永遠に僕のもの:感想【説教臭さもヒステリーもないセクシャルで爽快な青春映画】アルゼンチン犯罪史上最も有名な連続殺人犯

 

永遠に僕のもの:生まれついての泥棒は軽快に踊る

アルゼンチン犯罪史で最も有名な連続殺人犯の少年、カルロス・エデゥアルド・ロブレド・プッチを題材に描かれた、爽快な青春映画。

KBCシネマでチラシを見て、予告編を見て「これはきっと素晴らしく好みの映画だ」と期待値を高くしていったにもかかわらず、「DVDを買って何度も見たい映画」になりました。

映画はほぼ、冒頭でイメージが決まる。
「永遠に僕のもの」は70sのジーンズを履いた男の子が、ふらりと「他人の家」に忍び込むシーンで始まる。恐怖も悪気も、狂気もない。
音楽にあわせてダンスをする。
警報もない。
住人と出くわすこともない。

あ、これはこの子の「主体として感じた現実」を描いてるんだなってわかる。

 

主人公カルリートスのモデルとなったのは、17歳から相棒と手を組み、窃盗、殺人を犯し、当時のアルゼンチン社会に衝撃を与えたカルロス・エデゥアルド・ロブレド・プッチ。
逮捕時に20歳だった彼はその美しいビジュアルから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された。
ありがちな殺人者のプロファイル(醜く)(大柄な男)とは全く違うことからも大きな話題になった

(現在も終身刑中らしい)

まあ、映画だから事実とは違うんだけど、ほんとに彼の目から見たら「世界はこんなふうに見えたんじゃ?」と思える映画づくりは素晴らしい。

カルリートス役を演じたのは、これがデビュー作となる「ロレンソ・フェロ」

もうね、唇がたまらんのよ。

 

永遠に僕のもの:男性器と唇が汁を垂らす

この映画、脳内おとぎ話なシーンと、男性器のシーン、さらに男とか女とかを超えたセクシャリティが溢れてる。

初めて銃を撃つシーンには、睾丸がうようよと動くし、そそり立った陰茎はダイヤモンドで隠すのが精一杯。ここにモザイクをかけなかった配給会社は賞賛されるべき。

「マリリンモンローみたいだ」

盗みに入った宝石店でイヤリングを試着するカルリートスの美しさよ。
ほんと、モンローみたいだった。

銃を撃つ=射精する

そんなメタファーは使い古されてるけど、「快感」を求めて引き金を引くのに、善悪の区別は邪魔になるよね。

相棒の「ラモン」はこれまたハンサムで、ゲイの美術賞にコックサックさせる。
世界中が「ザ・男」としてもてはやしそうな存在感。

歌って踊って、盗みを働く。

 

永遠に僕のもの:なにが「永遠に僕のもの」なのか?

カルリートスと相棒のラモン。
カルリートスはラモンを「永遠に僕のもの」だと思ってた。
この邦題は「ねじれまがってる」けれど、映画の本質的なところを突いてて、なかなかの味わい。

仲良くなるには、殴りかかるか、殴られるか。

感情的にも肉体的にも近づきたい!と思ったら、そうするしかないのかも。
彼を失いそうになったから、永遠のさよならを選んだのかもしれない。

 

ゲイだとか、そんなこと関係になく「恋」は生まれる。
まるで電気に打たれたかのように。
(実際レイプ犯でもあるわけなので「勃たない」訳ではないだろう)

盗んだものにも特に興味はなく
人を殺しちゃってもとくに感想はなく
でも「もう後戻りできない」ってことは知っていて。
恋がすべての原動力になってる。

彼以外は「僕にものじゃなくてもいい」っていう感じ。
あ、絵画は好きみたいだったね。純粋に。

 

あ、女の子との爽やかなシーンもちょっとだけある。
普通の青春映画のテイストも。
そこと本編がかけ離れてないところが素晴らしい。

 

 

永遠に僕のもの:とにかく犯罪は楽しそう

狂気の沙汰とも言えるだろう「犯罪の連続」

自分で撃ち殺した人を見て「これ、冗談だよ」っていったり
最初の殺人、おじいさんを打った後のシーンは映画史にのこるんじゃないかっていうくらい「狂ってる」

だれも怒鳴らない。
ヒステリックに泣きわめかない。

ほんとうは違ったのかもしれないけど、カルリートスの見る、感じる世界には「ヒステリック」は存在しないんだろう。

宝探しのように、かくれんぼのように盗み、殺し、脱獄する。

全編に流れるロックンロールとあまいポップス。
ダンスのための音楽が彼を踊らせる。

そこに「狂気の演出」がないのが素晴らしい。
時計仕掛けのオレンジとは違うのだ。
説教臭さがないのだ。
そんなことしたら、いつか法で裁かれるぞ!という脅しがない。
普通はその「脅し」があるから観客は安心し、スクリーンの中の犯罪を傍観することができる。

でもこの映画にはそれがない。
ただただ純粋に子供が(彼氏のためってのもあるだろうけど)楽しんで犯罪を犯してる。
その圧倒的なパワーとポジティブなエネルギーがこの映画の「核」だと思う。

 

 

永遠に僕のもの:ミラノ風カツレツが食べたくなる

ママの作った料理が好き。
ほんとうに美味しそうに、幸せそうにカツレツを食べる。
父親にも手を振る。

「3人で旅行に行きましょう」

「いまはそんな余裕はない」

「あ、お金ならあるよ、稼いだんだ」

この雰囲気がすごく好き。

 

善悪じゃないんだ。人の目から見える世界は。

 

 

実際の彼の写真がこちら

ダンスで始まり、ダンスで終わる。
青春はそういうもの。

そのあと延々と「監獄の日々」が待っている。

彼の犯した卑劣な犯罪。その全てを肯定も否定もせず、ただ情熱だけを吸い上げて映画にする。
青春映画の金字塔。

 

おおくの10代は共感しないかもしれないけど、何人かは「救われた気持ち」になるだろう。

 

KBCシネマもおまつりでした。
来場者特典でシールもらった

 

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

イメージの本@KBCシネマ【ジャン=リュック・ゴダール:世界をリミックスして怒り... https://youtu.be/_7KF2OIiOHo   イメージの本:ゴダールの映画はむずかしい?   この映画は「世界に対するゴダールの怒りが絵画・映画・文...
グッバイ・ゴダール!感想【いかにもゴダールの映画に出てきそうなかわい子ちゃん主演... https://youtu.be/qElMbVK5Dtw   グッバイ・ゴダール!めんどくさい天才ゴダール ゴダールの映画って、まともに見たことがある? 僕はベルモントの2作と、...
ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス:感想【Do It yoursel... https://youtu.be/Q-isYb9x7YI ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス:パンクはファッションだ パンクロック。 現在53歳の僕と同世代の「ちょっと道を外れてしま...
アナと世界の終わり:感想【グレイテストショーマンより好きだった笑】愛と勇気とユー... https://youtu.be/QTRB0QJIT2k   アナと世界の終わり:感想:2017年のクリスマス映画?かな? いやー。満足度がとても高い映画。 愛らしいゾンビ映画に...
僕たちは希望という名の列車に乗った:感想【自由とは?同調圧力とは?何年か先の日本... https://youtu.be/bFBqvD98Jvw   僕たちは希望という名の列車に乗った:今この国で一番見るべき映画 なんて言われるとうさんくさい?よね?わかるわかる。 ...
アバウト・レイ 16歳の決断:感想【凡庸な作品と言われたけれど】エル・ファニング... https://youtu.be/MCcjgcZ4qr4   アバウト・レイ 16歳の決断:自分が自分でないことは耐えられない こんがらがったようでストレートな同居家族+ ...
エンジェル、見えない恋人:感想【最初から最後までもう完璧に好みの絵柄が】設定もお... https://youtu.be/LCkybIQPnPY   エンジェル、見えない恋人:目の見えない女の子と透明な男の子。ボーイミーツガール 魔術師のお父さんと、その相方のお母さん...
JOKER ホアキン・フェニックス:感想【世界はゴッサムシティに変わって行く】気... https://youtu.be/C3nQcMM5fS4 JOKER:今の世界は、この国はゴッサムに85%以上似ている バットマンの宿敵、ジャックニコルソン演じるジョーカーからもう何年? バット...
サスペリア:感想【母性と不安。ダンスと狂騒。意外にもグッとくるアートなホラー】... https://youtu.be/0d9OSQrdyiQ   サスペリア:1977ベルリンの不穏な空気につつまれる 「けしてひとりでは見ないでください」なんていうコピーが懐かしいホ...
ブルー・マインド:感想【グロいと見せかけて爽やかに優しい風が吹く青春映画】... https://youtu.be/b_2feDQSTyU   ブルー・マインド:ティーンエイジ反抗&友情映画 両親の仕事の都合で新しい街に引っ越してきたミア。 転向したての学校で...