車椅子にのった人がバスに乗って来た【雨のバスは悪意でいっぱい】想像してみよう、もう少しだけ

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

最近?なのかわからんけどバスに車椅子が乗りやすい作りになってるよね?

職場にバスで行かなきゃいけなくて。
雨だから10分以上遅れてて、バス停の人もイライラしてた。
ぼくもそれには同意する。

ようやくバスが来て、乗り込む。座れた。
少し遅めだったからかな。

 

三つ後くらいに車椅子の人が入って来た。
運転手さんがガチャガチャって入り口を変身させて。
車椅子の場所へいった。お友達も一緒。

まあ、1分くらい停車することになるよね。
ぼくの隣の青年は「チッ」と舌打ちをした。

なんだろな。
寂しい気持ちになる。

 

 

車椅子のひとは「ほんとうに皆様にご迷惑をおかけしてます」的な雰囲気を出してないといかんのか!!
そのひとはごく普通な感じだった。
きっとここでそういう「申し訳ありません」的な空気を出すと「弱者だからねぇ守ってあげないと」みたいなマウントをかけて喜ぶ奴らがほんと多いよね。
障害者ポルノっていうか、マウント取って自分の幸せ感をあげる感じ。
ほんっっっっとにイヤ。

 

わかるよ。バスが遅れててイライラしてるのは。
なにかに追われるように働いてるのかもしれん。

でもさ、舌打ちはどうなん?
聞こえるか聞こえんかくらいのまあまあ大きなやつよ。「チッ」って。
いつか自分が車椅子生活になったら?って想像できない?

 

 

あ、もしかしたらベトナムの人?違うよね。
ベトナムの知り合いは舌打ちをよくする。「うーん」と物を考えるときに舌打ちをする文化があるらしく、なるべくしないようにしてるって言ってた。

 

 

バスが遅れてることを運転手に文句言う人もわかんない。
渋滞だからおくれるわけで。
誰のせいでもないやん。

 

誰に対しても横柄だったら、公平な人だと思う。
なんていうかそういうキャラなんだろなーって思う。

でもその青年は降りる時「あ、おります。すいません」と言いながらおりた。彼は窓際だったので。

 

人によって、相手によって対応を変えるその感じがもう、苦手。
お店のひとにめちゃくちゃ上から目線だったり、取引先の人にだけ横柄だったり。
「おれは客だぞ」的な雰囲気を出す人。

本当に苦手。

 

 

何かに抑圧されてるんだとおもうけどね。
気の毒とは思うけど。

 

雨のバスは悪意が塊になってる気がする。
ぼくはそれを感じすぎるからつらい。

 

 

で、ぼくの降りるバス停が近づいたので前のほうにいこうと、その車椅子の横を通ったら

 

「あれ?サニーさん?」

 

と声をかけられた。

なんと知り合いだったのだ。その車椅子の彼と。
しかも2年ぶりくらい。

わ〜〜元気だった?

 

すごい気持ちが明るくなった。
なんか、そんな日。

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら