あらゆる職場でバカと対峙する人たちへの賛歌【悪夢の民主党時代というバカのたわごと】明日、投票にいくなよ。

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

妻の職場。ぼくのまわりの大人。
いい歳をした大人が「悪夢の民主党時代があるけん、野党に投票はしない」という。
割と多くの人が。
いつまで悪夢を見てるんだ?
そんなにすごい亡霊なのか?

「今の自民党も良くないけど、やっぱり野党に入れるのはよくない。」

良くないと思ってるところに「NO」が言える唯一のチャンスが選挙なんだけど。

原発事故の対応がまずかった?
ぼくはあの時代、与党が自民党じゃなくてよかったと心から思ってる。
隠蔽して、「もう放射能とか出てないよー」なんていうに決まってるから。

 

 

  • 奪い取った金を海外にばらまいたり
  • 放射能垂れ流しのままオリンピックしたり
  • 公文書を偽造したり燃やしたり
  • 都合の悪いことはなかったことにしたり
  • 人権は邪魔だといったり

そんなやつらに「NO」が言えないやつら。
そんなやつらに政治の話は通じない。
バカだから。そしてバカは多数派だ。

 

そんなバカと顔を合わせて働かなきゃならない少数派のみなさん。
あなたはそのままで何も間違ってない。
でももう、政治の話はしなくていい。
バカは話を聞けないから。

つらい将来が待っているのは間違いないけど
毎日がつらくなる必要はない。

あなたは自分の人生を生きて。
バカの子供が殺されたり、人権を剥奪されたりすることであなたは心を痛めないで。
もう、いいよ。

知らない間に壁が建設されていたことも、あなたのせいじゃない。

 

 

 

あしたは参議院選挙。
投票に行くな。
そして「私は行かなかった」と、堂々と歩け。
右でも左でも、言われた通りに生きていけ。

 

提供されるおたのしみを味わい続け

毒まみれのクソを食べ続け

体を壊して、それでも死ねなくて

民主党の「悪夢」をずっと見てろ

日本人の誇りという埃にまみれてろ

TVのなかの芸能人から搾り取られろ

 

こんな泥の中でも白く咲く花はある。
ぼくは野党に一票を入れる。
一風堂の替え玉目当てでね。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら