 

僕らは無常を感じながら、なおも生き続ける。
ギャラリー青雲も、めちゃくちゃになったであろう店内を掃除して、また美しい空間を作っていた。

 

ここは緑の「気」がすごいところ。
緑を感じにくるのもいいかも。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら